68件中 51 - 60件表示
  • 亀梨和也

    亀梨和也から見た多村仁志多村仁志

    Going!Sports&Newsのベースボールスペシャルサポーターとして、2012年までの「始球式プロジェクト」では、投手としては2010年に楽天の山崎武司、ロッテの西岡剛(2回目)、横浜の内川聖一、オリックスのT-岡田、ソフトバンクの多村仁志、楽天の田中将大・山崎武司(2回目)・嶋基宏、2011年に日本ハムの稲葉篤紀、阪神の新井貴浩、ソフトバンクの松中信彦、西武の中村剛也、楽天の田中将大(2回目)・嶋基宏(2回目)・松井稼頭央、2012年にソフトバンクの松田宣浩、巨人の坂本勇人と、打者としては2012年に西武の牧田和久と対戦している。亀梨和也 フレッシュアイペディアより)

  • 中村剛也

    中村剛也から見た多村仁志多村仁志

    、5月11日のオリックス戦で金子千尋から顔面右側に死球を受け頬骨を骨折するもスタメン出場を続け、15日のソフトバンク戦では本塁打を放った。このとき打撃コーチの大久保博元が「もしライオンが近付いてきたらどうするか」と質問したところ(それでも動けないほど痛い、と答えたら休ませるつもりだった)、中村は「食べちゃいます」と答えたため「これは大丈夫だ」と翌日の出場を決めたという。この年は守備面では主に捕球における不安定さが目立ち、リーグ最多の22失策を記録。打撃では打率は昨年よりわずかに上回ったものリーグワースト3位、得点圏打率も.231と勝負弱さも課題となった。三振は162個とリーグ最多で、シーズン記録としては歴代7位、日本人右打者では最多。しかしこの年から打撃コーチに就任した大久保からミートポイントを前にするようアドバイスされ、三振の多さと引き替えに本塁打を量産。西武の日本人選手の本塁打記録(43本、秋山幸二、田淵幸一)、25歳の本塁打記録(44本、大杉勝男、岩村明憲)を塗り替える46本塁打、自身初としては、規定打席、本塁打王、100打点(101打点、リーグ3位)、サヨナラ本塁打、オールスターゲーム出場(三塁手、ファン投票1位)。西武の日本人選手で年間40本以上の本塁打を放ったのはの秋山幸二以来21年ぶり。同球団での達成経験者としては、田淵、秋山に次いで3人目。また、日本プロ野球において、初の規定打席到達で年間40本以上の本塁打を記録したのはの秋山幸二、の多村仁に次ぎ日本人選手では3人目となった。日本シリーズでは、3安打3本塁打7打点。アジアシリーズの予選の天津ライオンズ戦では東京ドームの三階席まで飛ばす特大の本塁打を放っている。私生活では、7月8日に元タレントの村上麻里恵と結婚した。中村剛也 フレッシュアイペディアより)

  • 金城龍彦

    金城龍彦から見た多村仁志多村仁志

    外野転向後は主に中堅を守っていたが、から総合的な守備力の高い多村仁が中堅に入り、金城は右翼を守るようになった。同時に、打順も6番になったが、2年連続3割を記録し好成績を維持する。金城龍彦 フレッシュアイペディアより)

  • 清川村

    清川村から見た多村仁志多村仁志

    多村仁志(多村仁、プロ野球選手 。横浜ベイスターズ → 福岡ソフトバンクホークス→横浜DeNAベイスターズ外野手)宮ヶ瀬出身。宮ヶ瀬ダム建設に伴い厚木市へ移住。清川村 フレッシュアイペディアより)

  • 鉄平 (野球)

    鉄平 (野球)から見た多村仁志多村仁志

    マスコミやシーズンオフの出演等も控え気味であったが、2009年の「報知プロスポーツ大賞」(報知新聞主催)の表彰式等に出演。石川遼等の各界スポーツ選手と壇上に立った。また年末の日本テレビ系列で放送された『中居正広の7番勝負!超一流アスリートVS芸能人どっちが勝つの?SP2』内の軟式野球に、亀梨和也等の各芸能人と多村仁志、内川聖一らと出演。鉄平・多村・内川という一流プロ野球選手(打者)3人を連続で抑えることができるかという企画に挑戦した。鉄平 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 村田修一

    村田修一から見た多村仁志多村仁志

    のワールド・ベースボール・クラシックエキシビション試合で、12球団選抜選手として出場。2006 ワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選ばれた松坂大輔から決勝点となる3ラン本塁打を左翼席へ放った。開幕当初は7番に座っていたが、多村仁の離脱後は5番を任せられる。その後、4番を務めていた佐伯貴弘の不振によって、6月1日の対福岡ソフトバンクホークス戦(横浜スタジアム)でプロ初の4番に座り、そのままシーズン最後まで4番の座を譲らなかった。故障者の多いチームの中で打率.266・34本塁打・114打点と獅子奮迅の活躍を見せたが、両リーグ最多の153三振を喫してしまうなど粗さも目立った。村田修一 フレッシュアイペディアより)

  • 広岡勲

    広岡勲から見た多村仁志多村仁志

    2005年12月2日、松井秀喜はWBC日本代表監督である王貞治と出版社の企画で対談。その席で松井は王監督から直接出場を求められたが返事を保留。松井は12月26日に出場辞退を決断。辞退の意思を伝える手紙を26日の深夜、王監督の自宅に届けたのが広岡だった。松井の出場を辞退する意向が判明してからはスポーツ紙が松井を庇い、大会や日本代表メンバーを中傷する内容の記事を連発した。例えば『松井秀喜好感度上昇、WBCドタキャン止まらない』『(松井の代役である)福留のセコさは日本球界のダメさ』『メッキがはがれてきたWBC、日本代表を率いる王監督の意気込みが哀れに思える(サンスポ)』『“イベント”で勝つよりも“ガチンコ”で松井が世界一になる方が、日本野球を盛り上げる近道(サンスポ)』という記事である。また当初から大会出場に積極的だったデレク・ジーターや多村仁志が出場辞退するかのような報道 、ヤンキースはWBCに非協力的などという事実とは正反対の、印象操作を狙ったような記事も出た。これらは松井とその専属広報である広岡がスポーツ紙の記者と草野球大会や焼肉食事会を頻繁に開いていることもあり、ネット上では“焼肉記事”と呼ばれ、松井と広岡が野球ファンからバッシングされた。2006WBCの大会後には広岡が「広報戦略の失敗だった」と語った。10年間に及ぶ松井専属広報としての実績を従えて2013WBC日本代表の広報に就任した。広岡勲 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た多村仁志多村仁志

    初奪三振:同上、1回裏に多村仁から田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 涌井秀章

    涌井秀章から見た多村仁志多村仁志

    1イニング4奪三振:2007年4月3日、対福岡ソフトバンクホークス1回戦(グッドウィルドーム)、6回表に山崎勝己・本間満(振り逃げ)・城所龍磨・多村仁から ※史上12人目(13度目)涌井秀章 フレッシュアイペディアより)

  • 柴原洋

    柴原洋から見た多村仁志多村仁志

    、3年連続となる開幕戦スタメン出場を果たすが、開幕から24打席連続で無安打を記録し、25打席目での初安打以降も不調の状態が続いた。5月8日、故障で離脱していた多村仁志、村松有人の昇格に伴って一軍登録を抹消された。その後は持病である腰痛なども伴って、シーズン終了まで一軍に再昇格する事はなく、プロ入り以降最少となる37試合出場に終わった。柴原洋 フレッシュアイペディアより)

68件中 51 - 60件表示

「多村仁志」のニューストピックワード