331件中 71 - 80件表示
  • ユーロナイト

    ユーロナイトから見た夜行列車夜行列車

    ユーロナイト (EuroNight 略称・EN)は、ヨーロッパ各国間を結ぶ夜行列車ネットワークである。ユーロナイト フレッシュアイペディアより)

  • 高速はこだて号

    高速はこだて号から見た夜行列車夜行列車

    1986年10月31日限りで函館本線の普通夜行列車が廃止されたことから、札幌と函館を結ぶ夜行の公共交通機関としては唯一の手段となった。その後、北海道旅客鉄道(JR北海道)では、1988年より夜行快速列車「ミッドナイト」の運行を開始した。「ミッドナイト」では普通座席車だけではなく、バスでは法規上不可能な「カーペットカー」を連結するなど、オーロラ号を意識した施策を行なった。高速はこだて号 フレッシュアイペディアより)

  • オーステンデ・ウィーン急行

    オーステンデ・ウィーン急行から見た夜行列車夜行列車

    2003年冬ダイヤ改正(12月14日)でドナウ・ワルツァーは廃止された。この改正により、ベルギー国内を起終点とする夜行列車は一旦全廃された。なお同改正では代替としてデュッセルドルフ - ウィーン間のユーロナイトが新設されており、この列車は2012年ダイヤ(2011年12月改正)でもケルン - ウィーン間の列車として存続している。オーステンデ・ウィーン急行 フレッシュアイペディアより)

  • チリ国鉄の電車

    チリ国鉄の電車から見た夜行列車夜行列車

    1973年に日本から24両が輸出された特急電車である。川崎重工業で16両、日立製作所で8両が製造された。後述するAELとともに、輸出の仲介役となった商社である日商岩井(当時)が現地ではメーカー名だと誤解される場合がある。編成は日本国有鉄道式にいうとMc+T+T'+Mcの4両編成で、T'車はバーつきサロン車となっている。座席は日本の国鉄電車のグリーン車並みの5段リクライニングシートで、足掛けもついている。サロン車には本格的な厨房もあり、また同車の客室には座席が向かい合う中央に取り外し可能なテーブルを設置できる。客室側面の窓は二重の大窓で、ベネシャンブラインドを内蔵する(ただし末期には撤去された)。水洗便所は循環式である。客室天井の蛍光灯はグローブに覆われているが、予備の白熱灯を備えており、夜行列車での運用にも適応する。前面窓上部には竣工当時には方向幕があり、広報用の写真にはバルパライソの字幕を出しているものもあるが、サンティアゴとバルパライソとの間には現在は旅客列車は運行されていない。方向幕は後に埋められてそこに編成番号が表記されるようになった。気笛は低音かつ和音のホーンである。パンタグラフは菱形の大柄なものが両先頭車に各1基取り付けられているが、普段は進行方向の1基のみ上げて使用する。コイルバネ式の台車は、電動台車の場合重量が1台10tを超えるというもので、剛性は高い。広軌のスペース上の制約ゆえか、揺れ枕吊りが台車枠の内側にある。2001年にはサンチャゴとチヤンの間の軌道改良が完成し、本来の乗り心地を取り戻したが、同じ頃UTS-444が導入されてからは、しばらくは主に夜行列車に充当された。何度か車体改修を経ている。夜行列車も廃止になると予備車の扱いとなり、2010年には営業運行を退いた。チリ国鉄の電車 フレッシュアイペディアより)

  • 二重橋爆弾事件 (1924年)

