764件中 41 - 50件表示
  • アーリ・スカンズ

    アーリ・スカンズから見た大分トリニータ大分トリニータ

    2004年、当時のハン・ベルガー監督とともに来日し、大分トリニータのフィジカルコーチに就任。2005年にはヘッドコーチに昇格。皇甫官監督の退任に伴い同年8月から監督代行を務め、同年9月にペリクレス・シャムスカ監督就任にあわせ、退団。アーリ・スカンズ フレッシュアイペディアより)

  • 第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た大分トリニータ大分トリニータ

    大分トリニータ(12年連続12回目)第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 竹下琢也

    竹下琢也から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2011年、田坂和昭監督の要請により、株式会社Sports Culture Developmentからの派遣という形で大分トリニータのフィジカルコーチに就任。サッカーに陸上のエッセンスを採り入れて、個々のレベルアップを図った。2013年限りで大分のフィジカルコーチを退任。竹下琢也 フレッシュアイペディアより)

  • 林晋太郎

    林晋太郎から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2012年、AC長野パルセイロのGKコーチに就任。2013年は薩川了洋、小湊隆延と共にFC琉球に移り、GKコーチを務めた。2014年、大分トリニータのGKコーチに就任。2年目の2015年には大分サポーターによって林個人の応援チャントが作成され、ピッチ内練習時にゴールキーパーのチャントと共に歌われた。しかし監督交代の影響を受ける形で同年6月2日にGKコーチの職を解かれ、6月15日に大分を退団する事も発表された。林晋太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 山瀬幸宏

    山瀬幸宏から見た大分トリニータ大分トリニータ

    その後横浜F・マリノスユースを経て、2003年から横浜F・マリノスに入団。2007年はリーグ戦第4節からスタメンに定着。第7節の大分戦では、前半11分に自らの23歳の誕生日を祝うプロ入り初ゴール。さらに後半43分には幸宏のアシストで兄もゴールを決め、Jリーグ史上2組目となる同一試合兄弟アベック弾というおまけがついた。続く第8節の新潟戦、第19節の横浜FC戦でも兄弟アベック弾を達成した。なお、これらの試合ではそれぞれ5, 6, 8得点とチームも大量得点を挙げて勝利している。山瀬幸宏 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎侑輝

    山崎侑輝から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2009年に井上と共に鹿屋体育大学に進学。2012年にはサッカー部主将を務めるのと併行して、特別指定選手としてJリーグ・ロアッソ熊本に登録された。同年4月30日の大分戦でJリーグ初出場。同年12月、2013年から熊本へ正式加入することが発表された。プロ入り後はボランチや右サイドバックへとコンバートされたが、武器である対人プレーの強さを発揮しきれず、これ以後熊本での公式戦出場機会は無かった。山崎侑輝 フレッシュアイペディアより)

  • 兼村憲周

    兼村憲周から見た大分トリニータ大分トリニータ

    小学校2年でサッカーを始め、大学まで選手としてプレー。その後は指導者の道へ進み、横浜FC、大宮アルディージャで4年間テクニカルスタッフとして対戦相手の分析を担当。2012年からは大分トリニータのコーチを務め、菅原大介ヘッドコーチを補佐する。兼村憲周 フレッシュアイペディアより)

  • 志垣良

    志垣良から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2008年に入ってからはオランダに渡りPSVアイントホーフェンで研修をスタートし、エールディヴィジ2007-2008シーズン終了後に帰国。ジェフユナイテッド千葉でアレックス・ミラーの通訳を短期間務めた後に、5月よりアビスパ福岡のテクニカルスタッフとなったが、1シーズンを持って退団を自身のブログで発表。2009年より大分トリニータU-15にて指揮を執る。志垣良 フレッシュアイペディアより)

  • 2002年のJリーグ

    2002年のJリーグから見た大分トリニータ大分トリニータ

    2002年のJリーグは、J1リーグが3月2日に開幕、11月30日に閉幕した。J2リーグが3月3日に開幕、11月24日に閉幕した。J1リーグの優勝クラブは1stステージ、2ndステージ共にジュビロ磐田となり、年間総合優勝もジュビロ磐田であった。J2リーグの優勝は大分トリニータであった。2002年のJリーグ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・アウグスト・オゾリオ・ハモン

    ルイス・アウグスト・オゾリオ・ハモンから見た大分トリニータ大分トリニータ

    ナシオナルACでキャリアをスタートさせ、その後、ブラジルの名門、サントスFCへ加入。同チームではサイドバックとしてプレーした。その後、パイサンドゥSCを経て2006年にJ2横浜FCに加入。左サイドの選手としてチームトップの10アシストを決めるなど主力として活躍し、チーム初のJ1昇格に大きく貢献した。しかし、契約延長交渉がまとまらず、2007年はステップアップのため大分トリニータへ移籍。背番号10を背負うなど、大きく期待されての加入だったが、恥骨炎のため5月にチームを離脱。治療に専念するためブラジルへ帰国し、11月にチームに合流したものの出場は11試合にとどまり、思うような結果を残せないまま、シーズン終了後、契約満了に伴い同チームを退団した。ルイス・アウグスト・オゾリオ・ハモン フレッシュアイペディアより)

764件中 41 - 50件表示

「大分トリニータ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]