308件中 101 - 110件表示
  • 1965年10月1日・11月1日国鉄ダイヤ改正

    1965年10月1日・11月1日国鉄ダイヤ改正から見た夜行列車夜行列車

    他にも、山陽本線で新幹線接続の夜行列車として急行列車「海星」・「夕月」が新設されるなどの動きがあった。1965年10月1日・11月1日国鉄ダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • 1972年3月15日国鉄ダイヤ改正

    1972年3月15日国鉄ダイヤ改正から見た夜行列車夜行列車

    宇野線には、それまで新大阪駅・大阪駅から宇高連絡船に接続する宇野駅まで特急「うずしお」が3往復、急行「鷲羽」が9往復、さらに東京駅から直通する夜行急行「瀬戸」が2往復設定され、さらに伯備線・津山線から岡山駅で併結して直通する急行「砂丘」・「しんじ」も1往復(線内併結運転)設定されていた。1972年3月15日国鉄ダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • 中倉清

    中倉清から見た夜行列車夜行列車

    翌1930年(昭和5年)1月、清は大統社工芸塾校長に退職を申し出る。校長は引き留めたが、清の決意は固く、その日の夜に折尾駅から東京行きの夜行列車に乗って出奔した。翌日の昼過ぎに有信館に到着し、中山に入門を許され塾生となった。のちに校長が上京し、大統社工芸塾に戻ってくるよう説得したが、清は断っている。中倉清 フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ鉄道

    ウクライナ鉄道から見た夜行列車夜行列車

    この他、老朽化した鉄道設備の更新も必須の課題となっている。一部の駅は、政府や外国の支援により補修・近代化工事を完了しているが、少数派に留まっている。また、長距離列車は航空機より運賃が断然安いこともあり広い乗客層から一定の需要があるが、その高速化が課題となっている。キエフ・モスクワ間の国際夜行列車には従来の運行列車より大幅に所要時間を短縮した高速列車が導入され人気を博しているが、1日1往復に留まっている。この他、高速運行用の機関車や130 km/h運転に対応する通勤型電車も開発・導入されている。しかしながら、ウクライナ鉄道で運行されている列車の多くはソ連時代の古い低速な車両であり、整備はよくされているものの、経年数からして車両の老朽化は否めない。ウクライナ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • きのくに (列車)

    きのくに (列車)から見た夜行列車夜行列車

    1948年(昭和23年)7月1日:不定期列車として天王寺駅・和歌山市駅 - 新宮駅間を運行する夜行準急列車2010・2011列車が運行される。この列車が大阪対南紀直通優等列車の戦後復活運行とされる。きのくに (列車) フレッシュアイペディアより)

  • ムーンライト八重垣

    ムーンライト八重垣から見た夜行列車夜行列車

    ムーンライト八重垣(ムーンライトやえがき)とは、かつて西日本旅客鉄道(JR西日本)が京都駅または大阪駅 - 出雲市駅間を東海道本線・山陽本線・伯備線・山陰本線経由で運行していた臨時夜行快速列車である。ムーンライト八重垣 フレッシュアイペディアより)

  • はとバス

    はとバスから見た夜行列車夜行列車

    しかし、この頃からモータリゼーションの進展に伴い、乗用車を利用する観光客が次第に増加、定期観光バスの業績を圧迫することになった。また、東海道新幹線の開業と引き換えに夜行列車の大幅な削減が行われたため、「夜行列車の待ち時間を観光に利用」という形態が失われたことから、夜のコースに大きな影響を与えることになった。その一方、首都高速道路や東名高速道路の開通は所要時間の短縮という効果を生み出すことになったが、特に首都高速道路については車窓景観を売り物としたコースの設定にも活用されることになった。特に、1965年に運行された「新東京ドライブコース」は、いすゞBX341PAの車体上部を切断してオープントップバスに仕立てたものであった。はとバス フレッシュアイペディアより)

  • ブルートレイン (日本)

    ブルートレイン (日本)から見た夜行列車夜行列車

    なお、列車名のみであれば「夜行列車」も参照のこと。ブルートレイン (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 東海 (列車)

    東海 (列車)から見た夜行列車夜行列車

    1949年(昭和24年)9月15日:東京駅 - 名古屋駅間に夜行準急31・32列車が設定される。東海 (列車) フレッシュアイペディアより)

  • ラトゥール=ドゥ=カロル

    ラトゥール=ドゥ=カロルから見た夜行列車夜行列車

    ラトゥール=ドゥ=カロル駅はフランスの鉄道がスペインの鉄道と接続する国際駅であり、フランス国内のセルダーニュ線も接続している。北西方向へはアリエージュ谷を通り、ループ線を介してトゥールーズへと線路が延びている。パリからトゥールーズを経由して夜行列車も運行されている。東にはセルダーニュ線が、南にはバルセロナへと続くスペインの鉄道が延びている。フランスの鉄道の軌間は1435mm(標準軌)、セルダーニュ線の軌間は1000mm(メーターゲージ)、スペインの鉄道の軌間は1668mm(広軌)なので、3つの異なる軌間が一つの駅の中に混在することになる。電化方式もフランスの1500V直流、セルダーニュ線の750V第三軌条方式、スペインの3000V直流の3方式が混在している。ラトゥール=ドゥ=カロル フレッシュアイペディアより)

308件中 101 - 110件表示

「夜行列車」のニューストピックワード