308件中 71 - 80件表示
  • エストレーリャ

    エストレーリャから見た夜行列車夜行列車

    エストレーリャ()はレンフェ・オペラドーラによって運行される夜行列車である。エストレーリャとはスペイン語で星を意味する語である。現存するスペイン国鉄によって運行が開始された夜行列車のなかで最も長い歴史を持つが、いくつかの列車は高速鉄道AVEの開業やより格の高い夜行列車であるトレンオテルへの置き換えなどによって廃止されている。エストレーリャ フレッシュアイペディアより)

  • アウクスブルク中央駅

    アウクスブルク中央駅から見た夜行列車夜行列車

    ドイツ鉄道ウルム・ミュンヘン線上にある当駅はICEやインターシティによってミュンヘン、ベルリン、フランクフルト・アム・マイン、ハンブルク、シュトゥットガルトなどドイツ各地の主要都市と結ばれている。またユーロシティや夜行列車でアムステルダムやウィーンなど他のヨーロッパの都市とも結ばれている。また、1日1往復ではあるがミュンヘン中央駅からのTGVが当駅にも停車しパリ東駅まで5時間30分前後で結んでいる。欧州連合の高速鉄道網整備計画の検討路線上にもあるため改良が計画されている。アウクスブルク中央駅 フレッシュアイペディアより)

  • 枡席

    枡席から見た夜行列車夜行列車

    船舶の場合、長距離大量輸送に耐えうるなど成立の事情から運賃の最も安価な座席に設定される場合が多いが、鉄道車両の場合、夜行列車のうち、寝台車の代替として、あるいはジョイフルトレインの1形態である畳敷きの「お座敷列車」の畳や、カーペットに変えたものも指し、この場合、列車の設定によるため、必ずしも乗車時に必要な最低運賃・料金ではなく、別に料金を課す場合が多い。枡席 フレッシュアイペディアより)

  • 高速はこだて号

    高速はこだて号から見た夜行列車夜行列車

    1986年10月31日限りで函館本線の普通夜行列車が廃止されたことから、札幌と函館を結ぶ夜行の公共交通機関としては唯一の手段となった。その後、北海道旅客鉄道(JR北海道)では、1988年より夜行快速列車「ミッドナイト」の運行を開始した。「ミッドナイト」では普通座席車だけではなく、バスでは法規上不可能な「カーペットカー」を連結するなど、オーロラ号を意識した施策を行なった。高速はこだて号 フレッシュアイペディアより)

  • オーステンデ・ウィーン急行

    オーステンデ・ウィーン急行から見た夜行列車夜行列車

    2003年冬ダイヤ改正(12月14日)でドナウワルツァーは廃止された。この改正により、ベルギー国内を起終点とする夜行列車は一旦全廃された。なお同改正では代替としてデュッセルドルフ - ウィーン間のユーロナイトが新設されており、この列車は2012年ダイヤ(2011年12月改正)でもケルン - ウィーン間の列車として存続している。オーステンデ・ウィーン急行 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟車両センター

    新潟車両センターから見た夜行列車夜行列車

    過去には北越急行ほくほく線に乗り入れる特急「はくたか」や新潟・金沢駅 - 大阪駅間の北陸本線、湖西線特急「雷鳥」や大阪駅 - 青森駅間の日本海縦貫線の特急「白鳥」、その間合い運用として米原駅 - 大阪駅間のびわこライナー(以上はいずれも9両編成のT1 - T8編成およびR1、R2編成)、東日本では新宿 - 黒磯・郡山・会津若松間の快速「フェアーウェイ」、上野駅 - 金沢駅間の臨時夜行急行「能登」及び間合い運用で「ホームライナー鴻巣3号」・「ホームライナー古河3号」(以上はいずれもK1、K2、T18編成、稀にR26、R27編成)での運用実績がある。新潟車両センター フレッシュアイペディアより)

