587件中 21 - 30件表示
  • 皇甫官

    皇甫官から見た大分トリニータ大分トリニータ

    油公退団後、JFLの大分FC(現・大分トリニータ)に入団。1997年に引退するまでの2年間で、54試合に出場し27得点を挙げた。引退後は1年間イングランドにコーチ留学。その後再渡日し、J2入りした大分に復帰。2000年から2003年まではU-18監督、2004年は監督のハン・ベルガーの下でヘッドコーチを務めた。皇甫官 フレッシュアイペディアより)

  • アーリ・スカンズ

    アーリ・スカンズから見た大分トリニータ大分トリニータ

    2004年、当時のハン・ベルガー監督とともに来日し、大分トリニータのフィジカルコーチに就任。2005年にはヘッドコーチに昇格。皇甫官監督の退任に伴い同年8月から監督代行を務め、同年9月にペリクレス・シャムスカ監督就任にあわせ、退団。アーリ・スカンズ フレッシュアイペディアより)

  • 金聖吉

    金聖吉から見た大分トリニータ大分トリニータ

    現役年代別代表選手として2000年に大分トリニータU-18(ユース)に入団。2002年にトップ昇格し、大分U-18のトップ昇格第一号となった。金聖吉 フレッシュアイペディアより)

  • 扇谷健司

    扇谷健司から見た大分トリニータ大分トリニータ

    しかし、一方で扇谷のジャッジは一端カードが出ると止まらなくなるという悪い傾向がある。2006年J1第9節(4月22日)の大宮アルディージャ-大分トリニータ戦、同年J1第24節(9月23日)のジェフ千葉-京都パープルサンガ戦等では両チーム合わせてそれぞれ9枚のイエローカード、2007年J2第4節(3月21日)の東京ヴェルディ-セレッソ大阪戦では両チーム合わせて10枚のイエローカード、退場者1名、同年J1第19節(8月12日)ヴァンフォーレ甲府-鹿島アントラーズ戦では両チーム合わせて9枚のイエローカード、退場者1名、同年J1第33節(11月24日)の浦和レッズ-鹿島アントラーズ戦では鹿島側だけでも5枚のイエローカード、退場者2名が出る乱戦になった。2006シーズンの1試合平均のイエローカード提示枚数は5.25枚と、同年のJリーグを担当した31人の主審の中で最も多かった。試合中の不要なカード提示をなくす(些細なプレーでのイエローカード提示を控える)ことができるかが、扇谷の今後の課題である。扇谷健司 フレッシュアイペディアより)

  • 清家大葵

    清家大葵から見た大分トリニータ大分トリニータ

    大分トリニータ下部組織出身の選手。清家大葵 フレッシュアイペディアより)

  • 米本拓司

    米本拓司から見た大分トリニータ大分トリニータ

    FC東京では、今野泰幸のセンターバックへのコンバートもあり、激戦区であるボランチに割って入ると、5月のJ1第9節対大宮アルディージャ戦からスタメンに定着。梶山陽平とのダブルボランチを組み、7月には得意としていた守備に加えて「プレスを外せるところや、DFからボールを引き出す場所が分かってきた」とオフ・ザ・ボールの動きの向上にも自信を見せ、チームの連勝に貢献。梶山からも「(ボールを)つないで時間をつくれるようになった」と成長ぶりを認められた。7月12日の対名古屋グランパス戦では、視察に訪れた岡田武史日本代表監督の称賛を受けた。シュートは上手くないとしながらも「一生懸命練習」し、第24節対大分戦で、30メートル超のミドルシュートによるリーグ戦初ゴールをマーク。ナビスコカップ決勝戦では、前半にペナルティエリア外からミドルシュートでの先制点を決め、2-0の勝利に貢献。ニューヒーロー賞と決勝MVPを獲得した。Jリーグ技術委員長の上野山信行からは「豊富な運動量をベースに、相手の攻撃の芽を摘む鋭い守備力、的確な判断力に加え、攻撃面におけるゴールに向かう多彩な展開力は将来の日本代表の一翼を担える」と評価された。12月21日にはアジアカップ最終予選に向けたA代表に初招集され、対イエメン代表戦にフル出場した。米本拓司 フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータレディース

    大分トリニータレディースから見た大分トリニータ大分トリニータ

    大分トリニータレディース (おおいたトリニータレディース)は大分県に所在する女子サッカークラブ。大分トリニータの女子部門でもある。九州女子サッカーリーグ1部リーグ所属。大分トリニータレディース フレッシュアイペディアより)

  • 河内勇太

    河内勇太から見た大分トリニータ大分トリニータ

    大分トリニータのU-18チームを経て福岡教育大学に入学してサッカー部でプレーした。卒業後にはニューウェーブ北九州に入団。加入2年目にクラブのJリーグ参入を経験した。河内勇太 フレッシュアイペディアより)

  • ティエムシー

    ティエムシーから見た大分トリニータ大分トリニータ

    1988年、神奈川県相模原市に塗装工事事業を開始。1989年に株式会社ペイントハウスとして設立。1992年からリフォーム事業を手がけ、さいでりあの新興産業と並び、高度経済成長期に建てられ老朽化した住宅のリフォームを多く手がけた。1990年代後半からは、業績不振に陥った新興産業を抜いてリフォーム専業会社としては業界最大手となり、1999年には大分フットボールクラブ(大分トリニータ)に資本参加してスポーツ事業に進出したほか、福祉事業や情報サービス事業に進出するなど、事業多角化にも意欲を見せた。ティエムシー フレッシュアイペディアより)

  • 山根巌

    山根巌から見た大分トリニータ大分トリニータ

    同年11月、当時広島と提携関係にあった旧JFL所属の大分トリニティへレンタル移籍、2001年に完全移籍した。山根巌 フレッシュアイペディアより)

587件中 21 - 30件表示

「大分トリニータ」のニューストピックワード