331件中 121 - 130件表示
  • おけさ号

    おけさ号から見た夜行列車夜行列車

    本路線の開業前、新潟県内から関西(京都 ・大阪)へ直通する交通手段は航空と列車に限られており、航空利用の場合は空港と市街地のアクセスにやや難があり、列車利用の場合では夜行急行列車「きたぐに」のほか、特急「雷鳥」が新潟駅まで乗り入れていたが、設定された直通本数は少なく、「雷鳥」が運行されない時間帯は特急「北越」に乗り、金沢駅で乗り継ぎを要したため、利便性が高いとは言い切れなかった。おけさ号 フレッシュアイペディアより)

  • 死のロード

    死のロードから見た夜行列車夜行列車

    他にも、かつては移動手段と言えば夜行列車が主で移動時間が長く、また宿泊は旅館の大部屋で雑魚寝という時代もあり肉体的に負担も大きかったが、現在では移動は新幹線(グリーン車を利用)または航空機、宿泊はシティホテルの個室である。また、大阪ドームでの主催試合が行われるようになったことで自宅からの通いが可能となったこともあり、「長期遠征」「死のロード」という概念は年々薄らぎつつある。選手の体力的負担が大幅に減ったため、2013年から2017年現在まで、5年連続で勝ち越している。死のロード フレッシュアイペディアより)

  • 日本海縦貫線

    日本海縦貫線から見た夜行列車夜行列車

    日本海縦貫線のほぼ全線を走破する列車として、貨物列車が運転されており、かつては臨時の夜行列車「日本海」「トワイライトエクスプレス」「あおもり」「東北夏祭り」も運転されていた。湖西線を経由し新潟駅を経由しない「日本海」・「トワイライトエクスプレス」の大阪駅 - 青森駅間の走行距離は1023.4キロであった。日本海縦貫線 フレッシュアイペディアより)

  • 東海北部線

    東海北部線から見た夜行列車夜行列車

    暫定開業であったことから重要性は低い路線で、旅客列車の本数は数往復程度であり、東海北部線の駅は「朝鮮総督府鉄道で最も勤務が楽な駅」とも職員から呼ばれたと言われる。しかし、沿線には金剛山観光の入り口である外金剛駅など、幾つか観光地も存在し、観光シーズンの5月から10月にかけての日曜・祝祭日の前日には、京城(現:ソウル)からの夜行列車が外金剛駅まで運行された。東海北部線 フレッシュアイペディアより)

  • 車中泊

    車中泊から見た夜行列車夜行列車

    夜行列車の乗客が、列車の座席または寝台で宿泊した場合にも、このようにいうことがある。この場合、就寝時間を移動時間として使える利点がある。第二次世界大戦後、1946年から足掛け9年に渡り昭和天皇が日本全国を巡幸しているが、この際天皇は初めて車中泊したと伝えられている。車中泊 フレッシュアイペディアより)

  • 青空 (雑誌)

    青空 (雑誌)から見た夜行列車夜行列車

    11月末、外村茂と忽那吉之助が帰郷の途中に岐阜刑務所に原稿を渡した。校正や難しい漢字の植字などの事務連絡が郵便で往復して手間取り、創刊号発行は新年に延ばすことになった。雑誌が刷り上がり、12月26日、外村と梶井と中谷孝雄の3人は夜行列車で岐阜に向った。27日の早朝、到着した3人は長良川の水で顔を洗い、岐阜刑務所作業所で『青空』300部を受け取った。青空 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • スーパー白鳥

    スーパー白鳥から見た夜行列車夜行列車

    1997年(平成9年)3月22日:「海峡」の1往復(旧4・13号)を「はつかり」に格上げし、「海峡」は季節列車を含めて7往復に減少。また、この時青森発の「海峡」1号を「はつかり」41号に、函館駅で夜行快速「ミッドナイト」に接続する列車を「はつかり」21号から「海峡」13号に立て替えるなど、ほぼ2002年(平成14年)11月30日までダイヤ自体は踏襲される。この改正で1・14号の1往復が臨時列車に格下げ。これ以降「海峡」の地位は単なる青函間連絡列車という地位に甘んじる結果となる。てこ入れの一環として、50系客車「海峡」の一部列車にカラオケ個室を設けた車両を設置(末期は非連結)。スーパー白鳥 フレッシュアイペディアより)

  • ムーンライト九州

    ムーンライト九州から見た夜行列車夜行列車

    ムーンライト九州(ムーンライトきゅうしゅう)は、かつて西日本旅客鉄道(JR西日本)および九州旅客鉄道(JR九州)が新大阪駅(運行開始当時は京都駅) - 博多駅(一時熊本駅)間を東海道本線・山陽本線・鹿児島本線経由で運行していた臨時夜行快速列車。本稿では、特に記さない限り、現時点での最後の運行であった2008年?2009年年末年始時点での概況を記す。ムーンライト九州 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤文學

    伊藤文學から見た夜行列車夜行列車

    1956年、その前年に夜行列車の中で知り合った川島君子(後の伊藤ミカ)と自宅兼事務所にて同棲を始める。1958年に結婚。伊藤文學 フレッシュアイペディアより)

  • 能登 (列車)

    能登 (列車)から見た夜行列車夜行列車

    能登(のと)とは、東日本旅客鉄道(JR東日本)および西日本旅客鉄道(JR西日本)が上野駅 - 金沢駅間で運行する夜行急行列車である。2010年(平成22年)3月13日のダイヤ改正以降は臨時列車となったが、2012年(平成24年)3月以降は列車が設定されていない。能登 (列車) フレッシュアイペディアより)

331件中 121 - 130件表示

「夜行列車」のニューストピックワード