前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示
  • 2011年の日本競馬

    2011年の日本競馬から見た大久保洋吉大久保洋吉

    第2回小倉競馬第1日目第12競走(サラ系4歳以上500万円以下混合、芝1200m)で第2位に入線したメジロガストン(牡6歳、美浦:大久保洋吉厩舎)に騎乗した黛弘人が最終直線の決勝線手前で馬の追い出しを緩めたと見なされ、競走終了後の審議でパトロールフィルムなどを検証した結果、騎手としての義務を怠ったとして、JRAは黛に対して2月27日から3月28日まで30日間(開催日9日間)の騎乗停止処分を科した。2011年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本競馬

    2010年の日本競馬から見た大久保洋吉大久保洋吉

    4日 - 【JRA】 第3回中山競馬第4日目第6競走(サラ系3歳500万円以下混合、芝1600m、14頭立て)で、吉田豊騎乗の8番人気シーマークが1着となり、管理する大久保洋吉調教師(美浦)は史上31人目、現役では5人目の通算800勝を達成した。2010年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • オキノサキガケ

    オキノサキガケから見た大久保洋吉大久保洋吉

    1980年10月に福島競馬場でデビューし6着。その後翌1981年5月の芝2000m戦で16戦目にして初勝利を挙げた。その後、6月より大久保末吉厩舎から息子の大久保洋吉厩舎に転厩、さらに1982年3月より佐藤林次郎厩舎に移った。同年7月までに400万以下の競走を22戦したが勝利を挙げられず、8月より障害競走に転向した。オキノサキガケ フレッシュアイペディアより)

  • 松本ヒロシ

    松本ヒロシから見た大久保洋吉大久保洋吉

    入社後、しばらくの間「覆面トラックマン」として活躍し(実際『スーパー競馬』等の競馬番組に覆面を被った状態で出演したこともある)、後に現在の名前で活動するようになった。軽妙な語り口と、人あたりのよい笑顔での予想は説得力がある。また藤沢和雄調教師担当(藤沢番)としても有名である。その信頼関係は特別なものがあり、藤沢厩舎の馬がG1で敗退したときに「藤沢厩舎G1○連敗中」というFAXを送るくらいのものである。(もちろん冗談で悪意はない)現在はトラックマンの他に後藤浩輝騎手の騎乗依頼仲介者も務める。また、大久保洋吉厩舎担当であるため吉田豊騎手とも親交があり、かつては競馬エイト紙上で吉田と彼のその日の騎乗馬を取り上げた「東のユタカ」というコラムを連載していた。松本ヒロシ フレッシュアイペディアより)

  • リージェントブラフ

    リージェントブラフから見た大久保洋吉大久保洋吉

    リージェントブラフ(Regent Bluff)は日本中央競馬会に所属していた競走馬及び大原ファームなどで繋養されていた種牡馬である。半兄にラシアンゴールドがいる。競走馬時代の主戦騎手は同じく大久保洋吉厩舎所属の吉田豊が務め、全57戦中45戦で騎乗して、当馬の全勝利数である9勝すべて吉田豊と共に勝利した。リージェントブラフ フレッシュアイペディアより)

  • 高橋智大

    高橋智大から見た大久保洋吉大久保洋吉

    1999年騎手課程15期生として騎手デビュー、当時の所属は美浦・大久保洋吉厩舎。主な同期騎手に北村宏司・高田潤などがいる。高橋智大 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の日本競馬

    2009年の日本競馬から見た大久保洋吉大久保洋吉

    10日 - 【JRA】東京競馬場で行われた第14回NHKマイルカップ(GI、芝1600m、18頭立て)で、第8着に入線したサンカルロ(牡3歳、美浦:大久保洋吉厩舎)が第4コーナーでアイアンルックの走行を妨害し、更に最後の直線走路でダイワプリベールの走行を妨害したため第18着に降着となった。鞍上の吉田豊はこれら二つの件でJRA史上初となる合わせて開催日8日間の騎乗停止処分を受けた。2009年の日本競馬 フレッシュアイペディアより)

  • メジロファントム

    メジロファントムから見た大久保洋吉大久保洋吉

    主戦騎手はデビュー以来大久保洋吉厩舎所属の宮田仁が務めていたが、後にはメジロの主戦ジョッキー横山富雄が担当、横山の病気療養により1982年以降は的場均が騎乗した。メジロファントム フレッシュアイペディアより)

  • 戸田博文

    戸田博文から見た大久保洋吉大久保洋吉

    1991年9月に高木嘉夫厩舎の調教厩務員となり、同年11月に八木沢勝美厩舎の調教助手となる。1995年3月に大久保洋吉厩舎に移籍。戸田博文 フレッシュアイペディアより)

  • タイキバカラ

    タイキバカラから見た大久保洋吉大久保洋吉

    その後、距離を短縮し臨んだファルコンステークスでは1番人気に支持されるが、出遅れて後方からの競馬になり、見せ場なく13着に大敗。ダートに矛先を変えクラスターカップに登録するが、管理調教師の土田稔が名義貸しの防止を怠ったとして3か月の調教停止処分になり、大久保洋吉厩舎に一時転厩する。ファルコンステークスから馬体重を20キログラム増やしての出走であったが、逃げ粘れず7着に敗れた。タイキバカラ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
17件中 1 - 10件表示

「大久保洋吉」のニューストピックワード