95件中 11 - 20件表示
  • 多村仁志

    多村仁志から見た近藤一樹

    8月24日の対オリックス戦では1回裏に近藤一樹から6年ぶりの満塁本塁打を打った。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た寺原隼人

    のワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出され全試合に出場し、好守や特大本塁打など3本塁打、9打点はチーム本塁打王、打点王だった。公式戦に入っても4月4日の対中日ドラゴンズ戦(横浜スタジアム)で9回裏に岩瀬仁紀から同点2ランを放つなどチームの主軸として牽引していたが、6月7日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(フルキャストスタジアム宮城)で本塁クロスプレーの際に捕手の膝が脇腹を襲い肋骨を4本折る重傷を負い長期離脱。シーズンの大半を欠場する。12月5日、寺原隼人と1対1の交換トレードで福岡ソフトバンクホークスへ移籍することが発表された。背番号は横浜時代と同じ6。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た田代富雄

    に背番号を6に変更。開幕戦でプロ入り初の先発出場。8月15日に日本人打者として球団では田代富雄以来23年ぶりとなる30本塁打を記録。10月6日に大洋、横浜在籍の打者(外国人も含め)として球団史上初の40本塁打を達成。3割、40本、100打点も球団史上初の記録。盗塁は10盗塁を記録し、2年連続の二桁盗塁を記録した。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た岩瀬仁紀

    のワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出され全試合に出場し、好守や特大本塁打など3本塁打、9打点はチーム本塁打王、打点王だった。公式戦に入っても4月4日の対中日ドラゴンズ戦(横浜スタジアム)で9回裏に岩瀬仁紀から同点2ランを放つなどチームの主軸として牽引していたが、6月7日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(フルキャストスタジアム宮城)で本塁クロスプレーの際に捕手の膝が脇腹を襲い肋骨を4本折る重傷を負い長期離脱。シーズンの大半を欠場する。12月5日、寺原隼人と1対1の交換トレードで福岡ソフトバンクホークスへ移籍することが発表された。背番号は横浜時代と同じ6。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た落合博満

    2015年11月10日に草薙球場で開催された12球団合同トライアウトには参加しなかったものの、2015年12月末に、横浜時代のチームメイト・谷繁元信が一軍監督を務める中日ドラゴンズの関係者が多村に接触。横浜時代の2001年秋季キャンプで臨時コーチとして指導を受けた落合博満ゼネラルマネジャーとの面談でその場で入団が決定。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た荒波翔

    に筒香嘉智と梶谷隆幸が外野にコンバートされて、この2人がスタメンでほぼ固定され、残りの外野1枠を荒波翔や金城龍彦などと日替わりオーダーで出場するか、右の代打要員となり、前年より少ない73試合の出場に終わった。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た前田幸長

    初本塁打:1997年4月25日、対中日ドラゴンズ4回戦(横浜スタジアム)、5回裏に前田幸長から多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た山本昌

    4月4日、開幕戦の対中日ドラゴンズ戦で公式戦初出場。この試合はナゴヤドーム初の公式戦で、多村は7回表に開幕投手の盛田幸希の代打として登場。プロ初打席は山本昌から外野フライに終わった。4月8日、対阪神タイガース戦で田村勤からプロ入り初安打を記録。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見たユリエスキ・グリエル

    第1回WBCでの活躍からMLB複数球団から高評価のオファーが来るがFAまで期間があり断念。決勝で対戦したキューバではとても尊敬されており、フレデリク・セペダは多村がソフトバンク時代に使っていたバットを使用しているといわれ、グリップにも「H6」と刻まれている。また、セペダと同じ2014年に日本でプレーしたユリエスキ・グリエルも多村をキューバではレジェンドだと名前をあげている。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た吉村裕基

    11月5日に、吉村裕基、江尻慎太郎、山本省吾との交換トレードで神内靖、吉川輝昭とともに横浜DeNAベイスターズへ移籍。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

95件中 11 - 20件表示