308件中 11 - 20件表示
  • 彗星 (列車)

    彗星 (列車)から見た夜行列車夜行列車

    列車名は、天体の彗星に由来している。「夜行列車は天体から」という慣例があるが、この「彗星」の名称は1950年から1956年までと1957年から1964年まで東京駅 - 大阪駅間を東海道本線経由で運行する夜行急行列車の名称として使用されていた。彗星 (列車) フレッシュアイペディアより)

  • オホーツク (列車)

    オホーツク (列車)から見た夜行列車夜行列車

    1949年(昭和24年)9月:函館駅 - 旭川駅間の夜行急行列車である1・2列車の運行区間を石北本線網走駅まで延長。旭川駅以東は普通列車とした。また、函館駅 - 網走駅間に夜行準急列車 503・504列車が運行開始。この503・504列車は当初夜行区間となる札幌駅 - 北見駅のみが準急列車として運行された。オホーツク (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 青列車

    青列車から見た夜行列車夜行列車

    青列車(:ル・トラン・ブルー、:ザ・ブルー・トレイン)は、北フランスのカレーあるいはパリと南フランスのコート・ダジュール(リヴィエラ)地方を結んでいた夜行列車である。青列車 フレッシュアイペディアより)

  • 1964年10月1日国鉄ダイヤ改正

    1964年10月1日国鉄ダイヤ改正から見た夜行列車夜行列車

    新幹線の開業に伴い、東海道本線の昼行特急列車は全廃、昼行急行列車や夜行急行列車も軒並み削減された。しかしまだこの段階では、東海道本線にもかなりの優等列車が残っている。東京から九州方面に向かう寝台特急に至っては、「富士」(東京駅 - 大分駅)のように新設される列車もあった。1964年10月1日国鉄ダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • みよし (列車)

    みよし (列車)から見た夜行列車夜行列車

    中国地方の中心都市である広島市と山陰地方を結ぶ短絡線である木次線が注目され、1953年11月に臨時列車として、米子駅 - 広島駅間に快速列車が運転を開始した。この列車は松江城の別名である千鳥城にちなんで「ちどり」として運転された。1955年には夜行列車の「夜行ちどり」も運転を開始した。みよし (列車) フレッシュアイペディアより)

  • ロビーカー

    ロビーカーから見た夜行列車夜行列車

    ロビーカーとは、主に日本国有鉄道およびJR各社が所有する夜行列車・寝台列車やジョイフルトレインなどに主に乗客に供される目的で連結し、「定員0名」として乗車定員が規定されていない車両のこと。なお、列車・車両によっては、ラウンジカーなどとも称される。ロビーカー フレッシュアイペディアより)

  • ムーンライト信州

    ムーンライト信州から見た夜行列車夜行列車

    ムーンライト信州(ムーンライトしんしゅう)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が主に新宿駅 - 松本駅・信濃大町駅・白馬駅間を中央本線・篠ノ井線・大糸線経由で運行している臨時夜行快速列車である。ムーンライト信州 フレッシュアイペディアより)

  • 列車ホテル

    列車ホテルから見た夜行列車夜行列車

    日本国外では、上級寝台車(日本ではA寝台が相当するが、水準は「青函ブルトレ」の個室寝台かそれ以上の水準のものとされる)を連結した寝台列車をこう呼ぶ場合があるが、日本の鉄道では長距離輸送を必然的に引き受けていた国鉄・JRでは寝台車を連結して運行を行った夜行列車や寝台列車・ブルートレインを含めてこう称される事例は少なく、むしろ鉄道事故や台風・地震・大雪などによる輸送障害に伴う宿泊施設代行を指す場合が多い。列車ホテル フレッシュアイペディアより)

  • ユーロシティ

    ユーロシティから見た夜行列車夜行列車

    1987年の夏ダイヤから西ヨーロッパで運行を開始した。当時は夜行列車のユーロシティも存在したが、1993年にユーロナイトとして分離され、以後は昼行列車のみとなった。その後東ヨーロッパへ運行範囲を拡大する一方で、西ヨーロッパでは高速鉄道網の発達により減少傾向にある。ユーロシティ フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄12系客車

    国鉄12系客車から見た夜行列車夜行列車

    製造当初より、波動輸送用車両および臨時夜行急行列車に使用されたが、14系座席客車が製造されるまで、一時的に臨時特急「しおじ」「つばさ」などにも使用されたこともある。しかし設備が急行並のため、特急運用の際には特急料金が割り引かれた。国鉄12系客車 フレッシュアイペディアより)

308件中 11 - 20件表示

「夜行列車」のニューストピックワード