92件中 31 - 40件表示
  • 2011年の日本シリーズ

    2011年の日本シリーズから見た多村仁志多村仁志

    外野手:3松中信彦、6多村仁志、23城所龍磨、24内川聖一、30長谷川勇也、31中西健太、37福田秀平、49ホセ・オーティズ、60中村晃2011年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 辻武史

    辻武史から見た多村仁志多村仁志

    に一軍初本塁打・初盗塁を記録。には多村仁や大村直之の故障などで自己最多の54試合に出場。しかし打率.200とチャンスを生かせなかった。辻武史 フレッシュアイペディアより)

  • クリス・カーペンター (1985年生の投手)

    クリス・カーペンター (1985年生の投手)から見た多村仁志多村仁志

    初奪三振:同上、8回表に多村仁志から空振り三振クリス・カーペンター (1985年生の投手) フレッシュアイペディアより)

  • メジャーリーグ中継 (J SPORTS)

    メジャーリーグ中継 (J SPORTS)から見た多村仁志多村仁志

    多村仁志 (TBSチャンネル解説者兼任)メジャーリーグ中継 (J SPORTS) フレッシュアイペディアより)

  • 福盛和男

    福盛和男から見た多村仁志多村仁志

    1994年のドラフト会議で横浜ベイスターズから3位指名を受けて入団。同期には多村仁、相川亮二などがいる。福盛和男 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜DeNAベイスターズの応援団

    横浜DeNAベイスターズの応援団から見た多村仁志多村仁志

    多村仁志(青地に白で「只今参上 多村仁」)横浜DeNAベイスターズの応援団 フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見た多村仁志多村仁志

    ''、チームの3代目選手会長に就任。1月に第2子の長男が誕生。第2回WBC日本代表に選出され、松坂大輔、ダルビッシュと共に先発の三本柱を任される。一次ラウンドでは韓国との1位決定戦に先発したが、5回を1失点に抑えるも打線の援護がなくチームは0-1で惜敗した。二次ラウンドの初戦キューバ戦では2番手として登板し、1回を2三振で抑える。二次ラウンドのキューバとの敗者復活戦で6回を無失点に抑え、チームは5-0で勝利。この試合ではキューバ中堅手のヨエニス・セスペデスが小笠原道大の放った中飛を落球するなど霧深い悪質なグラウンドコンディションであったが、守りやすくしようと「フライを打たせないようにした」と低めにスライダーやシュートを制球し、アウトの15/18は内野ゴロで打ち取り、一次リーグで最も本塁打数の多かったキューバ打線を完全に手玉に取って準決勝進出に貢献した。決勝の韓国戦では奉重根と投げ合い、大会史上最高投球回数(第2回大会当時)となる7回を2失点に抑える快投を見せる。試合は8回を終わって3対2と日本リードであったが、9回裏から登板したダルビッシュが同点とされたため勝利投手の権利は得られなかった。大会に出場した全投手中最多の合計20回を投げ3失点で防御率1.35、WHIP0.90を記録。全試合で好投したものの打線の援護は計6点と少なく、救援失敗などもあって個人成績は1勝(1敗)に終わるも優秀選手賞を受賞した。MVPは3戦に先発し3勝した松坂大輔であったが、松坂本人はMVPは岩隈だと思ったらしく「クマにちょっと悪いな」と語っており、決勝戦直後のシャンパンファイトでは、チームメイトらから「クマ!クマ!クマ!」のかけ声で胴上げを受けた。WBCでの活躍があり、2006年の荒川静香以来の宮城県民栄誉賞が授与された。シーズンでは開幕戦でダルビッシュと投げ合い、6回1失点で4年ぶりとなる開幕戦勝利を挙げる。しかし、開幕戦は6回59球で降板し、前半戦は100球に達する前での降板が目立った上、6月末には登録を抹消。更に7月12日の対ソフトバンク戦では4回に松中信彦、多村仁志、田上秀則、5回に小久保裕紀の4選手から自身ワーストの1試合4被本塁打を浴び、被安打はリーグ最多を記録するなど精彩を欠いた。それでも、チーム2位タイとなる13勝を挙げ、15勝の田中将大、13勝の永井怜と共に、チーム初の2位に大きく貢献した。ソフトバンクとのクライマックスシリーズ第1ステージでは第一戦に登板し完投勝利。日本ハムとの第2ステージでは2戦目に登板するも、打線の援護無く8回3失点で第1ステージとは相反した結果となった。3敗で迎えた4戦目にリリーフとして志願登板したが、ターメル・スレッジに勝負を決定づける3点本塁打を打たれ、涙を見せた。オフでは、GQ MEN OF THE YEAR 2009を受賞。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • 3月28日

    3月28日から見た多村仁志多村仁志

    1977年 - 多村仁志、プロ野球選手3月28日 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川輝昭

    吉川輝昭から見た多村仁志多村仁志

    は前述の予定がありながら、帆足和幸・ブラッド・ペニー・レニエル・ピントと先発を補強できた一方で、馬原孝浩が肩のクリーニング手術で今季絶望となったことでリリーフ陣が手薄となったチーム事情があり、再び中継ぎとして一軍で開幕を迎えた。しかし前年とは打って変わって投球が安定せず、中継ぎや先発をこなした反面で打ち込まれることを繰り返し、一軍と二軍との往復を続けた。結局一軍では25試合の登板で0勝1敗、防御率5.29の成績に留まった。11月、神内靖・多村仁志とともに山本省吾・江尻慎太郎・吉村裕基との交換トレードで古巣の横浜DeNAベイスターズへ移籍。吉川輝昭 フレッシュアイペディアより)

  • ビーグルクルー

    ビーグルクルーから見た多村仁志多村仁志

    福岡ソフトバンクホークスの選手や球団関係者との交流が深い。多くの選手とプライベートでも親交があり、選手にもファンが多い。特に斉藤和巳とは、メンバー自身が兄貴のように慕っている事もあり、過去に2度、試合前セレモニーのゲスト出演でパフォーマンスした際には、斉藤和巳の背番号「66」のユニフォームを着用した。多村仁志は自身のブログでその際に行ったライブの感動を記し、 川?宗則は、オフ期間の自主トレの際に、常に球場でCDを流しているほど。松田宣浩は自身の結婚披露宴で、彼らの楽曲を使用したという。Zepp Fukuokaでの単独ライブの際には、それぞれに斉藤和巳、篠原貴行、中村晃が来場した。毎年球団の納会にも参加しているという。ビーグルクルー フレッシュアイペディアより)

92件中 31 - 40件表示

「多村仁志」のニューストピックワード