92件中 41 - 50件表示
  • マシンガン打線

    マシンガン打線から見た多村仁志多村仁志

    それでもしばらくの間は、横浜打線が大量得点をすると実況アナウンサーや新聞記者等が決まったように「かつてのマシンガン打線を髣髴とさせるような攻撃」とコメントするなど、マシンガン打線は横浜ベイスターズの強力な球団イメージとして残った。2008年には内川聖一が打率.378を記録して1999年のローズの右打者最高打率の記録を塗り替えるなど、優秀な中距離打者を輩出するチームの伝統を垣間見せるが、2003年以降の横浜打線は、多村仁、T・ウッズ、村田修一、吉村裕基、古木克明といった長距離打者が多く活躍する代わりに巧打者タイプが減るなど、その攻撃スタイルは大きく変貌を遂げた。また、その間に石井と鈴木が2008年オフに、佐伯も2010年オフに退団をするなど、マシンガン打線全盛期であった1997年?1999年当時の一軍メンバーは全員が現役を去り、その存在は過去のものとなっていった。マシンガン打線 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見た多村仁志多村仁志

    マスコミやシーズンオフの出演等も控え気味であったが、2009年の「報知プロスポーツ大賞」(報知新聞主催)の表彰式等に出演。石川遼等の各界スポーツ選手と壇上に立った。また年末の日本テレビ系列で放送された『中居正広の7番勝負!超一流アスリートVS芸能人どっちが勝つの?SP2』内の軟式野球に、亀梨和也等の各芸能人と多村仁志、内川聖一らと出演。鉄平・多村・内川という一流プロ野球選手(打者)3人を連続で抑えることができるかという企画に挑戦した。鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 長谷川勇也

    長谷川勇也から見た多村仁志多村仁志

    ''は、一軍に昇格して4月22日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦でプロ初出場、初安打を記録した。相手先発投手が右投手である試合にはスタメンで起用されており、若手の中で成長が期待される選手の一人だったものの、外野守備では他の外野手と交錯してしまうなど連携の悪さが目立った。4月25日の対千葉ロッテマリーンズ戦ではレフトとして出場し、3回にセンターの多村仁と激突。打球をランニングホームランにしただけでなく、多村には右脚腓骨骨折の重傷を負わせた。同年7月5日、これも対ロッテ戦でセンターとして出場したが、5回裏にベニー・アグバヤニの右中間への打球を柴原洋とお見合いして2点タイムリー三塁打を献上し、この際に慌てて打球を処理した柴原は腰痛を悪化させてしまった。7回裏には西岡剛の打球を追って、柴原に代わった中西健太と交錯し、ランニングホームランにしてしまう。この2度の連携ミスもあり、チームは5点差をひっくり返され逆転負けを喫した。8月17日に、試合前のバント練習の際に左手小指を骨折し離脱。それ以降一軍復帰はできなかった。長谷川勇也 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の日本プロ野球

    2015年の日本プロ野球から見た多村仁志多村仁志

    横浜DeNAベイスターズは、赤堀大智、今井金太、岡島秀樹、大田阿斗里、加藤政義、加賀美希昇、東野峻、多村仁志、土屋健二に戦力外通告したことを発表。2015年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 山本省吾

    山本省吾から見た多村仁志多村仁志

    2012年11月5日、神内靖・多村仁志・吉川輝昭との3対3の交換トレードで、吉村裕基・江尻慎太郎とともにソフトバンクへ移籍。背番号は38。山本省吾 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村裕基

    吉村裕基から見た多村仁志多村仁志

    11月5日、多村仁志・神内靖・吉川輝昭とのトレードにより、山本省吾・江尻慎太郎と共に福岡ソフトバンクホークスへの移籍が発表された。背番号は「6」。これにより福岡県に戻ったことにもなる。吉村裕基 フレッシュアイペディアより)

  • 明石健志

    明石健志から見た多村仁志多村仁志

    ''は、7月に1軍昇格。8月2日に一軍で5年ぶりに外野手で先発出場。8月11日にクリネックススタジアム宮城で行われた対楽天戦で岩隈久志から3安打し、プロ入り初の猛打賞を記録した。8月26日、千葉マリンスタジアムで行われた対ロッテ戦では、小林宏之からプロ初本塁打となるライトへのソロホームランを放った。9月4日の対西武戦では、岸孝之らから本拠地ヤフードームでの猛打賞を記録した。9月29日の対楽天戦では、岩隈から2打席連続の三塁打を放った。多村仁志が欠場しがちだったことから、外野で24試合にスタメン出場、初めて打席数が100を超え、打率も.291をマークした。明石健志 フレッシュアイペディアより)

