109件中 11 - 20件表示
  • 多村仁志

    多村仁志から見た吉川輝昭

    11月5日に、吉村裕基・江尻慎太郎・山本省吾との3対3トレードが成立し、神内靖・吉川輝昭とともに、横浜DeNAベイスターズへ移籍。7年ぶりに古巣ベイスターズへの復帰が決まった。年俸は、前年と同じ1億1000万円となった。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た山本省吾

    11月5日に、吉村裕基・江尻慎太郎・山本省吾との3対3トレードが成立し、神内靖・吉川輝昭とともに、横浜DeNAベイスターズへ移籍。7年ぶりに古巣ベイスターズへの復帰が決まった。年俸は、前年と同じ1億1000万円となった。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た石井一久

    1000本安打:2011年10月2日、対埼玉西武ライオンズ23回戦(西武ドーム)、3回表に石井一久から右前適時打 ※史上267人目多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た吉村裕基

    11月5日に、吉村裕基・江尻慎太郎・山本省吾との3対3トレードが成立し、神内靖・吉川輝昭とともに、横浜DeNAベイスターズへ移籍。7年ぶりに古巣ベイスターズへの復帰が決まった。年俸は、前年と同じ1億1000万円となった。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た王貞治

    、ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表に選出され、好守や特大本塁打で初代世界一に大きく貢献。3本塁打、9打点はチーム本塁打王・打点王だった。公式戦に入っても4月4日の対中日戦(横浜スタジアム)で9回裏に岩瀬仁紀から起死回生の同点2ランを放つなど活躍していたが、4月20日から左肋軟骨挫傷の為、ひと月ほど戦線離脱。復帰して半月ほど経った6月7日の対楽天戦(フルキャストスタジアム宮城)にて本塁突撃時のクロスプレーの際に肋骨を4本折る重傷で長期離脱。シーズンの大半を棒に振ってしまった。オフには持病の腰のヘルニアにブロック注射を打ち再起を誓うも、シーズン終了後、一部の新聞で多村がトレード要員だと報道され、その真否から具体的なトレード先に至るまでいくつかの憶測報道が飛び交った。12月5日にWBCでも監督を務めた王貞治率いるソフトバンクに、寺原隼人と1対1での交換トレードでの入団が成立したことが発表された。12月12日の入団発表会見で、背番号は横浜時代と同じ6と発表された。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た西口文也

    2005年12月5日、NTVスポーツうるぐす「2005アンラッキー王決定戦」の収録に西口文也、普天王とともに参加。釣り対決を行った。釣れたのは魚の「ウロコ」のみ(西口は1匹も釣れなかったため、普天王1匹・多村ウロコ1枚・西口0匹で、ウロコの差で西口に勝利した)。最後に神社でお祓いしてもらったものの、おみくじで「凶」を引いてしまった。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た近藤一樹

    はシーズン通しての活躍と、故障中や不調時のパフォーマンスの安定を狙い持久力とメンタル面での強化を行い臨んだ。5月8日の対西武戦の6回にプロ通算150号本塁打を記録。5月26日には小久保裕紀の怪我もありプロ入り初の4番スタメン出場を果たした。交流戦では史上最高打率の.415で首位打者を獲得。7月23日にはファン投票により16年目にして初のオールスター出場を果たし、福岡Yahoo! JAPANドームで開催された第1戦ではオールパシフィックの4番を担った。8月24日の対オリックス戦では1回裏に近藤一樹から6年ぶりの満塁本塁打を打った。シーズン通してコンスタントに出場し続け、自己最高の140試合・打率.324・33二塁打・166安打・出塁率.374を記録。100試合以上出場したシーズンでは初めて三振数が3桁を切った。外野手では最高得票を獲得してベストナインに輝いた。11月15日にメジャーリーグ移籍も視野に入れてFA権を行使したが、11月24日に残留を表明し、1月28日に年俸1億8000万円プラス出来高の単年契約を結んだ。球団からは4年契約の提示も受けていたが、「これまでずっと1年契約だった。自分にはその方が自分のパフォーマンスが出ると思った」として単年契約に決めたという。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た寺原隼人

    、ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表に選出され、好守や特大本塁打で初代世界一に大きく貢献。3本塁打、9打点はチーム本塁打王・打点王だった。公式戦に入っても4月4日の対中日戦(横浜スタジアム)で9回裏に岩瀬仁紀から起死回生の同点2ランを放つなど活躍していたが、4月20日から左肋軟骨挫傷の為、ひと月ほど戦線離脱。復帰して半月ほど経った6月7日の対楽天戦(フルキャストスタジアム宮城)にて本塁突撃時のクロスプレーの際に肋骨を4本折る重傷で長期離脱。シーズンの大半を棒に振ってしまった。オフには持病の腰のヘルニアにブロック注射を打ち再起を誓うも、シーズン終了後、一部の新聞で多村がトレード要員だと報道され、その真否から具体的なトレード先に至るまでいくつかの憶測報道が飛び交った。12月5日にWBCでも監督を務めた王貞治率いるソフトバンクに、寺原隼人と1対1での交換トレードでの入団が成立したことが発表された。12月12日の入団発表会見で、背番号は横浜時代と同じ6と発表された。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た田代富雄

    、初めて開幕レギュラーの座をつかむと、一気に開眼。強靭なリストを生かした打撃でホームランを量産し、8月15日に横浜・大洋通じて日本人打者として田代富雄以来23年ぶりとなる30本塁打を達成。10月6日に日本人打者として球団初の40本塁打を達成。3割・40本・100打点は球団初の記録。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た岩瀬仁紀

    、ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表に選出され、好守や特大本塁打で初代世界一に大きく貢献。3本塁打、9打点はチーム本塁打王・打点王だった。公式戦に入っても4月4日の対中日戦(横浜スタジアム)で9回裏に岩瀬仁紀から起死回生の同点2ランを放つなど活躍していたが、4月20日から左肋軟骨挫傷の為、ひと月ほど戦線離脱。復帰して半月ほど経った6月7日の対楽天戦(フルキャストスタジアム宮城)にて本塁突撃時のクロスプレーの際に肋骨を4本折る重傷で長期離脱。シーズンの大半を棒に振ってしまった。オフには持病の腰のヘルニアにブロック注射を打ち再起を誓うも、シーズン終了後、一部の新聞で多村がトレード要員だと報道され、その真否から具体的なトレード先に至るまでいくつかの憶測報道が飛び交った。12月5日にWBCでも監督を務めた王貞治率いるソフトバンクに、寺原隼人と1対1での交換トレードでの入団が成立したことが発表された。12月12日の入団発表会見で、背番号は横浜時代と同じ6と発表された。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

109件中 11 - 20件表示

「多村仁志」のニューストピックワード

  • 子供の頭の良さは父親ではなく母親から受け継がれる!?

  • 150年分しゃべってる

  • お笑いモンスター・明石家さんまがついにNHKに初上陸する!