308件中 121 - 130件表示
  • 弾丸列車

    弾丸列車から見た夜行列車夜行列車

    特別急行列車(特急列車)・普通急行列車(急行列車)の2種類の列車を運行する予定で、特急列車の編成は機関車の牽引力と目標速度を考慮して一等車・二等車・三等車をすべて連結した10両編成とされ、満鉄の「あじあ」号同様密閉型の展望車も設ける予定であったという。そして急行列車は夜行のみとし、両都市の有効時間帯を考慮して東京 - 大阪間を9時間運転で走り、各等座席車・寝台車による15両編成を予定したとされる。また旅客列車・貨物列車のほか、郵便列車・荷物列車の運転も計画されていた。弾丸列車 フレッシュアイペディアより)

  • ゼメリング鉄道

    ゼメリング鉄道から見た夜行列車夜行列車

    ゼメリング鉄道を含む路線は、首都・ウィーンと、オーストリア南部の都市(グラーツ、クラーゲンフルト、フィラッハ)・国外の都市(イタリアのヴェネツィア、スロベニアの首都・リュブリャナ、クロアチアの首都・ザグレブ)とを結ぶ、オーストリア連邦鉄道 (ÖBB) の重要幹線の一つである。このためゼメリング鉄道は、開業時とは異なり電化こそされているものの、開業から150年以上が経過し、世界遺産に登録された現在でも現役であり、上記の都市を結ぶ特急列車が1時間間隔で通過するほか、イタリアの首都・ローマとを結ぶ夜行列車や、多数の貨物列車も通過する。ゼメリング鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 終夜運転

    終夜運転から見た夜行列車夜行列車

    但し、夜行列車・夜行バス・長距離の国際線航空便も深夜帯の運転をするがこの範疇には入れない場合が多い。終夜運転 フレッシュアイペディアより)

  • モリエール (列車)

    モリエール (列車)から見た夜行列車夜行列車

    1983年夏のダイヤ改正でモリエールは一旦インターシティではなくなり、パリ - コペンハーゲン間の夜行急行列車(D-Zug)となった。1986年夏には再びインターシティになり、運行区間はパリ - ドルトムント間となった。モリエール (列車) フレッシュアイペディアより)

  • インターシティ (ドイツ)

    インターシティ (ドイツ)から見た夜行列車夜行列車

    1994年夏ダイヤ改正(5月29日)から、ドイツ鉄道は「インターシティナイト(InterCityNight, ICN)」と名付けられた夜行列車の運転を始めた。運行区間はベルリン - ボン間とベルリン - ミュンヘン間で、それぞれ昼のインターシティの5号線と8号線に沿う経路である。車両はタルゴの寝台車 (鉄道)を用いている。従来の寝台列車よりも快適であることを宣伝するため、「インターシティ」の名を冠した。ただし車両の塗装は昼のインターシティとは異なり、インターレギオと良く似た青と灰色であった。インターシティ (ドイツ) フレッシュアイペディアより)

  • 宗谷 (列車)

    宗谷 (列車)から見た夜行列車夜行列車

    在来気動車キハ56系がグリーン車を除き冷房を搭載しておらず、居住性が良くなかったため、利用者サービスの一環からの車種変更で全車冷房化・特急並み接客設備を実現したが、当時の定期昼行列車としては珍しく客車による運転となった。また、夜行列車である「利尻」と共用することで、経費節減を図ったのも変更の理由とされる。「利尻」との共用編成となる上り「宗谷」、下り「天北」では寝台車両を一部グリーン席扱いのコンパートメント席として運転していた。下り「宗谷」、上り「天北」は14系座席車のみの編成だった。牽引機関車は「利尻」と同じく幹線用大型機・DD51形が用いられたが、軌道が脆弱な天北線経由の「天北」は名寄駅以北を軽量中型のDE10形・DE15形牽引で運行、これも異例の措置であった。宗谷 (列車) フレッシュアイペディアより)

  • いそかぜ (列車)

    いそかぜ (列車)から見た夜行列車夜行列車

    米子駅 - 博多駅間(山陰本線経由)で夜行急行列車「しまね」が運転開始。いそかぜ (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 1982年11月15日国鉄ダイヤ改正

    1982年11月15日国鉄ダイヤ改正から見た夜行列車夜行列車

    夜行急行「津軽」(上野駅 - 青森駅) 2往復→1往復1982年11月15日国鉄ダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • 水野 久美

    水野久美から見た夜汽車夜行列車

    夜汽車(1987年、東映)水野久美 フレッシュアイペディアより)

  • BSデジタル号がゆく!〜ブルートレイン 九州一周の旅〜

    BSデジタル号がゆく!〜ブルートレイン 九州一周の旅〜から見た夜行列車夜行列車

    鹿児島本線 - 肥薩線 - 日豊本線 - 久大本線 - 日田彦山線 - 日豊本線 - 鹿児島本線経由で運行した。なお、放送は9月4日からであるが、列車は3日に門司港から熊本までの運行でスタートした。また、鹿児島中央から大分にかけては夜行となっている。テレビ放送のための列車ではあるが、一般客も熊本発門司港行の有料ツアー参加の形態で乗車が出来た。BSデジタル号がゆく!〜ブルートレイン 九州一周の旅〜 フレッシュアイペディアより)

308件中 121 - 130件表示

「夜行列車」のニューストピックワード