331件中 131 - 140件表示
  • ミシュリーヌ

    ミシュリーヌから見た夜行列車夜行列車

    アンドレ・ミシュランがミシュリーヌを考案したのは、1929年にクレルモン=フェランからカンヌまで夜行列車に乗車した際、車輪の騒音に悩まされたのがきっかけであったという。同年10月にはルノー製の自動車を改造した試作1号車が製作されている。ミシュリーヌ フレッシュアイペディアより)

  • 若乃花幹士 (2代)

    若乃花幹士 (2代)から見た夜行列車夜行列車

    元横綱・初代若乃花の二子山親方に見出され、浪岡町出身の高谷(のちの第59代横綱・隆の里)と同じ夜行列車で上京、二子山部屋に入門した。1968年7月場所初土俵。「朝ノ花」と名乗っていた幕下時代から北の湖とならぶホープとして期待されたが、当時は土俵際で無理に残すことが多いためしばしばケガをしてやや出世が遅れた。とはいえ若三杉と改めて半年後の1973年7月場所に20歳で新十両、十両は2場所で突破して同年11月場所に新入幕、翌1974年11月場所には新小結で11勝4敗という好成績を挙げ、一気に大関候補と呼ばれるまでになる。幕内昇進後の二子山部屋座談会では遅食いではあるが丼飯を6杯から7杯食べることを若獅子や貴ノ花から暴露されており、健啖家であったことも力士として成功した要因の1つと言える。若乃花幹士 (2代) フレッシュアイペディアより)

  • 交通機関の喫煙規制

    交通機関の喫煙規制から見た夜行列車夜行列車

    特急や急行列車はもちろん、普通列車でも、関西の快速、新快速を含め、中距離電車といわれる各車両には灰皿が設置されていた。しかしながら、火災防止の観点により、夜行列車とりわけ寝台車の寝台内や、いわゆる国電または大都市近郊区間と称された区間を運行する普通列車・各駅停車では大都市圏を運行する関係から禁煙となっていた。交通機関の喫煙規制 フレッシュアイペディアより)

  • 野戦鉄道提理部

    野戦鉄道提理部から見た夜行列車夜行列車

    安奉軽便線では長らく夜行列車の運転がなく、全線乗り通す場合は途中の草河口駅で一泊する必要があった。末期には運転されるようになったが、編成に5トン車5両以内の制限がついていた。野戦鉄道提理部 フレッシュアイペディアより)

  • ベルギー国鉄

    ベルギー国鉄から見た夜行列車夜行列車

    2008年12月14日改正で、ベルギー国内を通過する夜行列車は全て廃止された。ベルギー国鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 土佐のほっぱん

    土佐のほっぱんから見た夜行列車夜行列車

    東京から高知ヘの移動は当時、東京駅を夜21時半に出発する夜行列車を乗り継いで、翌日の午前に岡山県の宇野駅に到着。宇高連絡船に乗船し高松駅、そして高知駅には夕方の19時半に到着するという大変な長旅であった。土佐のほっぱん フレッシュアイペディアより)

  • 南海サハ4801形客車

    南海サハ4801形客車から見た夜行列車夜行列車

    1959年に南紀直通用気動車として国鉄キハ55系気動車の同型車キハ5501・5551形が投入されて以降、サハ4801は南紀直通の主力の座を気動車に譲り、事実上夜行列車(こちらを参照)専用となった。国鉄線内は気動車が準急列車(のちに急行列車)扱いであったのに対してサハ4801は普通列車扱いとなった。南海サハ4801形客車 フレッシュアイペディアより)

  • 河内淳一のディスコグラフィ

    河内淳一のディスコグラフィから見た夜行列車夜行列車

    Night Train(作詞:田口俊・作曲:河内淳一・編曲:JOHN CAPEK)河内自身は生まれも育ちも浅草なので、家を飛び出して夜行列車(=Night Train)に乗って都会へ…という経験は無いが、子供の頃に抱いていた周囲が持つ保守的な姿勢に対する反発心をデフォルメも施して歌にしたものである。河内淳一のディスコグラフィ フレッシュアイペディアより)

  • 堺・なんば・京都 - 柏崎・長岡線

    堺・なんば・京都 - 柏崎・長岡線から見た夜行列車夜行列車

    本路線開設以前、新潟県中越地方から関西へ乗り換え無しで直通する交通手段は夜行急行列車「きたぐに」に限られており、日中は下越地方の新潟市にある新潟空港から航空路線を利用するか、もしくは特急「北越」を利用し、金沢駅で特急「雷鳥」・「サンダーバード」への乗り継ぎを要していた。堺・なんば・京都 - 柏崎・長岡線 フレッシュアイペディアより)

  • 早川浴場

    早川浴場から見た夜行列車夜行列車

    早川浴場は国鉄名古屋駅構内に1937年に開業した銭湯である。最盛期の昭和30年代には早朝5時から深夜23時まで営業した。蒸気機関車の煤煙で汚れたり、夜行列車の長旅で疲れた乗客を受け入れたりし、1日1000人を超す客でにぎわった時期もあった。1964年に東海道新幹線が開業し、その後夜行列車が減少すると経営が苦しくなった。1990年代に入るとついにJR東海から家賃の滞納で訴訟を起こされ、当初はJRと全面対立したものの、1991年11月1日に名古屋地方裁判所で和解が成立した。最終日の11月30日には14時に店じまいとなったが、男女600人のなじみ客が裸で訪れたという。経営者の早川順太は「時代が悪い」と吐き捨て、早川浴場は54年後の歴史に幕を下ろした。早川浴場 フレッシュアイペディアより)

331件中 131 - 140件表示

「夜行列車」のニューストピックワード