159件中 21 - 30件表示
  • 夜行列車

    夜行列車から見たゴールデンウィーク

    快速夜行列車(通称ムーンライト○○)は、青春18きっぷを使えば、夜行路線バス・ツアーバスよりも、唯一価格優位性がある安価な移動手段であることから、普通(快速)列車乗り放題の青春18きっぷが発売される期間である学校の春休みや、夏休み、冬休みの時期等の多客期に運行される東京圏発着の「ムーンライトえちご」・「ムーンライトながら」・「ムーンライト信州」などの臨時列車は人気を博している。しかし、そのほかのムーンライトシリーズは、乗車率の低下とともに廃止された。バスよりも運賃が高くなるが、ゴールデンウィークにも臨時運行されることがある。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見たモスクワ

    ロシアは圧倒的に広大な国土であるために、夜行列車が頻繁に運行され、9297kmのシベリア鉄道にモスクワ?ウラジオストクまで超長距離列車の『ロシア号』がある。またロシアの夜行列車はヨーロッパ、CIS、モンゴル、中華人民共和国、朝鮮民主主義人民共和国とも直通運転している。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見た新聞

    これは荷物輸送・郵便輸送にも当てはまり、1970年代までは主な幹線の夜行急行列車・普通列車に荷物車・郵便車を連結し、旅客とともに新聞の朝刊などの小荷物や郵便物を輸送していた。そのため、1970年代?80年代には郵便荷物専用の夜行列車が多く運行されていた。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見た女性専用車

    これら寝台列車を取り巻く厳しい状況の中、JR各社は、開放型だった寝台の個室化や女性専用車連結により、プライバシーへの配慮を図るなど質的改善を進めて集客に努めている。一部の列車では、グリーン車に匹敵する設備をグリーン料金を徴収せず普通車扱いで安価に提供するサービスが行われ、利用者の選択肢を広げている。この例としては、「はまなす」の普通車座席指定席として設定されている「ドリームカー」がある。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見た高等学校

    また、以前は中学校・高校の修学旅行においても夜行列車や寝台列車が利用されるケースが多々あったが、新幹線の延伸・高速化、昼行特急列車の利用に伴う昼間移動への移行、1990年代以降に公立学校においても航空機の利用が解禁されたことによる空路利用への転移、海外への修学旅行の増加などの理由により、近年では修学旅行に夜行列車・寝台列車が利用されることは、よほどの行程上の事情が無い限りなくなっている。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見たユーロ

    ヨーロッパの多くの国の国内夜行列車は、廉価な長距離列車として運転されている列車が少なくない。こうした夜行列車はクシェット(Couchette)と呼ばれる簡易寝台車を連結している。クシェットの寝台料金は20ユーロ弱と極めて安価であり、庶民の気軽な長距離旅行手段として親しまれている。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見た近畿地方

    また関東 - 北海道を結ぶ「北斗星」・客車を新造した「カシオペア」や、近畿 - 北海道を結ぶ「トワイライトエクスプレス」のように、個室寝台を基本とし食堂車でディナーを提供する等の豪華な設備やサービスによって、乗車すること自体を鉄道旅行の目的としたり、車両全体を新造し、従来の客車寝台から、機関車を接続しない電車寝台列車とし、やはり個室寝台を基本として快適性を高めて集客に努めている関東 - 山陰・四国を結ぶ「サンライズ出雲・瀬戸」もある。また関東?東北日本海側を結ぶ「あけぼの」にも開放式寝台と共に、A個室寝台・B個室寝台の車両が併結されている。さらにJR九州においても2013年10月15日から、九州を一周する豪華寝台列車「ななつ星in九州」が運行される予定である。「ななつ星in九州」の旅行代金は1泊2日の最低料金で15万円(車中泊 2名1室 スイート)、車中で1泊、旅館に1泊する2泊3日の最高料金は95万円(1名1室 DXスイートA+旅館宿泊代金)と設定されている。また「ななつ星in九州」はどの設定コースも、発駅と着駅が共に博多駅であり、他の列車のように、都市間や地方間の移動手段としての要素はまったくなく、純粋に九州を周遊する観光旅行を豪華寝台列車を楽しむ旅行商品(パッケージツアー)という形であり、費用も「運賃+料金」ではなく、「旅行代金」である。従って本列車は団体専用列車の扱いとなる。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見た2009年

    2009年3月14日のダイヤ改正により、東京駅発着の九州方面を結ぶ寝台特急「富士」・「はやぶさ」が廃止され、夜行快速「ムーンライトながら」「ムーンライトえちご」が臨時列車へ格下げされた。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見たアムトラック

    アメリカ合衆国は、その国土の広さから、長距離列車のほとんどは夜行列車である。かつては大量の夜行列車が運行されていたが、現在では国内の移動の主流が飛行機となってしまったためにその本数を大きく減らしている。アメリカには複数の鉄道会社が存在するが、夜行列車はアムトラック(全米旅客鉄道公社)が運行する。しかし、その本数はそれほど多くない。夜行列車は毎日、もしくは週3日運行され、全行程は2日(1泊2日)から長いものでは4日(3泊4日)を要するものまでさまざまである。座席車のみの列車も存在するが、多くは寝台車と座席車を併結し、主に観光客を対象としている。欧米の他の長距離路線同様、ダイヤは乱れやすく、単線区間でのすれ違いや車両到着の遅れからくる時間の運行の乱れが大きいため、ビジネス目的の移動には適さない。寝台車の場合、食事料金は料金に含まれており、乗車区間によって数回の食事が供される。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見たオーストリア鉄道

    ヨーロッパの夜行列車は、それぞれの国の国内列車と国際夜行列車の二つに大別される。鉄道が民営化し、夜行列車運行の独立会社が設立された関係もあり、サービスの質はさまざまである。たとえば、ドイツ鉄道やオーストリア鉄道ではウェルカムドリンクおよび朝食は料金に含まれるが、イタリア国鉄では朝食は別料金となる。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

159件中 21 - 30件表示

「夜行列車」のニューストピックワード