前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示
  • 大久保洋吉

    大久保洋吉から見た藤沢和雄

    1996年12月にメジロドーベルが阪神3歳ステークスを制し、大久保は開業21年目、吉田はデビュー3年目でのGI競走初制覇を果たす。年間では37勝を挙げ、勝利度数ランキングで藤沢和雄に次ぐ全国2位に付けた。翌年には同馬で優駿牝馬(オークス)に優勝し、クラシック競走を初制覇。末吉が管理した曾祖母・メジロボサツが1966年のオークスで2着となっており、洋吉にとっては親子二代・31年越しの雪辱となった。当年は他に秋華賞制覇などを含む自己最高の40勝を挙げ、前年に次ぐ勝利度数2位(1位藤沢)を記録した。メジロドーベルは1999年の引退までにエリザベス女王杯2勝を加え、牝馬として当時最多のGI競走5勝を達成した。大久保洋吉 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保洋吉

    大久保洋吉から見た戸田博文

    戸田博文(1995年-2000年 調教助手)大久保洋吉 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保洋吉

    大久保洋吉から見た調教師

    大久保 洋吉(おおくぼ ようきち、1944年10月15日 - )は、日本中央競馬会(JRA)・美浦トレーニングセンターに所属していた元調教師。大久保末吉の長男として生まれ、早稲田大学理工学部卒業後、建築士を経て競馬界に入る。1976年に調教師免許を取得し、1990年代後半にGI競走5勝を挙げたメジロドーベルなど数々の活躍馬を管理した。2015年、定年により引退。東京都府中市出身。大久保洋吉 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保洋吉

    大久保洋吉から見た鈴木康弘 (競馬)

    鈴木康弘 - JRA調教師。中学校・高校時代の同級生であり、早稲田大学に進み同期卒業、調教師としても同年に開業した。大久保洋吉 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保洋吉

    大久保洋吉から見た前田建設工業

    大学卒業後は建築士として前田建設工業に入社、八幡製鐵君津工場(現・新日本製鐵君津製鐵所)火力発電所の工事などに携わった。その後、一級建築士資格も取得したが、父・末吉が高齢になっていたこと、また1964年にクラシック三冠を達成したシンザンの登場以来、競馬に対する世間のイメージ向上が進みつつあったことなどもあり、父を補佐するため1971年に前田建設工業を退社し、調教助手に転身した。大久保洋吉 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保洋吉

    大久保洋吉から見たテレビ東京

    調教師引退後は日刊スポーツで毎月1回「大久保洋吉元調教師 もの申す」を連載。また、テレビ東京などで放送されているウイニング競馬にゲスト解説という形で時々出演している。大久保洋吉 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保洋吉

    大久保洋吉から見た吉田豊 (競馬)

    1984年にはメジロジュピター、メジロアンタレスで春秋の中山大障害を連覇するなど「メジロ」4頭で重賞勝利、年間では自身初の30勝を挙げ、関東の優秀調教師賞と重賞獲得調教師賞を受賞した。その後もコンスタントに重賞勝利を挙げ、年間では20勝前後の成績が続いた。1986年には、競馬キャスター・長岡一也の紹介で新進馬主の国本哲秀と知り合い、以後厩舎の主要顧客となった。1992年に大久保の管理で初勝利を挙げたショウナングレイス(メジロファントムの又姪)は、国本の馬主業7年目での初勝利馬となった。1994年には、競馬学校騎手課程を卒業した吉田豊を厩舎所属騎手として引き受け、以後吉田を主戦騎手とした。大久保洋吉 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保洋吉

    大久保洋吉から見た青葉賞

    定年引退を翌年に控えた2014年にはショウナンラグーンが青葉賞を制し、大久保にとって10年ぶりにして最後となる「競馬の祭典」東京優駿(日本ダービー)への出走権を得た。同馬はメジロドーベルの孫に当たり、大久保は「2戦で引退したおっかさん(メジロシャレード)の無念もあってリベンジの思いも強かった。一番うれしい勝利だ」と涙ながらに語った。本番では6着で、2004年ハイアーゲームでの3着が日本ダービーでの最高成績となった。大久保洋吉 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保洋吉

    大久保洋吉から見たエリザベス女王杯

    1996年12月にメジロドーベルが阪神3歳ステークスを制し、大久保は開業21年目、吉田はデビュー3年目でのGI競走初制覇を果たす。年間では37勝を挙げ、勝利度数ランキングで藤沢和雄に次ぐ全国2位に付けた。翌年には同馬で優駿牝馬(オークス)に優勝し、クラシック競走を初制覇。末吉が管理した曾祖母・メジロボサツが1966年のオークスで2着となっており、洋吉にとっては親子二代・31年越しの雪辱となった。当年は他に秋華賞制覇などを含む自己最高の40勝を挙げ、前年に次ぐ勝利度数2位(1位藤沢)を記録した。メジロドーベルは1999年の引退までにエリザベス女王杯2勝を加え、牝馬として当時最多のGI競走5勝を達成した。大久保洋吉 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保洋吉

    大久保洋吉から見た優駿牝馬

    1996年12月にメジロドーベルが阪神3歳ステークスを制し、大久保は開業21年目、吉田はデビュー3年目でのGI競走初制覇を果たす。年間では37勝を挙げ、勝利度数ランキングで藤沢和雄に次ぐ全国2位に付けた。翌年には同馬で優駿牝馬(オークス)に優勝し、クラシック競走を初制覇。末吉が管理した曾祖母・メジロボサツが1966年のオークスで2着となっており、洋吉にとっては親子二代・31年越しの雪辱となった。当年は他に秋華賞制覇などを含む自己最高の40勝を挙げ、前年に次ぐ勝利度数2位(1位藤沢)を記録した。メジロドーベルは1999年の引退までにエリザベス女王杯2勝を加え、牝馬として当時最多のGI競走5勝を達成した。大久保洋吉 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示

「大久保洋吉」のニューストピックワード