331件中 21 - 30件表示
  • 彗星 (列車)

    彗星 (列車)から見た夜行列車夜行列車

    列車名は、天体の彗星に由来している。「夜行列車は天体から」という慣例があるが、この「彗星」の名称は1950年から1956年までと1957年から1964年まで東京駅 - 大阪駅間を東海道本線経由で運行する夜行急行列車の名称として使用されていた。彗星 (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 1980年代・1990年代のJRダイヤ改正

    1980年代・1990年代のJRダイヤ改正から見た夜行列車夜行列車

    また、客車急行として残っていた夜行列車の一部が特急に格上げされ、北海道では急行「まりも」が特急「おおぞら」に、九州では急行「かいもん・日南」が特急「ドリームつばめ・ドリームにちりん」に再編された。東京駅発着の寝台特急に連結されていた食堂車は営業を休止した。東海・西日本では普通列車が全面禁煙となった。1980年代・1990年代のJRダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • フランス国鉄

    フランス国鉄から見た夜行列車夜行列車

    スペインとフランスとを結ぶ夜行列車で、シティホテル並みの設備とサービスを備えた「ホテル列車」。スペインの「タルゴ」客車を使用。一部はイタリアやスイスに直通する。フランス国鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄特急史

    近鉄特急史から見た夜行列車夜行列車

    参急線が開通する前から、この系統の湊町駅(現JR難波駅) - 山田駅・鳥羽駅間には準急(快速)・普通列車が設定されていたが、湊町 - 山田間は準急が約5時間、普通が約6時間を要していた。参急線が開業する前の1930年(昭和5年)10月のダイヤ改正ではスピードアップ・増発が行われ、準急列車は2往復で山田方面の前記区間の所要時間は3時間32分 - 41分、昼行の普通列車は2往復で所要時間が5時間8分 - 11分となった。また、この改正時には湊町駅 - 鳥羽駅間に鳥羽行きに限り夜行列車も設定されていて、時刻は湊町発23時45分・山田着5時35分・鳥羽着6時で、湊町 - 山田間の所要時間は5時間50分であった。近鉄特急史 フレッシュアイペディアより)

  • 普通列車

    普通列車から見た夜行列車夜行列車

    道路が十分に整備されておらず、鉄道以外の公共交通機関が未発達だったころは鉄道が中・長距離輸送の主力であった。また深夜の時間帯でも一定の旅客需要があったことから、主要幹線では夜行普通列車も数多く運転されていた。普通列車 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄14系客車

    国鉄14系客車から見た夜行列車夜行列車

    これらは、主に寝台車を連結した夜行急行列車に用いられたが、車両設備の更新のため一時期宗谷本線の昼行急行列車である「宗谷」・「天北」にも座席車代用としても用いられた。国鉄14系客車 フレッシュアイペディアより)

  • ムーンライト (列車)

    ムーンライト (列車)から見た夜行列車夜行列車

    ムーンライトとは、JR旅客鉄道会社が運行する夜行の快速列車の愛称の総称である。ムーンライト (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 江差線

    江差線から見た夜行列車夜行列車

    五稜郭駅 - 木古内駅間で運行されている夜行列車(後節参照)に関しては北海道新幹線開業時に廃止が示唆されており、2015年(平成27年)3月12日(大阪・札幌発とも)を最後に臨時寝台特急「トワイライトエクスプレス」の運行を終了、同年3月14日のダイヤ改正で「北斗星」の定期列車としての運転を終了した。また、臨時寝台特急「カシオペア」と急行「はまなす」は、2016年(平成28年)3月21日を最後に運行を終了し、新幹線開業日である同年3月26日をもって廃止となった。江差線 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年10月1日国鉄ダイヤ改正

    1980年10月1日国鉄ダイヤ改正から見た夜行列車夜行列車

    国鉄では1978年(昭和53年)10月2日に実施されたいわゆる「ゴーサントオ」改正で貨物列車の大幅削減を行ったが、旅客列車もこの頃になると運賃・料金の値上げや、高速道路や空港の整備に伴う他交通機関への移行による乗客数の減少が目立っていた。特に寝台列車などの夜行列車は、明らかに供給過剰と言える状況となっていた。1980年10月1日国鉄ダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

  • 長距離列車

    長距離列車から見た夜行列車夜行列車

    臨時列車も含めた全列車の中で、所要時間・移動距離が最も長い列車は1,214.7kmを約19時間で運転される「カシオペア」である。定期運転される列車では、新幹線の、東京?博多間を走る「のぞみ」号の1,174.9kmが最長である。在来線は、かつて特急「白鳥」(大阪?青森)や寝台特急「富士」(東京?西鹿児島(日豊本線経由)、後年は南宮崎・大分止まり)、急行「高千穂」(東京?西鹿児島(日豊本線経由))など、運転距離1,000キロを越える列車が存在していた。しかし、新幹線の延伸開業、航空機や夜行バスとの競合による夜行列車の需要減などにより、ほとんどが廃止された。夜行列車の場合、有効時間とされる時間が深夜帯となることから、その性格上、長距離を走るものが多い。過去には、運転区間が短距離のため発着時間が不便になってしまい、廃止となった夜行列車もあった。また、かつては長距離の普通・快速列車にも寝台車が連結されるものがあったが、1985年までに全廃された。長距離列車 フレッシュアイペディアより)

331件中 21 - 30件表示

「夜行列車」のニューストピックワード