308件中 131 - 140件表示
  • 鉄道旅行

    鉄道旅行から見た夜行列車夜行列車

    1977年頃に始まるブルートレインブームによって、ブルートレインに代表される夜行列車が少年層のあこがれとなり、それまでのSLブームが「蒸気機関車を撮影すること」に比重があったのに対して、「列車に乗ること」が趣味になるという認識を一般に広める契機となった。鉄道旅行 フレッシュアイペディアより)

  • 青函連絡船

    青函連絡船から見た夜行列車夜行列車

    青函航路は、本州・北海道間の一般的な移動手段が鉄道だった時代には、メインルートの一部を担っていた。青森発着の「はつかり」「みちのく」「白鳥」などの特別急行列車や特急「はくつる」、「ゆうづる」、急行「八甲田」、「十和田などの夜行列車、函館発着の特急「おおぞら」、「北斗」、「北海」、「おおとり」、急行「宗谷」、「ニセコ」、すずらん」などの優等列車や夜行普通列車は、青函連絡船との接続を重視したダイヤを組んでいた。函館では深夜・早朝に発着する例も見られたが、札幌での時間を有効に使えることから、利用率はかなり高かった。青函連絡船 フレッシュアイペディアより)

  • 南海1201形電車

    南海1201形電車から見た夜行列車夜行列車

    1970年にモハ2001形が全廃されたため、代わってモハ1551形が国鉄紀勢本線直通のサハ4801形の南海線内牽引を担当するようになり、特急列車に使用されることになった。当初はモハ2001形と同じダイヤで走行するために不経済を承知でモハ1551形のオールMによる4両編成が使用された。だが、1551形は11両しか在籍せず、4両編成を組むと3本中1本が3M1Tとなって残る2編成による限定運用を強いられ、運用効率が悪かった。このため、1970年11月のダイヤ改正で3M1T編成を基準にした運用に改められ、スピードダウンが実施されている。もっとも、1959年に南紀直通用気動車として国鉄キハ55系気動車の同型車キハ5501・5551形が投入されて以降、南紀直通客車は事実上夜行列車(こちらを参照されたい)専用となっており、スピードダウンは特に深刻な問題にならなかった。1972年のサハ4801形運用廃止によってこの運用は終了した。南海1201形電車 フレッシュアイペディアより)

  • 南海サハ4801形客車

    南海サハ4801形客車から見た夜行列車夜行列車

    1959年に南紀直通用気動車として国鉄キハ55系気動車の同型車キハ5501・5551形が投入されて以降、サハ4801は南紀直通の主力の座を気動車に譲り、事実上夜行列車(こちらを参照)専用となった。国鉄線内は気動車が準急列車(のちに急行列車)扱いであったのに対してサハ4801は普通列車扱いとなった。南海サハ4801形客車 フレッシュアイペディアより)

  • 一本列島

    一本列島から見た夜行列車夜行列車

    夜行急行列車「はまなす」(1往復):青森駅 - 札幌駅間一本列島 フレッシュアイペディアより)

  • チリ国鉄の電車

    チリ国鉄の電車から見た夜行列車夜行列車

    1973年に日本から24両が輸出された特急電車である。川崎重工業で16両、日立製作所で8両が製造された。後述するAELとともに、輸出の仲介役となった商社である日商岩井(当時)が現地ではメーカー名だと誤解される場合がある。編成は日本国有鉄道式にいうとMc+T+T'+Mcの4両編成で、T'車はバーつきサロン車となっている。座席は日本の国鉄電車のグリーン車並みの5段リクライニングシートで、足掛けもついている。サロン車には本格的な厨房もあり、また同車の客室には座席が向かい合う中央に取り外し可能なテーブルを設置できる。客室側面の窓は二重の大窓で、べネシャンブラインドを内蔵する(ただし末期には撤去された)。水洗便所は循環式である。客室天井の蛍光灯はグローブに覆われているが、予備の白熱灯を備えており、夜行列車での運用にも適応する。前面窓上部には竣工当時には方向幕があり、広報用の写真にはバルパライソの字幕を出しているものもあるが、サンティアゴとバルパライソとの間には現在は旅客列車は運行されていない。方向幕は後に埋められてそこに編成番号が表記されるようになった。気笛は低音かつ和音のホーンである。パンタグラフは菱形の大柄なものが両先頭車に各1基取り付けられているが、普段は進行方向の1基のみ上げて使用する。コイルバネ式の台車は、電動台車の場合重量が1台10tを超えるというもので、剛性は高い。広軌のスペース上の制約ゆえか、揺れ枕吊りが台車枠の内側にある。2001年にはサンチャゴとチヤンの間の軌道改良が完成し、本来の乗り心地を取り戻したが、同じ頃UTS-444が導入されてからは、しばらくは主に夜行列車に充当された。何度か車体改修を経ている。夜行列車も廃止になると予備車の扱いとなり、2010年には営業運行を退いた。チリ国鉄の電車 フレッシュアイペディアより)

