764件中 91 - 100件表示
  • 横河電機サッカー部

    横河電機サッカー部から見た大分トリニータ大分トリニータ

    1995年、関東リーグは9勝4分5敗の成績で優勝したプリマハムFC土浦(現:水戸ホーリーホック)に勝ち点14差の2位。全社は1回戦で日立清水に敗退。地決は1次ラウンドを2戦2勝(1PK勝)の首位で通過、大分FC(現:大分トリニータ)やYKKなどと同組となった決勝ラウンドは1勝2敗(1PK負)で4チーム中3位の成績で2年連続の敗退。横河電機サッカー部 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀見健介

    加賀見健介から見た大分トリニータ大分トリニータ

    J1初年度である2000年には、中心選手としての成長を期待され、背番号を「10」へと変更。しかし、怪我やトップ下を置かない布陣の採用によって思うような活躍が出来ず、シーズン途中で石崎信弘監督が率いるJ2・大分トリニータへ期限付き移籍。大分では主力選手の一人としてチームを押し上げ、J1昇格の可能性を残して迎えた最終節新潟戦では決勝点を挙げたが、一歩及ばずに昇格を逃した。加賀見健介 フレッシュアイペディアより)

  • マグノ・アウベス・ジ・アラウージョ

    マグノ・アウベス・ジ・アラウージョから見た大分トリニータ大分トリニータ

    2004年、大分トリニータへ移籍し、11得点を記録。2年目の2005年は18得点を記録し、チームの中心として貢献した。マグノ・アウベス・ジ・アラウージョ フレッシュアイペディアより)

  • 根本裕一

    根本裕一から見た大分トリニータ大分トリニータ

    地元の鹿島アントラーズでジュニアユース時代から育ち、1999年にトップ昇格したが、鹿島では出場機会が得られずに期限付き移籍を繰り返した。2002年にJ2セレッソ大阪、2003年にベガルタ仙台、2004年からは大分トリニータに期限付き移籍していたが、3シーズン目となる2006年に大分へ完全移籍 となった。2008年はジェフ千葉へ期限付き移籍した。大分を戦力外となった2008年のシーズン終了後に、トライアウトを経てJリーグ入りを目指す地域リーグのツエーゲン金沢に移籍。2009年のJFL昇格に貢献した。根本裕一 フレッシュアイペディアより)

  • 池端陽介

    池端陽介から見た大分トリニータ大分トリニータ

    1998年にサンフレッチェ広島に入団した。同期入団は、大久保誠、石川裕司、植田元輝、大畑隼哉、行友亮二、秋元雅博、山下一弥。U-19日本代表に選ばれるが、直後に靭帯を切断という不運に見舞われる。その後、川島眞也の成長もあり事実上構想外になっていたところへ、以前より能力を高く評価していたヴェルディ川崎から打診があり、2000年にV川崎へ期限付き移籍した。しかし、1stステージは4試合出るものの、2ndステージでは構想外となってしまった。2001年からは大分トリニータへ期限付き移籍し、8月に完全移籍した。池端陽介 フレッシュアイペディアより)

  • 幸野志有人

    幸野志有人から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2011年より大分トリニータへ期限付き移籍。17歳、Jリーグ史上最年少での移籍となった。田坂和昭監督は幸野のボールキープ力とアグレッシブな守備を評価。第12節栃木SC戦でリーグ戦デビューすると、ボランチとしてだけでなくシャドーストライカーとしても起用され2列目からの飛び出しなど攻撃面での貢献も見せた。幸野志有人 フレッシュアイペディアより)

  • 八反田康平

    八反田康平から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2016年は清水がJ2降格したことにより自身初のJ2でのプレーとなったが、7月までに1試合しか出場機会が無かった。同年7月7日にJ3・大分トリニータへ期限付き移籍。7月16日第17節藤枝MYFC戦にて初出場を果たし、以降最終節までの14試合全てに出場。J3優勝へ貢献した。八反田康平 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保裕樹

    大久保裕樹から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2016年、ジェフユナイテッド市原・千葉に完全移籍で加入することが発表された。2017年は守備を引き締めるDFのバックアッパーとして交代出場を中心に起用され、第31節東京V戦では移籍後初ゴールとなる同点弾を決めた。また、第39節大分戦での出場によりJリーグ通算200試合出場を達成した(結果的には、これが現役最後の出場となった)。シーズン終了後の11月27日、2017シーズンをもって現役を引退することが発表された。大久保裕樹 フレッシュアイペディアより)

  • 原裕太郎

    原裕太郎から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2009年、トップに昇格。くにびきジュニアユースから初のトップ昇格選手。下田および佐藤昭大の怪我による離脱に伴い第2GKとしてベンチ入り。6月3日のナビスコカップグループA第5節大分トリニータ戦に於いて若手中心で起用されることとなりプロデビュー。7月3日の第16節ジュビロ磐田戦(0-1)では中林の負傷に伴い念願のリーグ戦デビューを果たす。以降は事実上第3GKとして登録されていた。原裕太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山本康裕

    山本康裕から見た大分トリニータ大分トリニータ

    父親は野球をしていたが、Jリーグが開幕した頃だったことから身近だったサッカーを始める。中学時からジュビロ磐田の育成部門に所属し、高校2年生時でトップチームにデビュー。16歳と11ヶ月24日でのトップチーム出場は磐田史上最年少の出場記録である。プロ初出場の大分戦、2試合目となったFC東京戦はどちらも一人少ない状況での途中出場であったが、トップの選手たちに劣らない落ち着いたプレーを披露するなど、強心臓ぶりを遺憾なく発揮した。その際は松下幸平が愛媛FCにレンタル移籍していたため空き番になっていた24番をつけていたが、2007年はキャンプの時点で背番号32が与えられ、シーズン当初からトップチームの一員となった。山本康裕 フレッシュアイペディアより)

764件中 91 - 100件表示

「大分トリニータ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]