159件中 81 - 90件表示
  • 夜行列車

    夜行列車から見たユーロナイト

    飛行機の普及以降、1980年代までは夜行列車の食堂車のサービスは削減される一方であったが、1990年代以降はユーロナイトなど復活の傾向も見られ、ドイツ国内やドイツと周辺各国を結ぶシティナイトライン、オリエント急行などの夜行列車や、フランスとイタリア(アルテシアナイト)・スペイン(タルゴ・トレンホテル)を結ぶ夜行列車では、食堂車やビュッフェ車の連結が見られる。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見た食堂車

    また関東 - 北海道を結ぶ「北斗星」・客車を新造した「カシオペア」や、近畿 - 北海道を結ぶ「トワイライトエクスプレス」のように、個室寝台を基本とし食堂車でディナーを提供する等の豪華な設備やサービスによって、乗車すること自体を鉄道旅行の目的としたり、車両全体を新造し、従来の客車寝台から、機関車を接続しない電車寝台列車とし、やはり個室寝台を基本として快適性を高めて集客に努めている関東 - 山陰・四国を結ぶ「サンライズ出雲・瀬戸」もある。また関東?東北日本海側を結ぶ「あけぼの」にも開放式寝台と共に、A個室寝台・B個室寝台の車両が併結されている。さらにJR九州においても2013年10月15日から、九州を一周する豪華寝台列車「ななつ星in九州」が運行される予定である。「ななつ星in九州」の旅行代金は1泊2日の最低料金で15万円(車中泊 2名1室 スイート)、車中で1泊、旅館に1泊する2泊3日の最高料金は95万円(1名1室 DXスイートA+旅館宿泊代金)と設定されている。また「ななつ星in九州」はどの設定コースも、発駅と着駅が共に博多駅であり、他の列車のように、都市間や地方間の移動手段としての要素はまったくなく、純粋に九州を周遊する観光旅行を豪華寝台列車を楽しむ旅行商品(パッケージツアー)という形であり、費用も「運賃+料金」ではなく、「旅行代金」である。従って本列車は団体専用列車の扱いとなる。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見た団体専用列車

    また関東 - 北海道を結ぶ「北斗星」・客車を新造した「カシオペア」や、近畿 - 北海道を結ぶ「トワイライトエクスプレス」のように、個室寝台を基本とし食堂車でディナーを提供する等の豪華な設備やサービスによって、乗車すること自体を鉄道旅行の目的としたり、車両全体を新造し、従来の客車寝台から、機関車を接続しない電車寝台列車とし、やはり個室寝台を基本として快適性を高めて集客に努めている関東 - 山陰・四国を結ぶ「サンライズ出雲・瀬戸」もある。また関東?東北日本海側を結ぶ「あけぼの」にも開放式寝台と共に、A個室寝台・B個室寝台の車両が併結されている。さらにJR九州においても2013年10月15日から、九州を一周する豪華寝台列車「ななつ星in九州」が運行される予定である。「ななつ星in九州」の旅行代金は1泊2日の最低料金で15万円(車中泊 2名1室 スイート)、車中で1泊、旅館に1泊する2泊3日の最高料金は95万円(1名1室 DXスイートA+旅館宿泊代金)と設定されている。また「ななつ星in九州」はどの設定コースも、発駅と着駅が共に博多駅であり、他の列車のように、都市間や地方間の移動手段としての要素はまったくなく、純粋に九州を周遊する観光旅行を豪華寝台列車を楽しむ旅行商品(パッケージツアー)という形であり、費用も「運賃+料金」ではなく、「旅行代金」である。従って本列車は団体専用列車の扱いとなる。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見たモントリオール

    カナダではアメリカのアムトラックに相当するVIA鉄道が夜行列車を運行している。その形態はアメリカと似ているが、二大都市圏であるトロントとモントリオールを結ぶ夜行列車ではビジネス客を意識したサービスを提供している。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見た国鉄EF81形電気機関車

