331件中 31 - 40件表示
  • カートレイン

    カートレインから見た夜行列車夜行列車

    1986年、改造されたマニ50形荷物車にオートバイを搬入し、上野駅 - 青森駅間を運行していた夜行急行列車「八甲田」(14系座席車)に連結する形で運転開始。バイク輸送車両は常時2両連結された。通常の急行八甲田は全車普通座席車であるのに対し、MOTOトレイン連結時はMOTOトレイン利用客専用のオハネ14寝台車(3段B寝台)が1両青森側に増結され、他の車両間との連結面扉は施錠されて定期列車利用客とは完全に分離された形で運行した。当初は青函連絡船(石狩丸と檜山丸が使用された)に乗り換える形であったが、青函トンネル開業後は急行「八甲田」の車両をそのまま運転区間を延長する形で、青森駅 - 函館駅間を臨時快速列車「海峡83・84号」と列車名を変えて青函トンネルを通る形を採った(夏季のみの運転であるため北海道雪対策が施されていない14系座席車0番台でも問題なく走行できた)。オートバイ輸送車両は必ず列車最後尾に連結されており、進行方向が変わる青森で列車反対側への連結位置変更が行われた(こちらも青森での停車時間はかなり長めで、当駅で列車種別が変わることもあり、一般の乗客は一旦強制的に全員がホームに降ろされ、長い停車時間を利用した車内整備(清掃)が行われたが、MOTOトレイン利用客はそのまま専用寝台車内で待機できた)。カートレイン フレッシュアイペディアより)

  • オリエント急行

    オリエント急行から見た夜行列車夜行列車

    オリエント急行(オリエントきゅうこう、Orient Express, 初期には )とはヨーロッパの長距離夜行列車、およびこれにちなんで名付けられた列車である。オリエント急行 フレッシュアイペディアより)

  • つがる (列車)

    つがる (列車)から見た夜行列車夜行列車

    急行「津軽」は、1922年(大正11年)3月に上野駅 - 青森駅間を東北本線・奥羽本線経由で結ぶ夜行急行701・702列車が夜行普通703・704・705・706列車とともに新設されたのが起源である。つがる (列車) フレッシュアイペディアより)

  • スターライト釧路号

    スターライト釧路号から見た夜行列車夜行列車

    スターライト釧路号の成功は、夜行急行列車「まりも」を運行する北海道旅客鉄道(JR北海道)にも影響を与え、急行「まりも」は指定席車両を「ドリームカー」としてグレードアップを図った上、割引乗車券「まりもドリームきっぷ」(夜行列車往復割引きっぷ)などの設定も行なった。スターライト釧路号 フレッシュアイペディアより)

  • ニセコライナー

    ニセコライナーから見た夜行列車夜行列車

    6月29日:函館駅 - 旭川駅間に夜行急行列車7・8列車が設定される。ニセコライナー フレッシュアイペディアより)

  • 北斗 (列車)

    北斗 (列車)から見た夜行列車夜行列車

    「たるまえ」は函館駅 - 旭川駅間を函館本線・室蘭本線・千歳線経由で結ぶ夜行準急列車として、1961年(昭和36年)10月1日に運行を開始。1962年(昭和37年)5月1日には運行区間を函館駅 - 札幌駅間に縮小した。北斗 (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 国際列車

    国際列車から見た夜行列車夜行列車

    また国境駅を設けず、もしくは国境駅を通過する列車で、国境から離れたターミナル駅での乗車、下車の際に手続きを行なう例もある。夜行列車で夜間に国境を通過する場合には、車掌がパスポートなど必要書類を預かり乗客が寝ている間に手続きを行なうこともある。国際列車 フレッシュアイペディアより)

  • 有明 (列車)

    有明 (列車)から見た夜行列車夜行列車

    現在のように通勤ライナー的な性格を持った列車となったのは2011年3月12日のダイヤ改正であるが、当時は長洲駅発着が下り3本・上り2本、熊本駅発着が1往復設定されていた。熊本駅発着の1往復は列車は九州新幹線の部分開業以前に運行されていた夜行列車(急行「かいもん」→特急「ドリームつばめ」)の系譜を受け継いだ列車であることによるもので、九州新幹線の全線開業により並行在来線の特急列車はほとんど新幹線に移行したが、この1往復のみは下りが博多駅0時台発、上りが熊本駅4時台発と新幹線の営業時間(6 - 24時)外であることから、熊本駅発着のままで存続していた。熊本駅発着列車は2014年3月15日のダイヤ改正で廃止され、残った5本も2018年3月17日のダイヤ改正で上り1本を除き廃止され、大牟田駅以北のみでの運行となった。有明 (列車) フレッシュアイペディアより)

  • 青列車

    青列車から見た夜行列車夜行列車

    青列車(:ル・トラン・ブルー、:ザ・ブルー・トレイン)は、北フランスのカレーあるいはパリと南フランスのコート・ダジュール(リヴィエラ)地方を結んでいた夜行列車である。青列車 フレッシュアイペディアより)

  • 高速バス

    高速バスから見た夜行列車夜行列車

    特に1985年(昭和60年)に開業した「東京 - 新潟線」は、併走する上越新幹線等の乗客を奪うくらいの路線に成長し、高速バス開業ブームの火付け役の一つとなった。またこの時期は国鉄で夜行列車が削減されていた時代でもあったが、東京池袋?新潟線に対抗して、企画ものの列車として全車指定の臨時快速『ムーンライト』を運転し、安売り切符を発売していった。これが現在の『ムーンライトえちご』である。高速バス フレッシュアイペディアより)

331件中 31 - 40件表示

「夜行列車」のニューストピックワード