  • ムーンライト仙台・東京

    ムーンライト仙台・東京から見た夜行列車夜行列車

    ムーンライト仙台(ムーンライトせんだい)およびムーンライト東京(ムーンライトとうきょう)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が全車座席指定席で東京駅 - 仙台駅間を京葉線・武蔵野線・東北本線経由で運行していた臨時夜行快速列車の名称。当列車は、上り東京行きが「ムーンライト東京」、下り仙台行きが「ムーンライト仙台」と、上下でそれぞれ列車名が異なる特徴的な列車だが、本項では両列車について詳述する。ムーンライト仙台・東京 フレッシュアイペディアより)

  • 終電

    終電から見た夜行列車夜行列車

    西日本旅客鉄道(JR西日本)では、遠距離通勤者に配慮し都市部に限らず終電の終着駅の到着時刻が遅い。新幹線などを除き、先述の保線作業の制約がない場合が多いが、福知山線脱線事故をきっかけに2009年3月14日の改正で終電を繰り上げた。(高槻駅1時05分着 → 0時54分着、京都駅0時20分ごろ着の湖西線・奈良線は0時前後など)2010年3月13日の改正までは、新大阪発の快速紀伊田辺行きが、紀勢本線紀伊田辺駅に1時47分に到着しており(昔の夜行列車の流れを汲んだ列車。紀勢本線参照)、日本一遅い時間に到着する終電であった。しかし、同日の改正で運行区間が御坊駅(1時11分着)までに短縮されたため、日本一遅い終電ではなくなった。そのため、関西地方ではJR神戸線の普通西明石行き(西明石駅1時36分着)が最も遅くなった。また、この改正までは野洲駅も1時30分に終電が到着していたが、当該列車は廃止されて1時08分になっている。終電 フレッシュアイペディアより)

  • 在来線

    在来線から見た夜行列車夜行列車

    新幹線鉄道とは、全国新幹線鉄道整備法第2条に規定される「その主たる区間を列車が二百キロメートル毎時以上の高速度で走行できる幹線鉄道」であり、在来線はこの規定に当てはまらない鉄道路線となる。秋田新幹線や山形新幹線といった、いわゆるミニ新幹線は、旅客案内上「新幹線」と称してはいるが、現状では主たる区間を200km/h以上で走行できないため、これらの路線は法規上は「新幹線」にあたらず「在来線」に分類される。また、新幹線規格の設備や車両を使用していても、博多南線や上越線支線(上越新幹線)の越後湯沢駅 - ガーラ湯沢駅間は、旅客営業上「在来線」である。なお、国鉄再建法により、在来線は幹線と地方交通線に分類されており、新幹線はすべて幹線である(新幹線の語源は「新+幹線」)。新幹線の開業に伴い在来線特急の利用者が新幹線へ移行するため、新幹線と並行する在来線は、地域内輸送・新幹線の輸送の補完的な輸送・貨物列車あるいは夜行列車の運行が主体となり、在来線は相対的に利用者が減少する。在来線 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄スハ43系客車

    国鉄スハ43系客車から見た夜行列車夜行列車

    座席は、背ずりの下半分の詰め物を厚くして腰への当たりを良くするとともに、スプリングも軟らかくされて座り心地が良くなり、長距離利用者に配慮したものとなった。シートピッチは15mm拡大され1470mmとされている。また、座席の通路側には固定式の頭もたせが付けられた。頭もたせは、特に夜行列車運用時には乗客に好評で、43系の後続形式である10系客車では窓側にも追加設置された。国鉄スハ43系客車 フレッシュアイペディアより)

308件中 131 - 140件表示

「夜行列車」のニューストピックワード