587件中 31 - 40件表示
  • 吉村光示

    吉村光示から見た大分トリニータ大分トリニータ

    その後、大分トリニータ、アビスパ福岡、横浜F・マリノスと渡り歩き。2008年にはJ2へ昇格したばかりのFC岐阜へ移籍する。だが怪我などの不遇もあり2008年末に戦力外通告を受け、2009年2月に自身のブログにて14年間の現役生活に終止符を打ち引退の決意を報告。吉村光示 フレッシュアイペディアより)

  • 路木龍次

    路木龍次から見た大分トリニータ大分トリニータ

    その後、広島が財政難に陥り、移籍金を得るため1998年に横浜マリノスに放出される。怪我の連続で満足に試合に出られず、1999年半ばには浦和レッドダイヤモンズへ期限付き移籍し、翌年2000年に完全移籍。2003年にヴィッセル神戸に入団するが、家庭の事情により一ヶ月で退団。同年、大分トリニータに入団するも、短期間で退団。路木龍次 フレッシュアイペディアより)

  • 志垣良

    志垣良から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2008年に入ってからはオランダに渡りPSVアイントホーフェンで研修をスタートし、エールディヴィジ2007-2008シーズン終了後に帰国。ジェフユナイテッド千葉でアレックス・ミラーの通訳を短期間務めた後に、5月よりアビスパ福岡のテクニカルスタッフとなったが、1シーズンを持って退団を自身のブログで発表。2009年より大分トリニータU-15にて指揮を執る。志垣良 フレッシュアイペディアより)

  • 関塚隆

    関塚隆から見た大分トリニータ大分トリニータ

    激高しやすい性格であり、判定に対して不満がある場合はピッチ内に入り込まんばかりの勢いで審判に対し抗議する事で有名。2005年の浦和レッドダイヤモンズ戦後の記者会見では「我々を勝たせない何かが働いた」と審判を批判するコメントを残した。また、2006年のアウェー大分トリニータ戦では、判定に対しベンチを蹴り上げる等の行為を働いたとして、退席処分を命じられた。この2試合の主審はともに家本政明である。また、2007年もアウェー大分トリニータ戦で退席処分を命じられ、2年連続で九州石油ドームで退席という珍記録を作ってしまった。関塚隆 フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・アウグスト・オゾリオ・ハモン

    ルイス・アウグスト・オゾリオ・ハモンから見た大分トリニータ大分トリニータ

    ナシオナルACでキャリアをスタートさせ、その後、ブラジルの名門、サントスFCへ加入。同チームではサイドバックとしてプレーした。その後、パイサンドゥSCを経て2006年にJ2横浜FCに加入。左サイドの選手としてチームトップの10アシストを決めるなど主力として活躍し、チーム初のJ1昇格に大きく貢献した。しかし、契約延長交渉がまとまらず、2007年はステップアップのため大分トリニータへ移籍。背番号10を背負うなど、大きく期待されての加入だったが、恥骨炎のため5月にチームを離脱。治療に専念するためブラジルへ帰国し、11月にチームに合流したものの出場は11試合にとどまり、思うような結果を残せないまま、シーズン終了後、契約満了に伴い同チームを退団した。ルイス・アウグスト・オゾリオ・ハモン フレッシュアイペディアより)

  • ランコ・ポポヴィッチ

    ランコ・ポポヴィッチから見た大分トリニータ大分トリニータ

    2009年7月14日、大分トリニータを解任されたペリクレス・シャムスカ監督の後任として同クラブの指揮を執ることが発表された。就任当初は戦術が浸透せず4連敗し、シャムスカ時代の成績もあってJ1で最初に降格決定してしまうが、後半戦に入って持ち直し、終盤10試合を負けなしで終えた。ランコ・ポポヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • 山崎雅人

    山崎雅人から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2005年8月、出場機会を求めて大分トリニータに期限付き移籍。同年、リーグ初得点を含む2ゴールを挙げる。2006年、大分に完全移籍。ほとんどが途中出場ながらもリーグ戦25試合に出場。翌2007年、出場時間も大幅に増え、シーズンの終盤戦には完全にスターティングメンバーに定着する。同年末にACLに出場するガンバ大阪からオファーがあった。山崎雅人 フレッシュアイペディアより)

  • アンジェイ・クビツァ

    アンジェイ・クビツァから見た大分トリニータ大分トリニータ

    1999年のイスラエルリーグで得点王に輝いた長身ストライカー。2000年のシーズン開幕直後に浦和レッドダイヤモンズに加入、11得点を挙げ、J1復帰に貢献した。翌2001年は大分トリニータに移籍するがシーズン途中で退団した。アンジェイ・クビツァ フレッシュアイペディアより)

  • マグノ・アウベス・ジ・アラウージョ

    マグノ・アウベス・ジ・アラウージョから見た大分トリニータ大分トリニータ

    2004年、大分トリニータへ移籍し、11得点を記録。2年目の2005年は18得点を記録し、チームの中心として貢献した。マグノ・アウベス・ジ・アラウージョ フレッシュアイペディアより)

  • 岡中勇人

    岡中勇人から見た大分トリニータ大分トリニータ

    1993年Jリーグ開幕節前から本並健治と正ゴールキーパーの座を巡って熾烈な争いをしていたが、しばらくはベンチを温める状態が続いていた。しかし、本並が腎臓破裂の重傷を負い長期離脱した後は正GKとしてゴールを守り続けた。1994年に本並が復帰すると再びベンチを温める時期が続いたが、1996年シーズン途中に本並からポジションを奪い返し、後に日本代表にも選出される。1997年に本並がヴェルディ川崎に移籍した後も絶対的守護神としてゴールを守り続けた。しかし、2000年に病気の影響で開幕から離脱している期間に都築龍太にポジションを奪われる。復帰後も都築からレギュラーを奪った松代直樹が正GKを務めていたため出場機会が激減し、2002年にJ2の大分トリニータへ移籍。G大阪では松下電器時代から数えて11シーズン在籍した。岡中勇人 フレッシュアイペディアより)

587件中 31 - 40件表示

「大分トリニータ」のニューストピックワード

  • 1年でJ2に復帰することが出来、自分も成長したこのチームで、来年も最高の成績を出せるように頑張ります

  • J3リーグ24試合1得点

  • MF清本拓己