109件中 71 - 80件表示
  • 多村仁志

    多村仁志から見たポルシェ

    、開幕直前にインフルエンザにかかり開幕カードは欠場するが、4月5日の対巨人戦から復帰し、ダン・ミセリからプロ初となるサヨナラタイムリーを放つ。そこから打棒が爆発し、6月18日の試合終了時点で打率.344、21本塁打で暫定的に二冠王に立っていた。6月22日にぎっくり腰による腰痛で登録抹消。症状は重くはなく、登録抹消期間の10日間で一軍に復帰する予定だったが、6月29日に自ら愛車のポルシェを運転してベイスターズ総合練習場での二軍練習に向かう際、横浜横須賀道路の朝比奈IC付近でスリップして防音壁に激突するという事故(単独)を起こしてしまう。車は大破し多村も検査入院となった。検査では脳には異常が無かったが、全治3日の左肩挫傷、全治2週間の左外傷性複視、網膜震盪症と診断され、復帰には倍かかるという状態だった。このためそのまま前半戦は欠場した。7月29日の対広島戦から復帰したものの、交通事故前に見せていた打撃は発揮できなかった。シーズンを通しては2年連続の3割30本を達成したが、交通事故による欠場への懲戒的措置として現状維持での契約更改を余儀なくされた。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た横浜DeNAベイスターズ

    多村 仁志(たむら ひとし、本名:多村 仁(読み同じ)、1977年3月28日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(外野手)。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た右翼手

    強く柔軟なリストを活かしたアッパースイングから広角に長打を打ち分ける打撃を持ち味とし、ボールを手元まで引きつけて右方向に長打を放つ技術に加え、ソフトバンク移籍後2010年までの通算得点圏打率.322と状況に関わらず自分の打撃ができる柔軟さも兼ね備える。球界屈指の身体能力の高さを誇り、優れた打球判断を生かした広い守備範囲にも定評があり、2010年にはリーグの右翼手中2位のUZR2.3を残した他、50メートルを5.57秒、一塁到達まで4.13秒を記録する俊足も兼ね備える。。身体能力は高いが故障の多さがたたりタイトルには恵まれていなかったが、2010年には交流戦史上最高打率.415を記録して交流戦首位打者を獲得し、パ・リーグのベストナインにも初選出された。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た厚木市

    出身地を「神奈川県厚木市」とされることが多いが、生まれてから幼少期までを過ごした場所は県のなかでも唯一の村である清川村である。山の中の自然に囲まれた環境で育ったが宮ヶ瀬ダム建設に伴い厚木市に引っ越している。生まれ育った生家は今もダムの底にある。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た福岡ドーム

    150本塁打:2010年5月8日、対埼玉西武ライオンズ8回戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)、6回裏に許銘傑から左越ソロ ※史上153人目多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た5ツールプレイヤー

    外野守備や走塁・さらにファッションにもこだわりがあり、用具にも刻まれている「6TOOLS(6ツール)」は、5TOOLS(5ツール=打撃技術、パワー、足、守備、肩)+ファッションを意味しており、公式サイト名(現在は閉鎖)にもなっていた(当初は"S"が無く、「6TOOL」だった)。公式サイトによると、2009年よりファッションをメンタリティに変更したとしている。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た外野手

    多村 仁志(たむら ひとし、本名:多村 仁(読み同じ)、1977年3月28日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手(外野手)。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た腓骨

    は開幕から3番センターでスタメン出場していたが、腰痛のため4月18日から4試合欠場。4月23日から復帰したものの、4月25日の対ロッテ戦で3回表の守備中に大塚明の左中間への打球を追ってレフトの長谷川勇也と交錯し右足腓骨を骨折、前半戦を棒に振った。9月上旬から復帰し、2試合連続で猛打賞を記録するなど活躍を見せる。足の状態が万全ではなかったこともあり、9月下旬に再び登録を抹消され、そのままシーズンを終えた。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見たヘルニア

    、ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表に選出され、好守や特大本塁打で初代世界一に大きく貢献。3本塁打、9打点はチーム本塁打王・打点王だった。公式戦に入っても4月4日の対中日戦(横浜スタジアム)で9回裏に岩瀬仁紀から起死回生の同点2ランを放つなど活躍していたが、4月20日から左肋軟骨挫傷の為、ひと月ほど戦線離脱。復帰して半月ほど経った6月7日の対楽天戦(フルキャストスタジアム宮城)にて本塁突撃時のクロスプレーの際に肋骨を4本折る重傷で長期離脱。シーズンの大半を棒に振ってしまった。オフには持病の腰のヘルニアにブロック注射を打ち再起を誓うも、シーズン終了後、一部の新聞で多村がトレード要員だと報道され、その真否から具体的なトレード先に至るまでいくつかの憶測報道が飛び交った。12月5日にWBCでも監督を務めた王貞治率いるソフトバンクに、寺原隼人と1対1での交換トレードでの入団が成立したことが発表された。12月12日の入団発表会見で、背番号は横浜時代と同じ6と発表された。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た宮城球場

    、ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表に選出され、好守や特大本塁打で初代世界一に大きく貢献。3本塁打、9打点はチーム本塁打王・打点王だった。公式戦に入っても4月4日の対中日戦(横浜スタジアム)で9回裏に岩瀬仁紀から起死回生の同点2ランを放つなど活躍していたが、4月20日から左肋軟骨挫傷の為、ひと月ほど戦線離脱。復帰して半月ほど経った6月7日の対楽天戦(フルキャストスタジアム宮城)にて本塁突撃時のクロスプレーの際に肋骨を4本折る重傷で長期離脱。シーズンの大半を棒に振ってしまった。オフには持病の腰のヘルニアにブロック注射を打ち再起を誓うも、シーズン終了後、一部の新聞で多村がトレード要員だと報道され、その真否から具体的なトレード先に至るまでいくつかの憶測報道が飛び交った。12月5日にWBCでも監督を務めた王貞治率いるソフトバンクに、寺原隼人と1対1での交換トレードでの入団が成立したことが発表された。12月12日の入団発表会見で、背番号は横浜時代と同じ6と発表された。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

109件中 71 - 80件表示

「多村仁志」のニューストピックワード