240件中 41 - 50件表示
  • 夜行列車

    夜行列車から見た青い森鉄道

    新幹線(整備新幹線)の開業により、並行在来線はJRから経営が切り離されて第三セクター鉄道会社へ移管され、夜行列車の廃止が相次いだ。西鹿児島駅まで運行されていた「なは」は、九州新幹線開業に際して転換された肥薩おれんじ鉄道に乗り入れを行わず、熊本駅までに運行短縮し、さらにその4年後には廃止された。上野駅から青森駅を東北本線経由で運行されていた「はくつる」も、東北新幹線の盛岡 - 八戸間開業時の2002年11月に廃止されている。この際経営分離されたIGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道には「北斗星」「カシオペア」が夜行(準)定期列車として乗り入れていたが、それぞれ2015年、2016年に廃止された。「能登」は北陸新幹線(高崎 - 長野間)先行開業時に並行在来線が横川 - 軽井沢間で第三セクターに移管することなく廃線されたために上越線経由に変更されている。このほか、「トワイライトエクスプレス」は北陸新幹線開業に際して移管する第三セクターに乗り入れることなく廃止された。九州内の周遊列車である「ななつ星in九州」は2013年10月の運転開始時は、第三セクターの肥薩おれんじ鉄道線を避けて肥薩線経由での運行となった。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見たエアアジア

    また、東南アジア各国でも夜行列車が運転されているが、高速道路網の整備が進んでいるタイやマレーシアでは、高速道路を利用する高速バスが便数、所要時間において有利に立っている。また島国のインドネシアやフィリピンでは、鉄道網が脆弱なこともあり夜行列車のシェアは少ない。さらにこれらの国において近年ではエアアジアやタイガーエア、ノックエアなどの格安航空会社との競争にもさらされている。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見た肥薩おれんじ鉄道

    新幹線(整備新幹線)の開業により、並行在来線はJRから経営が切り離されて第三セクター鉄道会社へ移管され、夜行列車の廃止が相次いだ。西鹿児島駅まで運行されていた「なは」は、九州新幹線開業に際して転換された肥薩おれんじ鉄道に乗り入れを行わず、熊本駅までに運行短縮し、さらにその4年後には廃止された。上野駅から青森駅を東北本線経由で運行されていた「はくつる」も、東北新幹線の盛岡 - 八戸間開業時の2002年11月に廃止されている。この際経営分離されたIGRいわて銀河鉄道と青い森鉄道には「北斗星」「カシオペア」が夜行(準)定期列車として乗り入れていたが、それぞれ2015年、2016年に廃止された。「能登」は北陸新幹線(高崎 - 長野間)先行開業時に並行在来線が横川 - 軽井沢間で第三セクターに移管することなく廃線されたために上越線経由に変更されている。このほか、「トワイライトエクスプレス」は北陸新幹線開業に際して移管する第三セクターに乗り入れることなく廃止された。九州内の周遊列車である「ななつ星in九州」は2013年10月の運転開始時は、第三セクターの肥薩おれんじ鉄道線を避けて肥薩線経由での運行となった。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見た山陽鉄道

    日本では、全国の鉄道網が一通り完成した明治時代中期以降に夜行列車が運行されるようになった。当時の長距離列車は昼夜を問わず走らないと目的地に到着しないものであり、必然的に夜行列車となった。当初は座席車のみによる運転であったが、1900年に山陽鉄道(現在の山陽本線などを運営)が日本で初めて寝台車の提供を行った。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見たVIA鉄道

    カナダではアメリカのアムトラックに相当するVIA鉄道が夜行列車を運行している。運行形態はアメリカと似ているが、二大都市圏であるトロントとモントリオールを結ぶ夜行列車ではビジネス客を意識したサービスを提供している。カナダの長距離夜行列車の特徴として、大部分が新車に置き換わったアメリカのアムトラックと異なり、大陸横断路線のカナディアン号などに使われる1954年バッド社製パーク・カーのような、北米の旅客鉄道全盛期に活躍した古い流線形客車が改修されつつも今なお第一線で使用されていることが挙げられる。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見たバッド社

    カナダではアメリカのアムトラックに相当するVIA鉄道が夜行列車を運行している。運行形態はアメリカと似ているが、二大都市圏であるトロントとモントリオールを結ぶ夜行列車ではビジネス客を意識したサービスを提供している。カナダの長距離夜行列車の特徴として、大部分が新車に置き換わったアメリカのアムトラックと異なり、大陸横断路線のカナディアン号などに使われる1954年バッド社製パーク・カーのような、北米の旅客鉄道全盛期に活躍した古い流線形客車が改修されつつも今なお第一線で使用されていることが挙げられる。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見たカシオペア (列車)

    1990年代から2000年代にかけて、夜行列車は相次いで廃止され、急速に淘汰されていった。その一方で、「北斗星」・「カシオペア」や「トワイライトエクスプレス」といった本州と北海道とを結んだ寝台列車のように食堂車でのフルコースディナー等のサービス提供を行う列車や、東京 - 山陰・四国を結ぶ「サンライズ出雲・瀬戸」のように個室寝台を基本として快適性を高めた列車など、乗車自体を鉄道旅行の目的とする列車が人気を博した。しかし、「サンライズ瀬戸・出雲」以外の列車は車両の老朽化、北海道新幹線開業後は青函トンネル利用時の専用機関車を新造しないことなどを理由に臨時列車化ないしは廃止されることが報道された。結局、「トワイライトエクスプレス」は2015年3月12日発をもって廃止、「北斗星」は臨時列車化のち青函トンネルの新幹線対応工事に伴い札幌2015年8月22日発をもって廃止、「カシオペア」も札幌2016年3月20日発をもって廃止となった。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見たあけぼの (列車)

    鳥海 [急]・[特]夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見た普通列車

    なお、1980年代前半までは主要幹線で夜行普通列車も多く運転されており、寝台車が連結された列車もあった。これらの列車は並行する優等列車を補完するほか、重要な使命として新聞(特に朝刊)輸送を行った。通信手段が未発達だった当時、都心で印刷された新聞は荷物車により輸送され、未明の各駅に降ろされ直ちに新聞販売店を経て、各家庭に配達された。また郵便物についても郵便車による輸送が行われた。現在この輸送は、トラック・航空貨物に取って代わられた。夜行普通列車は、1999年に紀勢本線夜行普通列車「2921M」が新大阪 - 新宮間から紀伊田辺までに短縮されて以降、定期運行されていない。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見た姫路駅

    夜行の電車急行 : 大阪・姫路行3往復、大垣行1往復夜行列車 フレッシュアイペディアより)

240件中 41 - 50件表示

「夜行列車」のニューストピックワード