  • 采谷義秋

    采谷義秋から見た夜行列車夜行列車

    1967年4月、日本体育大学卒業後、かねてからの念願どおり高校教師となり帰郷。広島県立竹原高校に教諭として赴任。高校陸上部の監督を務めながら自身も競技を続け、各地のマラソン大会に出場し重厚なフォームでタイムを短縮した。半日で授業が終わる土曜日、勤務先の竹原から自宅まで約40キロを走って帰宅、毎朝8キロのジョギングを欠かさず、放課後も指導する陸上部員とともに走り込んだ。県内に出張すれば帰路は可能な限り走ったという。体育教諭として働き始めて1ヶ月余りで出場した第23回毎日マラソン(現びわ湖毎日マラソン)で6位。夜行列車で滋賀から広島に戻り翌日は授業に出たという。しかし、この年末の国際マラソン・レース直後から"世界のランナー・采谷"の栄光と悲劇への道がはじまる。メキシコオリンピックへの指定レース一つ目の1967年12月、第21回国際朝日マラソンで6位。デレク・クレイトンが史上初めて2時間10分の壁を破ったレースで、一気に自己記録を7分以上も縮め、代表争いに加わる。翌1968年2月、指定レース二つ目の第17回別府大分毎日マラソンでは40キロで君原健二を抜き佐々木精一郎に次ぎ2位。この別府大分毎日マラソンの後、日本陸連のマラソン部会が「指定レース三つ目の第23回びわ湖毎日マラソン終了後、日本代表3選手と補欠1人の計4人を決める」と発表。そのびわ湖毎日マラソンで采谷は、1位宇佐美彰朗に次ぎ2位となった(3位君原)。びわ湖毎日マラソン終了後、日本陸連のマラソン部会が主体の選考委員会は、もめにもめ、佐々木精一郎、宇佐美彰朗、君原健二の3人が正選手、采谷は補欠とした。しかし理事会がこれを承認せず、「4人とも同格の代表で、正補欠は7月の富士山合宿のレースで決める」と決定。理事会が選考委の決定をくつがえした理由は采谷の扱いだった。采谷は君原に二度勝っているから、君原の方が補欠にまわるのが自然だが、君原のコーチ・高橋進がマラソン部会の中でも特に発言力が強く、「佐々木、宇佐美、君原の3人にはマンツーマンのコーチがいるのに采谷にコーチはいない」「采谷や新人で伸び盛りの魅力はあるが、メキシコで走った経験がない。一方の君原は現在より向上は望めないが、メキシコ4回遠征の経験があり、空気の希薄なメキシコシティでのマラソンは、高地マラソンを体験した君原が有利。キャリアを誇るベテランを一枚加えることが絶対条件である」などと強力に君原を推したといわれる。不可解な代表選考に母校の日体大も立ち上がり「君原がウインザー・マラソン(英国)に出るなら、采谷も派遣して二人を対決させてくれ」と掛け合うが陸連は了承せず。さらに、「7月の富士山合宿のレースで正補欠を決める」としていたのに「エントリー締め切り日(競技3日前)にもっとも調子のいい選手を出す」と方針を変えた。このような決定は補欠の采谷に大きな心理的負担となった。マラソンコーチには貞永信義が付いたのだが、貞永が浮き上がり、佐々木、宇佐美、君原の各コーチが自分たちのスケジュールで練習をやらせ、選手同志は口もきかない状態となった。采谷は7月のメキシコ遠征中にあった30キロと5000メートルマラソンで、それぞれ5位、9位と成績が振るわず、高地の順応性が遅いとの理由で、日本陸連は7月24日、采谷を補欠とする最終決定を発表した(オリンピックマラソン代表の選考事情)。選考レースだったはずの3レースの成績は、完全に無視された。また、当初メキシコには4人を派遣するとしていたが、2月開催のグルノーブルオリンピックで日本人選手が不振だったために、全種目に少数精鋭主義が唱えられ、最終合宿で正3選手の故障が無ければ、采谷はメキシコに派遣しない、と決まり完全に代表から外された。選考会でタイムが采谷より下だった君原健二が代表に選ばれ、君原はオリンピック本番で銀メダルを獲得した。采谷は多くの同情を集め"悲運のランナー"などと呼ばれたが、その後もコーチに付かず独力でマラソンに取り組む。采谷義秋 フレッシュアイペディアより)

  • カニ族

    カニ族から見た夜行列車夜行列車

    また1970年代以前の国鉄線では、東京から東北方面に、関西から九州・北陸方面等に直通する長距離夜行急行列車が盛んに運行され、北海道内や九州島内のみを往来する夜行急行列車・普通列車も多かった。それらのほとんどが、周遊券で利用可能な自由席の普通車を連結していたのである。カニ族 フレッシュアイペディアより)

  • 座席指定席

    座席指定席から見た夜行列車夜行列車

    JRの快速・普通列車は原則的に普通車自由席のみであり、グリーン車連結でも普通車・グリーン車ともに全車全席自由席となっている列車が多いながら、快速・普通列車でも、蒸気機関車牽引列車(SL列車)などの観光・レジャー目的の列車、優等列車同様に中距離以上の都市間輸送を担う列車、新幹線接続の列車、夜行列車などでは、グリーン車全席と普通車の一部を座席指定にしている列車があるほか、普通車のみの列車でも全車全席または一部を座席指定にしている列車がある。全席指定の例は「ムーンライトながら」(夜行)や「SLやまぐち号」(観光目的)など、一部指定は「マリンライナー」(都市間輸送・新幹線接続)などが挙げられる。座席指定席 フレッシュアイペディアより)

  • ボート・トレイン

    ボート・トレインから見た夜行列車夜行列車

    1912年(明治45年)6月15日に下りは夜行急行列車、上りは特別急行列車に東京駅 - 米原駅間で併結される形によって運行が開始された。しかし第一次世界大戦やロシア革命、シベリア出兵などの影響で運行はまもなく休止になった。ボート・トレイン フレッシュアイペディアより)

308件中 71 - 80件表示

「夜行列車」のニューストピックワード