109件中 81 - 90件表示
  • 多村仁志

    多村仁志から見たベストナイン

    はシーズン通しての活躍と、故障中や不調時のパフォーマンスの安定を狙い持久力とメンタル面での強化を行い臨んだ。5月8日の対西武戦の6回にプロ通算150号本塁打を記録。5月26日には小久保裕紀の怪我もありプロ入り初の4番スタメン出場を果たした。交流戦では史上最高打率の.415で首位打者を獲得。7月23日にはファン投票により16年目にして初のオールスター出場を果たし、福岡Yahoo! JAPANドームで開催された第1戦ではオールパシフィックの4番を担った。8月24日の対オリックス戦では1回裏に近藤一樹から6年ぶりの満塁本塁打を打った。シーズン通してコンスタントに出場し続け、自己最高の140試合・打率.324・33二塁打・166安打・出塁率.374を記録。100試合以上出場したシーズンでは初めて三振数が3桁を切った。外野手では最高得票を獲得してベストナインに輝いた。11月15日にメジャーリーグ移籍も視野に入れてFA権を行使したが、11月24日に残留を表明し、1月28日に年俸1億8000万円プラス出来高の単年契約を結んだ。球団からは4年契約の提示も受けていたが、「これまでずっと1年契約だった。自分にはその方が自分のパフォーマンスが出ると思った」として単年契約に決めたという。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た第66回選抜高等学校野球大会

    横浜高時代は斉藤宜之、紀田彰一とクリーンナップを組み3年生の春夏連続()で甲子園に出場。第66回選抜高等学校野球大会の一回戦で、赤星憲広が所属する大府高校と対戦した。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見たぎっくり腰

    、開幕直前にインフルエンザにかかり開幕カードは欠場するが、4月5日の対巨人戦から復帰し、ダン・ミセリからプロ初となるサヨナラタイムリーを放つ。そこから打棒が爆発し、6月18日の試合終了時点で打率.344、21本塁打で暫定的に二冠王に立っていた。6月22日にぎっくり腰による腰痛で登録抹消。症状は重くはなく、登録抹消期間の10日間で一軍に復帰する予定だったが、6月29日に自ら愛車のポルシェを運転してベイスターズ総合練習場での二軍練習に向かう際、横浜横須賀道路の朝比奈IC付近でスリップして防音壁に激突するという事故(単独)を起こしてしまう。車は大破し多村も検査入院となった。検査では脳には異常が無かったが、全治3日の左肩挫傷、全治2週間の左外傷性複視、網膜震盪症と診断され、復帰には倍かかるという状態だった。このためそのまま前半戦は欠場した。7月29日の対広島戦から復帰したものの、交通事故前に見せていた打撃は発揮できなかった。シーズンを通しては2年連続の3割30本を達成したが、交通事故による欠場への懲戒的措置として現状維持での契約更改を余儀なくされた。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見たJCB・MEP賞

    優秀JCB・MEP賞:1回 (2004年)多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た西武ドーム

    1000本安打:2011年10月2日、対埼玉西武ライオンズ23回戦(西武ドーム)、3回表に石井一久から右前適時打 ※史上267人目多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た代打

    オフの教育リーグで頭角を現し、のオープン戦でも結果を残し開幕一軍を勝ち取る。4月4日、レギュラーシーズン開幕戦の対中日戦で公式戦初出場。この試合はナゴヤドーム初の公式戦で、多村は7回表に開幕投手・盛田幸妃の代打として登場。相手の開幕投手山本昌と対戦したプロ初打席は外野フライに終わった。4月8日、対阪神戦で田村勤から初安打を放った。オフに1年目から痛めていた右肩を手術した。翌年のキャンプには間に合うという判断であったが、思ったよりも右肩の状態が酷くボルトを埋め込んだ。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た東京ドーム

    初盗塁:2000年9月15日、対読売ジャイアンツ25回戦(東京ドーム)、9回表に二盗(投手:三澤興一、捕手:村田真一)多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見たベストナイン (日本プロ野球)

    ベストナイン:1回(2010年)多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た開幕戦

    オフの教育リーグで頭角を現し、のオープン戦でも結果を残し開幕一軍を勝ち取る。4月4日、レギュラーシーズン開幕戦の対中日戦で公式戦初出場。この試合はナゴヤドーム初の公式戦で、多村は7回表に開幕投手・盛田幸妃の代打として登場。相手の開幕投手山本昌と対戦したプロ初打席は外野フライに終わった。4月8日、対阪神戦で田村勤から初安打を放った。オフに1年目から痛めていた右肩を手術した。翌年のキャンプには間に合うという判断であったが、思ったよりも右肩の状態が酷くボルトを埋め込んだ。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

  • 多村仁志

    多村仁志から見た2011年の日本シリーズ

    は開幕当初は不振だったが5月に入ってからは調子を上げてきていた。しかし6月8日の対巨人戦で左手小指に死球を受け裂傷を負い、手術が必要と診断され登録抹消となる。7月15日の対ロッテ戦から復帰するが、復帰後は成績が低迷し1ヶ月近くスタメン出場がない時期もあった。さらに10月6日のロッテ戦では自打球で左足小指を骨折するなど1年を通して故障に苦しめられた。初めての出場となった日本シリーズでは第3戦で2点本塁打を放ち、第5戦では2打点を挙げるなどの活躍をした。多村仁志 フレッシュアイペディアより)

109件中 81 - 90件表示

「多村仁志」のニューストピックワード

  • 子供の頭の良さは父親ではなく母親から受け継がれる!?

  • 150年分しゃべってる

  • お笑いモンスター・明石家さんまがついにNHKに初上陸する!