前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
764件中 1 - 10件表示
  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見た大分トリニータ大分トリニータ

    柏からDF土屋征夫、波戸康広、東京VからMF小林慶行、小林大悟、神戸から佐伯直哉を獲得し、またFWには吉原宏太(G大阪)、サウル・マルティネス(前・上海申花・ホンジュラス代表)、GK江角浩司(前・大分)など各ポジションに選手を補強、シーズン途中に元磐田のFWロドリーゴ・グラウを獲得した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • モンテディオ山形

    モンテディオ山形から見た大分トリニータ大分トリニータ

    庄司孝が大分に、卜部太郎がオーストラリアのロッチデール・ローヴァーズ(en)に、高橋哲が東北社会人1部のTDK SCに完全移籍し、平間智和がレンタル元に復帰した。また、アラン、バウテル、ムタイル、本街直樹、原田紘介、飯塚浩記が退団した。モンテディオ山形 フレッシュアイペディアより)

  • 松本山雅FC

    松本山雅FCから見た大分トリニータ大分トリニータ

    吉澤英生が監督に就任。湘南から柿本倫明、山形から鈴木亮平らを完全移籍で、大分から川田和宏をクラブ初となる期限付き移籍で獲得するなど、JリーグやJFLの経験のある選手を多く獲得した。また完全プロ化を視野に入れ、高校生以上についてホームゲームの入場料を有料化した。リーグ戦は4位、全国社会人サッカー選手権大会(以下、全社)も4位に終わった。ただし、出場辞退チームがあり、繰上がりで第32回全国地域サッカーリーグ決勝大会へ出場したが、2勝1PK敗の2位で2年連続のグループリーグ敗退。天皇杯は、3回戦でJ2の湘南相手にPK戦を制して4回戦に進出した。松本山雅FC フレッシュアイペディアより)

  • サガン鳥栖

    サガン鳥栖から見た大分トリニータ大分トリニータ

    開幕戦の福岡とのダービーで大敗。第1クールは前年以上に成績が悪かったが、第2クールからは、怪我人が復帰し、大分から移籍してきた柴小屋雄一を中心とした守備が安定し勝点25を積み上げたが、第3クールと第4クールと踏ん張れず、第47節の東京V戦に敗れてJ1昇格の可能性は消滅。サガン鳥栖 フレッシュアイペディアより)

  • 片野坂知宏

    片野坂知宏から見た大分トリニータ大分トリニータ

    片野坂 知宏(かたのさか ともひろ、1971年4月18日 - )は、鹿児島県出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)。現役時代のポジションはディフェンダー。現Jリーグ・大分トリニータ監督。片野坂知宏 フレッシュアイペディアより)

  • ギラヴァンツ北九州

    ギラヴァンツ北九州から見た大分トリニータ大分トリニータ

    第19節(7月2日)大分戦に勝利してバトルオブ九州初勝利。第23節(7月30日)でFC東京、第3節(8月5日)で徳島と当該節時点での首位を連破。また、第36節(11月20日)で同じく2位の鳥栖に勝利(後半戦19試合での鳥栖の敗戦はこの試合のみ)して、シーズン目標の「勝点56」を達成、順位も一時は5位へ上げた。ギラヴァンツ北九州 フレッシュアイペディアより)

  • FC町田ゼルビア

    FC町田ゼルビアから見た大分トリニータ大分トリニータ

    大分監督のランコ・ポポヴィッチが監督に就任。FC町田ゼルビア フレッシュアイペディアより)

  • 林容平

    林容平から見た大分トリニータ大分トリニータ

    林 容平(はやし ようへい、1989年7月16日 - )は、埼玉県狭山市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・大分トリニータ所属。登録ポジションはフォワード。中央大学文学部卒。林容平 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た大分トリニータ大分トリニータ

    4月23日、我那覇和樹が試合後に受けた疲労回復の静脈注射(点滴)がJリーグのドーピング(禁止薬物使用)規定違反と認定され、自粛期間を含めて公式戦6試合の出場停止、チームにも1000万円の罰金となった。我那覇は5月19日の大分戦から復帰したが、以後は精彩を欠き、年間を通じて1ゴールのみに終わった。この問題はその後も尾を引き、結局は2008年にスポーツ仲裁裁判所で審理される事になったが、仲裁の結果は我那覇にドーピングの事実が認められないとされ、かつ、Jリーグ側に仲裁費用の負担を求める異例の裁定となった。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • セレッソ大阪

    セレッソ大阪から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2004年 - 監督就任が決定していたナドベザ・ペーターが狭心症の発作のため来日不可能となり、練習開始前日に直前にナドベザとは旧知の仲だったフアド・ムズロビッチが急遽監督に就任したが、準備不足やクラブとの方針の違いもあり、公式戦3試合(リーグ戦2試合・カップ戦1試合)のみで解任される。後任にはヘッドコーチだったアルベルト・ポボルが昇格したが守備が崩壊。1stステージ最終節で最下位争いをしていた柏レイソルにホームで惨敗し、最下位でステージを終えたことが決定打となりアルベルトも解任となった。2ndステージからは前年まで大分トリニータの監督だった小林伸二が指揮を執り、西村から数えて1年足らずで5人が監督を務める異例の事態となった。2ndステージも低迷し、13節終了時点で残り2試合に1敗でもすれば年間最下位とJ1・J2入れ替え戦行きが決定するところまで追い込まれたが、14節・最終節と連勝し、最終節で柏を逆転して年間15位に浮上、J1残留が決定した。2ndステージは12位。シーズン終了後、大久保がスペインのマヨルカにレンタル移籍。セレッソ大阪 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
764件中 1 - 10件表示

「大分トリニータ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]