95件中 31 - 40件表示
  • 多村仁志

    多村仁志から見た福岡ソフトバンクホークス

    のワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出され全試合に出場し、好守や特大本塁打など3本塁打、9打点はチーム本塁打王、打点王だった。公式戦に入っても4月4日の対中日ドラゴンズ戦(横浜スタジアム)で9回裏に岩瀬仁紀から同点2ランを放つなどチームの主軸として牽引していたが、6月7日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(フルキャストスタジアム宮城)で本塁クロスプレーの際に捕手の膝が脇腹を襲い肋骨を4本折る重傷を負い長期離脱。シーズンの大半を欠場する。12月5日、寺原隼人と1対1の交換トレードで福岡ソフトバンクホークスへ移籍することが発表された。背番号は横浜時代と同じ6。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た阪神タイガース

    4月4日、開幕戦の対中日ドラゴンズ戦で公式戦初出場。この試合はナゴヤドーム初の公式戦で、多村は7回表に開幕投手の盛田幸希の代打として登場。プロ初打席は山本昌から外野フライに終わった。4月8日、対阪神タイガース戦で田村勤からプロ入り初安打を記録。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た千葉ロッテマリーンズ

    4月25日の対千葉ロッテマリーンズ戦で3回表の守備中に大塚明の左中間への打球を追って左翼手の長谷川勇也と交錯し、右足腓骨を骨折、前半戦を棒に振った。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見たナゴヤドーム

    4月4日、開幕戦の対中日ドラゴンズ戦で公式戦初出場。この試合はナゴヤドーム初の公式戦で、多村は7回表に開幕投手の盛田幸希の代打として登場。プロ初打席は山本昌から外野フライに終わった。4月8日、対阪神タイガース戦で田村勤からプロ入り初安打を記録。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た横浜スタジアム

    のワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出され全試合に出場し、好守や特大本塁打など3本塁打、9打点はチーム本塁打王、打点王だった。公式戦に入っても4月4日の対中日ドラゴンズ戦(横浜スタジアム)で9回裏に岩瀬仁紀から同点2ランを放つなどチームの主軸として牽引していたが、6月7日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(フルキャストスタジアム宮城)で本塁クロスプレーの際に捕手の膝が脇腹を襲い肋骨を4本折る重傷を負い長期離脱。シーズンの大半を欠場する。12月5日、寺原隼人と1対1の交換トレードで福岡ソフトバンクホークスへ移籍することが発表された。背番号は横浜時代と同じ6。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た江尻慎太郎

    11月5日に、吉村裕基、江尻慎太郎、山本省吾との交換トレードで神内靖、吉川輝昭とともに横浜DeNAベイスターズへ移籍。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た酒井順也

    100本塁打:2005年9月17日、対読売ジャイアンツ19回戦(横浜スタジアム)、8回裏に酒井順也から右中間へソロ ※史上243人目多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た波留敏夫

    に背番号を55に変更。一軍復帰を果たし、外野レギュラーの波留敏夫の故障などもあり、主に代打、途中出場で一軍に定着した。84試合に出場し、打率.257、7本塁打の成績を残した。しかし、は33試合の出場、打率.163、1本塁打に終わった。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見たトム・マストニー

    全球団から本塁打:2009年6月2日、対横浜ベイスターズ1回戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)、4回裏にトム・マストニーから左中間へ決勝2ラン ※史上16人目多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た佐竹健太

    2004年(7月17日の対広島東洋カープ戦で高橋建・佐竹健太・林昌樹からそれぞれ記録)多村仁志 フレッシュアイペディアより)

95件中 31 - 40件表示