308件中 31 - 40件表示
  • トレニタリア

    トレニタリアから見た夜行列車夜行列車

    イタリア国内の都市間を結ぶ夜行列車トレニタリア フレッシュアイペディアより)

  • 土合駅

    土合駅から見た夜行列車夜行列車

    下りホームは単式1面1線の構造である。かつては、通過線(本線)と副本線が設けられており、副本線にホームが設置されていたが、2008年5月から10月にかけてホーム改良工事が行われ、ホームが副本線から本線へ移された。上記の通り地下深いトンネル内にあるため、季節に関わらずほぼ気温は一定となっている。ホーム上には、待合室の他、トイレが設置されている。照明はあるが、トンネル内ということもあって非常に薄暗い。本線側の側壁には作業員退避用の空間が設置されている。プラットホームの照明は夜中でも点灯したまま(連絡通路と階段は消灯)になっており、深夜帯に通過する夜行列車の車内から駅通過の模様を確認できる。土合駅 フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤグラム

    ダイヤグラムから見た夜行列車夜行列車

    またダイヤ作成の場において、鉄道事業者としては従来設定されていない列車の登場や利用率の低い列車の廃止なども予告されることがあり、特に営業上重要である新型車両の落成などによる優等列車の車両交代などはこの日を境として行われることが多い。一般に改正日の始発列車から施行されるが、夜行列車については改正前日より改正後のダイヤで運行される場合もある。そうした場合を含め、日付をまたぐ列車については臨時列車として運行することが通例となっている。ダイヤグラム フレッシュアイペディアより)

  • オリエント急行

    オリエント急行から見た夜行列車夜行列車

    オリエント急行(オリエントきゅうこう、Orient Express, 初期には )とはヨーロッパの長距離夜行列車、およびこれにちなんで名付けられた列車である。オリエント急行 フレッシュアイペディアより)

  • あずさ (列車)

    あずさ (列車)から見た夜行列車夜行列車

    1948年(昭和23年)7月1日:中央東線初の優等列車として、新宿駅 - 松本駅間に臨時夜行準急2403・2404列車を新設。あずさ (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 有明 (列車)

    有明 (列車)から見た夜行列車夜行列車

    熊本駅発着列車は、7号は博多駅発が0時15分、2号は熊本駅発が4時43分となっているが、これは九州新幹線鹿児島ルート部分開業以前に運行されていた夜行列車「ドリームつばめ」の名残で、鹿児島ルート全線開業後も、始発駅の発車時刻が新幹線の営業時間(6 - 24時)外であることから、博多駅 - 熊本駅間を運行する在来線特急列車としては1往復だけ存続する形となった。この列車は長洲駅 - 熊本駅間を運行する唯一の定期優等列車ともなっている。有明 (列車) フレッシュアイペディアより)

  • しなの (列車)

    しなの (列車)から見た夜行列車夜行列車

    日中において、JR東日本・JR東海・JR西日本と、本州3社を跨いで運転している唯一の列車であり、夜行列車を含めても、「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」とこの列車のみである。しなの (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄特急史

    近鉄特急史から見た夜行列車夜行列車

    参急線が開通する前から、この系統の湊町駅(現JR難波駅) - 山田駅・鳥羽駅間には準急(快速)・普通列車が設定されていたが、湊町 - 山田間は準急が約5時間、普通が約6時間を要していた。参急線が開業する前の1930年(昭和5年)10月のダイヤ改正ではスピードアップ・増発が行われ、準急列車は2往復で山田方面の前記区間の所要時間は3時間32分 - 41分、昼行の普通列車は2往復で所要時間が5時間8分 - 11分となった。また、この改正時には湊町駅 - 鳥羽駅間に鳥羽行きに限り夜行列車も設定されていて、時刻は湊町発23時45分・山田着5時35分・鳥羽着6時で、湊町 - 山田間の所要時間は5時間50分であった。近鉄特急史 フレッシュアイペディアより)

  • ドリーム号 (東京 - 京阪神)

    ドリーム号 (東京 - 京阪神)から見た夜行列車夜行列車

    首都圏?京阪神地区を結ぶ夜行高速バスは、本家のJR系ドリーム号以外の他社路線バス(関西・関東の大手私鉄系)に加え、近年格安のいわゆるツアーバスの参入もあり、かなりの激戦区となっているが、もともと国鉄の東海道新幹線や在来線夜行列車の補完目的であったドリーム号は、おおむね発車時刻が22時以降(21時台に発車する便もある)と全体的に遅めの設定となっているため、1日の時間を有効に使えるメリットから根強い人気がある。発車時刻が遅くなった背景として、東海道新幹線「のぞみ」や関西国際空港発着便の飛行機が21時台まで運行されているために、この時間帯でもその日のうちに目的地に到達できるようになったことも挙げられる。特に週末(金?日曜日)では予約を取ること自体が困難な盛況ぶりである。ドリーム号 (東京 - 京阪神) フレッシュアイペディアより)

  • 1980年代・1990年代のJRダイヤ改正

    1980年代・1990年代のJRダイヤ改正から見た夜行列車夜行列車

    また、客車急行として残っていた夜行列車の一部が特急に格上げされ、北海道では急行「まりも」が特急「おおぞら」に、九州では急行「かいもん・日南」が特急「ドリームつばめ・ドリームにちりん」に再編された。東京駅発着の寝台特急に連結されていた食堂車は営業を休止した。東海・西日本では普通列車が全面禁煙となった。1980年代・1990年代のJRダイヤ改正 フレッシュアイペディアより)

308件中 31 - 40件表示

「夜行列車」のニューストピックワード