前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
331件中 1 - 10件表示
  • 列車愛称

    列車愛称から見た夜行列車夜行列車

    空・天体名:「おおぞら」・『北斗星』・「カシオペア」・『彗星』・『銀河』など。天体名は性格上、古くから夜行列車に多く使われている。ただし、「北斗」・「にちりん」・『ひので』など例外もある。列車愛称 フレッシュアイペディアより)

  • まりも (列車)

    まりも (列車)から見た夜行列車夜行列車

    まりもとは、日本国有鉄道および北海道旅客鉄道(JR北海道)が函館駅 - 釧路駅間(1951年〜1965年)、札幌駅 - 釧路駅間(1965年〜1968年、1981年〜1993年)で運行していた夜行急行列車、札幌駅 - 釧路駅または根室駅間(2001年〜2008年)で運行していた夜行特急列車である。廃止前の2007年〜2008年には札幌駅 - 釧路駅間を函館本線・千歳線・石勝線・根室本線経由で臨時夜行特急列車として運行されていた。まりも (列車) フレッシュアイペディアより)

  • サンダーバード (列車)

    サンダーバード (列車)から見た夜行列車夜行列車

    2003年から2010年まで、下りは9月1日 - 9月3日、上りは9月2日 - 9月4日に運転されていた。2003年から2005年は大阪駅発着が1往復(1・4号)と金沢駅発着が1往復(2・3号)運転されていたが、2006年には金沢駅発着列車を福井駅発着に変更して1往復(2・3号)運転、2008年からは福井駅発着が大阪駅発着に変更されており、2往復(1 - 4号)が運転されている。上りは越中八尾駅を日付が変わった深夜に出発し、そのうち大阪駅行きの列車(2005年までは4号、2006年は2号)に関しては夜行列車となる。サンダーバード (列車) フレッシュアイペディアより)

  • オホーツク (列車)

    オホーツク (列車)から見た夜行列車夜行列車

    1951年(昭和26年)4月に函館駅 - 網走駅間のの夜行急行列車(旭川駅 - 網走駅間普通列車)に与えられたのが始まりで、1968年(昭和43年)10月1日ダイヤ改正では、石北本線経由の急行の列車名をすべて「大雪」に統合したため、全6往復の布陣となった。しかし、「オホーツク」への格上げ等により、1985年(昭和60年)3月14日には昼行の1・2号(旭川駅 - 遠軽駅 - 名寄駅、名寄本線経由)、夜行の3・4号(札幌駅 - 網走駅)の2往復となり、翌年11月には夜行列車のみが残っていたが、1992年(平成4年)3月14日ダイヤ改正で、「オホーツク」9・10号として格上げ・編入され、愛称が消滅した。オホーツク (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 日本の鉄道史 (昭和後半)

    日本の鉄道史 (昭和後半)から見た夜行列車夜行列車

    1970年代になると、鉄道の競争相手としてトラック・バス・乗用車と飛行機が台頭し、路面電車・夜行列車・貨物列車が激減した。一方国鉄は大都市圏の通勤混在解消のための増線(通勤五方面作戦)や新幹線の延長等で大量投資を行ったが、それに見合う財政的な手当てが実施されず膨大な赤字を抱えることとなった。国鉄当局は現場の生産性改善のためにマル生運動を始めたが、進め方の不手際から組合側から「労働強化」と取られ、その後労使関係は著しく悪化した。これらの問題を解決すための根本的対策として国鉄分割民営化が検討され、1987年4月に国鉄が6社に分割された。日本の鉄道史 (昭和後半) フレッシュアイペディアより)

  • アンテルシテ

    アンテルシテから見た夜行列車夜行列車

    車両は、主にコライユ型が用いられている。昼行便のほか夜行列車も運行され、座席車に加えてクシェット(簡易寝台車)も連結される。アンテルシテ フレッシュアイペディアより)

  • 1964年10月1日国鉄ダイヤ改正

    1964年10月1日国鉄ダイヤ改正から見た夜行列車夜行列車

    新幹線の開業に伴い、東海道本線の昼行特急列車は全廃、昼行急行列車や夜行急行列車も軒並み削減された。しかしまだこの段階では、東海道本線にもかなりの優等列車が残っている。東京から九州方面に向かう寝台特急に至っては、「富士」(東京駅 - 大分駅)のように新設される列車もあった。1964年10月1日国鉄ダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • ロビーカー

    ロビーカーから見た夜行列車夜行列車

    ロビーカーとは、主に日本国有鉄道およびJR各社が所有する夜行列車・寝台列車やジョイフルトレインなどに主に乗客に供される目的で連結し、「定員0名」として乗車定員が規定されていない車両のこと。列車や車両によってサロンカー、ラウンジカーなどとも称される。ロビーカー フレッシュアイペディアより)

  • ユーロシティ

    ユーロシティから見た夜行列車夜行列車

    1987年の夏ダイヤから西ヨーロッパで運行を開始した。当時は夜行列車のユーロシティも存在したが、1993年にユーロナイトとして分離され、以後は昼行列車のみとなった。その後東ヨーロッパへ運行範囲を拡大する一方で、西ヨーロッパでは高速鉄道網の発達により減少傾向にある。ユーロシティ フレッシュアイペディアより)

  • ラインゴルト (列車)

    ラインゴルト (列車)から見た夜行列車夜行列車

    大戦後の1946年12月17日、フーク・ファン・ホラント - バーゼル間に無名の急行列車(列車番号D164/163)が運行を開始した。この列車は一等車から三等車まですべての等級を含んでいた。またフーク・ファン・ホラントからケルンまでは戦前のラインゴルトより南よりの別経路を辿っており、フェンローとカルデンキルヒェン (Kaldenkirchen) の間で国境を越えていた。速度は戦前の列車よりも遅く、途中からは夜行列車となっていた。164/163列車は1948年には西ドイツ国内においては長距離急行(FD)に格上げされた。また1949年のダイヤ改正で時刻が変更され純粋な昼行列車となった。ラインゴルト (列車) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
331件中 1 - 10件表示

「夜行列車」のニューストピックワード