前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
5873件中 1 - 10件表示
  • 九州水力電気

    九州水力電気から見た大分県大分県

    1911年(明治44年)、大分県北部における水力開発を目的に設立。福岡県北部の北九州工業地帯・筑豊炭田への電力供給を担ったほか、合併・買収によって事業を拡大、最終的に大分・福岡・熊本・宮崎の4県に供給区域を広げた。本社は福岡県福岡市で、戦前期における九州最大の電力会社であった。九州水力電気 フレッシュアイペディアより)

  • 市町村合併 (2000年代後半)

    市町村合併 (2000年代後半)から見た大分県大分県

    大分県大分市+大分郡野津原町+北海部郡佐賀関町=大分市(編入)市町村合併 (2000年代後半) フレッシュアイペディアより)

  • 平成24年7月九州北部豪雨

    平成24年7月九州北部豪雨から見た大分県大分県

    7月11日から14日にかけて、対馬海峡から朝鮮半島付近に停滞する梅雨前線の南側に位置する九州北部に、東シナ海から暖かく湿った空気が流れ込み、発達した雨雲が次々と連なる線状降水帯が発生した。このうち12日未明から朝にかけては、熊本県の熊本地方と阿蘇地方、大分県西部で猛烈な雨が続き、熊本県阿蘇市阿蘇乙姫で12日1時から7時までの6時間に459.5ミリの雨量を観測する記録的豪雨となった。13日には佐賀県と福岡県を中心に、14日には福岡県と大分県を中心に大雨となった。平成24年7月九州北部豪雨 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年上半期の市町村合併

    2005年上半期の市町村合併から見た大分県大分県

    大分県大分市+大分郡野津原町+北海部郡佐賀関町=大分市(編入)2005年上半期の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 信用産業

    信用産業から見た大分県大分県

    株式会社信用産業(しんようさんぎょう、Shinyosangyo. Co., Ltd.)とは、大分県別府市に本社を置く、ビデオ・DVD・CD・コミックのレンタル並びにリサイクル事業、携帯電話販売事業、漫画喫茶・インターネットカフェの複合カフェ事業を主な業務とする企業である。信用産業 フレッシュアイペディアより)

  • 筑後川

    筑後川から見た大分県大分県

    熊本県阿蘇郡南小国町の阿蘇山の外輪山、瀬の本高原に源を発する。大分県に入り、日田市で玖珠川を併せ西流。福岡県に入り筑紫平野を貫流する。久留米市西部あたりからは福岡県と佐賀県をまたぐように南西方向に流れるが、流路変更の影響で筑後川の北西側であっても福岡県であったり、逆に南東側であっても佐賀県であったりすることも多い。筑後川 フレッシュアイペディアより)

  • 1945年

    1945年から見た大分県大分県

    3月18日 - 大分県大分市に空襲。(大分市内で1回目)1945年 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見た大分県大分県

    9月27日〜10月7日 - 第63回チャレンジ!おおいた国体夏季・秋季大会で、大分県が天皇杯・皇后杯を獲得。男子は42年ぶり、女子は初。2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 熊本電気

    熊本電気から見た大分県大分県

    1940年(昭和15年)には傘下の電力会社3社を合併して熊本電気から九州電気株式会社(きゅうしゅうでんき)へと改称し、最終的に供給区域を熊本・長崎・大分・宮崎・鹿児島の5県へと拡大する。しかし2年後の1942年(昭和17年)、配電統制令により九州電力の前身九州配電に統合され消滅した。熊本電気 フレッシュアイペディアより)

  • 九州

    九州から見た大分県大分県

    九州とその付随する島を合わせて九州地方(きゅうしゅうちほう)と言う。九州の最高標高は1,791メートル (m) で、大分県の九重連山・中岳の標高である。また、九州地方の最高標高は1,936 mで、鹿児島県の屋久島・宮之浦岳の標高である。(「」および「日本の地理・九州」を参照)九州 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
5873件中 1 - 10件表示

「大分のできごと」のニューストピックワード