331件中 101 - 110件表示
  • きのくにシーサイド

    きのくにシーサイドから見た夜行列車夜行列車

    また、ミレニアムを記念した2000年および21世紀への初年である2001年の1月1日にも運行されており、この場合それぞれ列車名にそれを示す列車名が与えられ、正月臨時輸送の一環で前年12月31日に始発駅を発車する夜行列車扱いで運行された。きのくにシーサイド フレッシュアイペディアより)

  • ボート・トレイン

    ボート・トレインから見た夜行列車夜行列車

    1912年(明治45年)6月15日に下りは夜行急行列車、上りは特別急行列車に東京駅 - 米原駅間で併結される形によって運行が開始された。しかし第一次世界大戦やロシア革命、シベリア出兵などの影響で運行はまもなく休止になった。ボート・トレイン フレッシュアイペディアより)

  • クライペダ

    クライペダから見た夜行列車夜行列車

    クライペダには1875年に鉄道が開通した。パゲギャイおよびポゲーゲンに通じる路線は第一次世界大戦まで唯一の鉄道路線であった。今日では近郊路線だけが運行されている。今日、もっとも重要な鉄道路線はシャウレイ(Šiauliai)経由でヴィリニュスへ通じる路線である。この路線には毎日三本の遠距離列車(うち一本は夜行列車)、および三本の地域内列車が運行されている。運行主体はリトアニア鉄道(Lietuvos Geležinkeliai)である。クライペダ フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄スニ40形客車

    国鉄スニ40形客車から見た夜行列車夜行列車

    いずれの形式とも客車(荷物車)に類別されるが、スユ44形同様、車体構造は高速貨車を基本としたもので、側面総開き構造・平床構造などパレット荷役に最適化された構造である。小荷物取扱量の多い幹線系の荷物列車に多用され、荷役の迅速化・小荷物輸送のパレチゼーション推進に寄与した。夜行の急行列車に併結する運用も存在した。国鉄スニ40形客車 フレッシュアイペディアより)

  • 枡席

    枡席から見た夜行列車夜行列車

    船舶の場合、長距離大量輸送に耐えうるなど成立の事情から運賃の最も安価な座席に設定される場合が多いが、鉄道車両の場合、夜行列車のうち、寝台車の代替として、あるいはジョイフルトレインの1形態である畳敷きの「お座敷列車」の畳や、カーペットに変えたものも指し、この場合、列車の設定によるため、必ずしも乗車時に必要な最低運賃・料金ではなく、別に料金を課す場合が多い。枡席 フレッシュアイペディアより)

  • ウクライナ鉄道

    ウクライナ鉄道から見た夜行列車夜行列車

    この他、老朽化した鉄道設備の更新も必須の課題となっている。一部の駅は、政府や外国の支援により補修・近代化工事を完了しているが、少数派に留まっている。また、長距離列車は航空機より運賃が断然安いこともあり広い乗客層から一定の需要があるが、その高速化が課題となっている。キエフ・モスクワ間の国際夜行列車には従来の運行列車より大幅に所要時間を短縮した高速列車が導入され人気を博しているが、1日1往復に留まっている。この他、高速運行用の機関車や130 km/h運転に対応する通勤型電車も開発・導入されている。しかしながら、ウクライナ鉄道で運行されている列車の多くはソ連時代の古い低速な車両であり、整備はよくされているものの、経年数からして車両の老朽化は否めない。ウクライナ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • STB (旅行)

    STB (旅行)から見た夜行列車夜行列車

    。一方で肯定派は「これこそ旅の原点」と反論したりしているが、公共の場に無断で間借りするのであるから、最低限のマナーを踏み外してならないのは言うまでもなく、。場合によっては、無人駅を利用する地元民から容認されていることもある。しかし、前述の暴走族対策として鉄道会社による管理が徹底されて夜間閉鎖される駅が増え、夜行列車が深夜帯に停車する駅でもホームレスの無断宿泊防止と同様に一時締め出しをすることもある。1980年代と比べてSTB出来る駅が激減しているのも事実である。STB (旅行) フレッシュアイペディアより)

  • 在来線

    在来線から見た夜行列車夜行列車

    在来線とは全国新幹線鉄道整備法第2条に規定される新幹線鉄道に当てはまらない鉄道路線のことである。秋田新幹線や山形新幹線といった、いわゆるミニ新幹線は、旅客案内上「新幹線」と称してはいるが、現状では主たる区間を200km/h以上で走行できないため、これらの路線は法規上は「新幹線」にあたらず「在来線」に分類される。また、新幹線規格の設備や車両を使用していても、博多南線や上越線支線(上越新幹線)の越後湯沢駅 - ガーラ湯沢駅間は、旅客営業上「在来線」である。なお、国鉄再建法により、在来線は幹線と地方交通線に分類されており、新幹線はすべて幹線である(新幹線の語源は「新+幹線」)。新幹線の開業に伴い在来線特急の利用者が新幹線へ移行するため、新幹線と並行する在来線は、地域内輸送・新幹線の輸送の補完的な輸送・貨物列車あるいは夜行列車の運行が主体となり、在来線は相対的に利用者が減少する。在来線 フレッシュアイペディアより)

  • ニュルンベルク中央駅

    ニュルンベルク中央駅から見た夜行列車夜行列車

    ニュルンベルク中央駅は、ICEの25、28、31、41、91系統、インターシティ / ユーロシティの26、28、31、61系統などの交点に位置しており、またニュルンベルクにおいて唯一長距離列車の停車する駅である。これらの系統はおおむね1時間おきに運転されるが、時間帯によっては系統の重複により、より短い間隔で運転されることもある。ミュンヘンから北へ向けて運行される長距離列車のほとんどは、ニュルンベルクまで高速線を連結運転し、ニュルンベルクで分割されて各方面へ向かう。この関係でニュルンベルクとミュンヘンの間の長距離列車の運転間隔は短いものとなっている。ニュルンベルクとライプツィヒを結ぶ高速線が完成すれば、ニュルンベルクからライプツィヒまで、そしてベルリンまでの所要時間が短縮される。ニュルンベルクからは、ミュンヘン、ライプツィヒ、ベルリン、ライン=マイン地方、ルール地方、シュトゥットガルト、カールスルーエ、ハンブルク、パッサウ、ウィーンなどへの長距離列車が発着している。またケムニッツおよびドレスデンへのも発着している。夜行列車は、ハンブルク、ケルン、ウィーンへ走っている。ニュルンベルク中央駅 フレッシュアイペディアより)

  • アールベルクトンネル (鉄道)

    アールベルクトンネル (鉄道)から見た夜行列車夜行列車

    夜行列車列車としては、以下の3往復のユーロナイトがある。アールベルクトンネル (鉄道) フレッシュアイペディアより)

331件中 101 - 110件表示

「夜行列車」のニューストピックワード