    かつては寝台車が連結される普通(快速)列車もあったが、1985年(昭和60年)までに全廃されており、現在運転されている寝台列車において、長期的な夜行列車の衰退状況から、国鉄分割民営化後は専用の新車を投入した列車は客車は14・24系の後継となるE26系を用いた「カシオペア」、電車は285系の「サンライズ出雲」・「サンライズ瀬戸」のみとなっている。また、夜行列車に使用される車両の多くは国鉄時代の1970年 - 80年代に製造されたものであり、老朽化が進んでいる。夜行列車は電車を使用する「ムーンライト」の3列車とサンライズ出雲・瀬戸以外は、機関車牽引の客車列車であり、機関車の新型車両への置き換えは、カシオペア・北斗星を牽引していたJR東日本のEF81形電気機関車が、2010年夏以降EF510形電気機関車へ置き換えられたが、「はまなす」「あけぼの」「トワイライトエキスプレス」「日本海」の機関車は新型車両へ置き換えられていない。なお、夜行快速列車「ムーンライト」を冠に掲げる3列車には、183系特急形電車や、485系特急形電車が使用されることが多い。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見た鉄道の電化

    日本では、全国の鉄道網が一通り完成した明治時代中期以降に、夜行列車が運行されるようになった。単線非電化の路線が多く、列車の速度も低かった1960年代前半(昭和30年代)頃までは夜間に出発して翌々日(すなわち車中2泊3日、運転時間30時間以上)に終点に到着する列車もあったが、電化や線路・車両改良などによるスピードアップが図られた昭和40年代以降は、運転時間は長くとも28時間程度に抑えられ、車中1泊の行程で運行する列車のみになった。現在の夜行列車の運転時間は、ムーンライト3列車の6時間からトワイライトエクスプレスの23時間程度とかなり差があるが、車両の更新により、表定速度の高速化は図られている。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見たイタリア

    飛行機の普及以降、1980年代までは夜行列車の食堂車のサービスは削減される一方であったが、1990年代以降はユーロナイトなど復活の傾向も見られ、ドイツ国内やドイツと周辺各国を結ぶシティナイトライン、オリエント急行などの夜行列車や、フランスとイタリア(アルテシアナイト)・スペイン(タルゴ・トレンホテル)を結ぶ夜行列車では、食堂車やビュッフェ車の連結が見られる。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見たユーロラインズ

    ヨーロッパでは、高速夜行バスが日本ほど発達していないために、現在も夜行列車が多く運行されている。多くの国が陸続きにあり、かつそれぞれの国があまり大きくないという地理的事情から、国際夜行列車も多い。ほとんどの夜行列車には寝台車と座席車の双方が連結されている。利用者は観光旅行者およびビジネス客の双方にわたる。国際夜行列車の場合には、乗車時に車掌がパスポートを回収し、夜中の出入国手続きを旅客に代わって行い、翌朝の国境通過後に返却する。EUに加盟している国の間ではパスポートの回収はない。区間設定は大都市を結び、実際の走行距離があまり長くない場合もある。その場合国境付近の町で時間調整のため長時間停車することが多い。ちなみに、国際夜行バスとしてユーロラインズ社のネットワークはあるが、国内完結の夜行バスは少ない。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見たあおもり (列車)

    また、臨時列車においても臨時「北斗星」や「エルム」、「サンライズゆめ」、「あおもり」、「まりも」、「能登」といった列車が近年では設定されなくなり、2012年現在では「カシオペア」、「トワイライトエクスプレス」、「日本海」、「きたぐに」を除いて臨時寝台列車は設定されていない。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

  • 夜行列車

    夜行列車から見た大韓民国

    韓国では主要幹線に夜行列車(ムグンファ号車両使用)が運行されている。国土面積の関係で国内移動の際の移動距離が概ね500km以内であり、運転時間が短いため、座席車が主体である。なお、近年まで寝台車を連結した列車が存在したが、昼行列車の高速化に伴って需要が減少したため、一部の特設列車を除いて全廃されている。夜行列車 フレッシュアイペディアより)

159件中 81 - 90件表示

「夜行列車」のニューストピックワード