308件中 21 - 30件表示
  • フランス国鉄

    フランス国鉄から見た夜行列車夜行列車

    スペインとフランスとを結ぶ夜行列車で、シティホテル並みの設備とサービスを備えた「ホテル列車」。スペインの「タルゴ」客車を使用。一部はイタリアやスイスに直通する。フランス国鉄 フレッシュアイペディアより)

  • ムーンライトえちご

    ムーンライトえちごから見た夜行列車夜行列車

    ムーンライトえちごは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が新宿駅 - 新潟駅間を高崎線・上越線・信越本線経由で運行している臨時夜行快速列車。この後、各路線に続々と登場したムーンライトの元祖でもある。ムーンライトえちご フレッシュアイペディアより)

  • 1980年10月1日国鉄ダイヤ改正

    1980年10月1日国鉄ダイヤ改正から見た夜行列車夜行列車

    国鉄では1978年(昭和53年)10月2日に実施されたいわゆる「ゴーサントオ」改正で貨物列車の大幅削減を行ったが、旅客列車もこの頃になると運賃・料金の値上げや、他交通機関への移行による乗客数の減少が目立っていた。特に寝台列車などの夜行列車は、明らかに供給過剰と言える状況となっていた。1980年10月1日国鉄ダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • 紀伊 (列車)

    紀伊 (列車)から見た夜行列車夜行列車

    紀伊(きい)とは、日本国有鉄道(国鉄)が1968年から1984年まで東京駅 - 紀伊勝浦駅間を東海道本線・関西本線・紀勢本線経由で運行していた夜行急行列車後に特急列車である。紀伊 (列車) フレッシュアイペディアより)

  • スターライト釧路号

    スターライト釧路号から見た夜行列車夜行列車

    スターライト釧路号の成功は、夜行急行列車「まりも」を運行する北海道旅客鉄道(JR北海道)にも影響を与え、急行「まりも」は指定席車両を「ドリームカー」としてグレードアップを図った上、割引乗車券「まりもドリームきっぷ」(夜行列車往復割引きっぷ)などの設定も行なった。スターライト釧路号 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄14系客車

    国鉄14系客車から見た夜行列車夜行列車

    これらは、主に寝台車を連結した夜行急行列車に用いられたが、車両設備の更新のため一時期宗谷本線の昼行急行列車である「宗谷」・「天北」にも座席車代用としても用いられた。後に使用列車の気動車化に伴い、塗色変更の上気動車との併結改造をされた車両のほかは、座席車も含め「北斗星」増発に伴い24系に改造編入された。国鉄14系客車 フレッシュアイペディアより)

  • 高速バス

    高速バスから見た夜行列車夜行列車

    特に1985年(昭和60年)に開業した「東京 - 新潟線」は、併走する上越新幹線等の乗客を奪うくらいの路線に成長し、高速バス開業ブームの火付け役の一つとなった。またこの時期は国鉄で夜行列車が削減されていた時代でもあったが、東京池袋?新潟線に対抗して、企画ものの列車として全車指定の臨時快速『ムーンライト』を運転し、安売り切符を発売していった。これが現在の『ムーンライトえちご』である。高速バス フレッシュアイペディアより)

  • 山陰本線

    山陰本線から見た夜行列車夜行列車

    このほか、夜行列車として下記の列車が運転されている。大阪駅からの急行「だいせん」(大阪駅 - 米子駅間)が2004年10月16日に、また東京駅からの寝台特急「出雲」(東京駅 - 出雲市駅間)が2006年3月18日のダイヤ改正で廃止されてからは、伯備線経由の列車のみの運転となっている。山陰本線 フレッシュアイペディアより)

  • 白鳥 (列車)

    白鳥 (列車)から見た夜行列車夜行列車

    1997年(平成9年)3月22日:「海峡」の1往復を「はつかり」に格上げし、「海峡」は季節列車を含めて7往復に減少。また、この時青森始発の「海峡」1号を「はつかり」41号に、函館駅で夜行快速列車「ミッドナイト」に接続する列車を「はつかり」21号から「海峡」13号に立て替えるなど、ほぼ2002年11月30日までダイヤ自体は踏襲される。この改正で1・14号の1往復が臨時列車に格下げ。これ以降「海峡」の地位は単なる青函間連絡列車という地位に甘んじる結果となる。てこ入れの一環として、50系客車「海峡」の一部列車にカラオケ個室を設けた車両を設置(末期は非連結)。白鳥 (列車) フレッシュアイペディアより)

  • カートレイン

    カートレインから見た夜行列車夜行列車

    1986年、改造されたマニ50形荷物車にオートバイを搬入し、上野駅 - 青森駅間を運行していた夜行急行列車「八甲田」(14系座席車)に連結する形で運転開始。モトとレールはバイク輸送車両が1両であるのに対し、MOTOトレインは常時2両連結された。通常の急行八甲田は全車普通座席車であるのに対し、MOTOトレイン連結時はMOTOトレイン利用客専用のオハネ14寝台車(3段B寝台)が1両青森側に増結され、他の車両間との連結面扉は施錠されて定期列車利用客とは完全に分離された形で運行した。当初は青函連絡船(石狩丸と檜山丸が使用された)に乗り換える形であったが、青函トンネル開業後は急行「八甲田」の車両をそのまま運転区間を延長する形で、青森駅 - 函館駅間を臨時快速列車「海峡83・84号」と列車名を変えて青函トンネルを通る形を採った(夏季のみの運転であるため北海道雪対策が施されていない14系座席車0番台でも問題なく走行できた)。こちらも上記「モトとレール」と同様にオートバイ輸送車両は必ず列車最後尾に連結されており、進行方向が変わる青森で列車反対側への連結位置変更が行われた。(こちらも青森での停車時間はかなり長めで、当駅で列車種別が変わることもあり、一般の乗客は一旦強制的に全員がホームに降ろされ、長い停車時間を利用した車内整備(清掃)が行われたが、MOTOトレイン利用客はそのまま専用寝台車内で待機できた。)カートレイン フレッシュアイペディアより)

308件中 21 - 30件表示

「夜行列車」のニューストピックワード