  • 福田秀平

    福田秀平から見た多村仁志多村仁志

    ''、同年より外野手登録へ変更された。春季キャンプは2月1日のベースランニング中に右足を痛め、右足太もも裏肉離れと診断され、福岡へ強制送還された。一軍合流後はアピールを続け、開幕を一軍で迎えた。代走での起用が続いたが、松中信彦・長谷川勇也の打撃不振により内川聖一が中堅手から左翼手起用となり、4月30日の千葉ロッテ戦で約1年ぶりの先発出場を果たし、5回同点二死一二塁の場面ではサブローの打球をフェンス際で後ろを向いて倒れながら捕球するなど活躍し、その後13試合外野でスタメン起用されたが、5月17日に自身の打率が2割を切り、代わりに起用された長谷川が5月の月間打率.306と結果を出した事で先発の座を奪われた。6月1日対中日戦で多村仁志負傷交代時に活躍して交流戦優勝マジック点灯に貢献、6月6日の対広島戦では代走から出場して2打席連続三塁打など結果を出し、6月12日には初めて一塁手で先発出場を果たした。6月18日から故郷・横浜スタジアムにて2試合に途中出場したが打席に立つことは無かった。6月23日の内川の離脱をきっかけに15試合連続でスタメン起用され、7月3日の対オリックス・バファローズ戦ではプロ初のマルチ盗塁を決めた。7月10日の対千葉ロッテ戦では同点の4回に二塁打で出塁し、二死一三塁の場面では一塁走者の中村晃のスタート後に捕手・的場直樹が二塁へ送球して渡辺俊介がしゃがんだ瞬間スタートを切り、ダブルスチールを成功させ決勝点を挙げた。7月14日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦の2回に飛びついて捕球した際に左肩を強打して負傷交代し、左肩関節亜脱臼の疑いと診断され、7月15日に出場選手登録を抹消された。それに伴い予定されていたフレッシュオールスターゲームへの出場を辞退した。8月6日に一軍へ再昇格し、8月7日に一旦先発出場したが再び控え起用となった。調整で出場した8月30日のウエスタン・リーグ対オリックス戦で満塁本塁打を含む5打数5安打6打点の活躍し、9月6日の対北海道日本ハムファイターズ戦で1ヶ月ぶりの先発出場を果たすと、2回に守備で好返球、4回には同年18勝を挙げるダルビッシュ有から決勝打となる先制の二塁打、7回にも三塁打と活躍し、シーズン終了までのスタメンを勝ち取った。9月28日の対日本ハム戦では武田勝からタイムリー打を含む3安打を放ってプロ初の猛打賞を記録した。9月30日の対西武戦では5回3点ビハインドの場面で西口文也のスライダーをライトスタンドに運びプロ1号となるソロ本塁打を放ち、7回同点無死二三塁の場面では岡本篤志から決勝タイムリーを打って優勝マジックを1とした。10月1日の同カードでは6回一死二塁の場面で先発の岸孝之から先制のタイムリー打を放ち、明石健志の三塁打で生還、3点リードの9回二死の場面では浅村栄斗のライト線への飛球をスライディングキャッチしてチームはリーグ連覇を果たした。レギュラーシーズンは最終的に97試合に出場し、61試合に先発出場、打順は主に7・8番、守備位置は外野と一塁で起用され自己最多の22盗塁(成功率91.7パーセント)を記録した。打率.252だったが出塁率.281で四球はわずか4と課題も残した。福田秀平 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤武敏

    後藤武敏から見た多村仁志多村仁志

    横浜高校時代の同級生だった小池正晃とは、2011年シーズン終了後の移籍を機に、横浜DeNAで再びチームメイトになった。小池が2013年のシーズン終盤に球団から戦力外を通告された直後には、高校の4年先輩でチームメイトでもある多村仁志と共に小池の相談に乗った。その席で後藤と多村が「今の打撃では(現役続行は)厳しい。生まれ育った横浜で引退して指導者になった方が良い」と涙声で助言したことをきっかけに、小池は引退を決意。10月8日の引退試合(横浜スタジアムの対阪神戦)では、目を潤ませながらベンチで見守る後藤の前で小池が2本の本塁打を放つと、小池は後藤・多村と泣きながら抱擁した。なお、2014年からは、小池がDeNAの一軍コーチとして後藤や多村を指導する。後藤武敏 フレッシュアイペディアより)

  • 清川村

    清川村から見た多村仁志多村仁志

    多村仁志(多村仁、プロ野球選手 。横浜ベイスターズ → 福岡ソフトバンクホークス→横浜DeNAベイスターズ外野手)宮ヶ瀬出身。宮ヶ瀬ダム建設に伴い厚木市へ移住。清川村 フレッシュアイペディアより)

92件中 41 - 50件表示

「多村仁志」のニューストピックワード