    二重橋爆弾事件 (1924年)から見た夜行列車夜行列車

    金は風呂敷に手榴弾3つと拳銃、船内で喰うための食パンを大量に包んで、天城丸の下級船員黒島星径、小林貫一、小林開の3名にこの風呂敷包みに阿片が入っていると嘘を言い、内地に連れて行ってくれれば多額の謝礼金を払うと言い含めて、船底に潜んで前年12月22日に乗船。ところがこの船が各地に寄港している間に、食パンを食い尽くしてしまい、1月3日に門司港に着いて密かに上陸し、宿屋に入ったときには阿片だという風呂敷包みを持っていなかった。3名は不審に思い、金が入浴時に衣服を探ると、ポケットから手榴弾と拳銃が見つかった。入浴から戻った金は3名の様子がおかしいのをみて、見られたと思い激怒。物凄い剣幕であったので、3名は恐れて逃げ出した。金はすぐに通報されると思い、急ぎ夜行列車に乗って東京に行き、到着した5日の日暮れをまって決行するつもりであったが、このときに警邏に発見されて露見した。二重橋爆弾事件 (1924年) フレッシュアイペディアより)

  • 名士列車

    名士列車から見た夜行列車夜行列車

    戦前では、東海道本線を走行した特別急行列車1・2列車→(のちに「富士」)や東京駅〜大阪駅間を運行した夜行急行17・18列車がそう言われる。とりわけ寝台車が一等車、二等車にのみ設定されていた関係もあるが、小市民には縁のない一等車、二等車で構成されていることから、いわゆる名士と称された富裕層や華族、国会議員や地方財界の大物が多数乗り合わせる機会も多くなっていた。名士列車 フレッシュアイペディアより)

  • だんだん山陰号

    だんだん山陰号から見た夜行列車夜行列車

    だんだん山陰号(だんだんさんいんごう)は西日本旅客鉄道(JR西日本)の山陰本線松江駅 - 安来駅間開業100周年の記念事業の一つとして、2008年(平成20年)11月7、9日に京都駅 - 松江駅間を山陰本線経由で運行した臨時急行列車である。この列車は1985年(昭和60年)まで京都駅 - 出雲市駅間で運行していた夜行普通列車「山陰」のリバイバルトレインである。だんだん山陰号 フレッシュアイペディアより)

  • フランスの鉄道

    フランスの鉄道から見た夜行列車夜行列車

    1980年代、ヨーロッパ国際特急列車TEEが航空との競争に敗れて廃止されたが、その後、ユーロスター(イギリス方面)、タリス(ベルギー、オランダ、ドイツ方面)、リリア(スイス方面)などのTGV方式による国際列車の導入により、鉄道は一定のシェアを確保している。またスペイン、イタリア、ドイツ方面への夜行列車も運行されている。フランスの鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • ムーンライト仙台・東京

    ムーンライト仙台・東京から見た夜行列車夜行列車

    ムーンライト仙台(ムーンライトせんだい)およびムーンライト東京(ムーンライトとうきょう)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が全車座席指定席で東京駅 - 仙台駅間を京葉線・武蔵野線・東北本線経由で運行していた臨時夜行快速列車の名称。当列車は、上り東京行きが「ムーンライト東京」、下り仙台行きが「ムーンライト仙台」と、上下でそれぞれ列車名が異なる特徴的な列車だが、本項では両列車について詳述する。ムーンライト仙台・東京 フレッシュアイペディアより)

  • カントリーリンク

    カントリーリンクから見た夜行列車夜行列車

    XPTにはエコノミークラスとファーストクラスの座席のほかに夜行便のために2人用個室寝台がある。ファーストクラスの座席のピッチやリクライニングはエコノミークラスより大きい。全席が進行方向を向いており、4人グループ用に回転させることもできる。調節可能な肘掛け、折りたたみ式テーブル、スプリング式フットレストが全席に付いているのが特徴である。寝台車は2人用個室になっており定員は18名である。トイレとシャワールームが個室の間にある。洗面用具、タオル、リネン、夕食、朝食は寝台料金に含まれている。昼行便では寝台車は個室が3人用のファーストクラスの座席に変わり、家族や少人数のグループに適している。カントリーリンク フレッシュアイペディアより)

331件中 71 - 80件表示

「夜行列車」のニューストピックワード