4535件中 21 - 30件表示
  • 旗本札

    旗本札から見た大分県大分県

    九州地方の旗本は、交代寄合旗本の米良氏を除き大部分が大名の分家であり、知行地の経営も本家の大名に依存している場合が多い。九州地方において旗本札を発行したことが知られているのは豊前国(現・福岡県東部及び大分県北東部)時枝の小笠原氏、豊後国(現・大分県の北東部を除く地域)立石の木下氏、肥後国(現・熊本県及び宮崎県南西の山間部)米良の米良氏である。旗本札 フレッシュアイペディアより)

  • 別府郵便局

    別府郵便局から見た大分県大分県

    大分県別府市にある郵便局。本記事で記述する。別府郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 荻郵便局

    荻郵便局から見た大分県大分県

    大分県竹田市にある郵便局。本記事にて記述する。荻郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 日田郵便局

    日田郵便局から見た大分県大分県

    大分県日田市にある郵便局。本記事にて記述する。日田郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • 三好一

    三好一から見た大分県大分県

    三好 一(みよし はじめ、明治9年(1876年)10月28日 - 昭和34年(1959年)10月1日)は、大日本帝国陸軍の軍人。陸軍中将。大分県士族。大分市長。三好一 フレッシュアイペディアより)

  • 九州運輸局

    九州運輸局から見た大分県大分県

    九州地方のうち、九州本島7県(福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県)を管轄区域とするほか、海事部門については山口県西部を管轄区域に含める。なお、沖縄県については内閣府沖縄総合事務局運輸部が管轄している。九州運輸局 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校野球選手権大会中九州大会

    全国高等学校野球選手権大会中九州大会から見た大分県大分県

    全国高等学校野球選手権大会中九州大会(ぜんこくこうとうがっこうやきゅうせんしゅけんなかきゅうしゅうたいかい)は、1959年の第41回大会から1975年の第57回大会まで熊本県と大分県の間で行われた、全国高等学校野球選手権大会の地区予選大会である。全国高等学校野球選手権大会中九州大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校野球選手権大会南九州大会

    全国高等学校野球選手権大会南九州大会から見た大分県大分県

    1915年の第1回開催時長崎県・福岡県の中等学校のみの参加だった九州大会は回を重ねるごとに宮崎県(1917年の第3回?)→佐賀県(1919年の第5回?)→熊本県(1920年の第6回?)→大分県・鹿児島県(1921年の第7回?)→沖縄県(1922年の第8回?)と増大し狭き門と化していた。そのため1924年の第10回大会をもって九州大会を解体、熊本県の阿蘇山を境に北を北九州大会・南を南九州大会とした。その大会がはじめて開催されたのは1925年の第11回大会からである。全国高等学校野球選手権大会南九州大会 フレッシュアイペディアより)

  • 全国高等学校野球選手権大会西九州大会

    全国高等学校野球選手権大会西九州大会から見た大分県大分県

    長崎県・佐賀県の2県は1925年の第11回大会以降北九州大会に参加していたが、構成していた福岡県が1948年の第30回大会(「全国高等学校野球選手権大会」改称初年度大会)から1県1代表参加となったため、北九州大会が解体された。同じ年に南九州大会も解体され、同大会を構成していた熊本県と共に新しい大会を編成することとなった。これが当該大会である。(※ 熊本県が参加していた南九州大会の構成県大分県・宮崎県・鹿児島県(※ 1941年の第27回大会までは沖縄県も参加していた)の3県は東九州大会を編成する。)全国高等学校野球選手権大会西九州大会 フレッシュアイペディアより)

  • 豊国文字

    豊国文字から見た大分県大分県

    豊後国(現在の大分県)府内の国学者である幸松葉枝尺(さちまつはえさか)が、1831年(天保2年)に入手した文書である『上記』において、この文字が用いられている。『上記』の序文には1223年(貞応2年)に編纂されたとある。豊国文字 フレッシュアイペディアより)

4535件中 21 - 30件表示

「大分のできごと」のニューストピックワード