587件中 51 - 60件表示
  • 金本圭太

    金本圭太から見た大分トリニータ大分トリニータ

    広島皆実高卒業後、1996年にサンフレッチェ広島へ加入。同期入団は、服部公太、影山貴志、高田純、松永一慶、山口哲治、秋満勝二、上田実。1999年には創設直後のJ2に加盟した大分トリニータに移籍する。選手会長も勤めた。2003年、現役を引退。金本圭太 フレッシュアイペディアより)

  • 加賀見健介

    加賀見健介から見た大分トリニータ大分トリニータ

    J1初年度である2000年には、クラブから更なる飛躍を期待する意味も込めて、それまで「13」だった背番号が「10」へと変更されたが、怪我などもありシーズンを通しての活躍が出来ず、しかもシーズン途中で大分トリニータ(当時J2所属)へレンタル移籍に出され、12月にはオーストラリアにサッカー留学をするなど、不本意とも言える1年となり、翌2001年には背番号を「13」に戻した。また、2002年にはさらなる出場機会を得るために、当時J2を戦っていた川崎フロンターレに自身2度目となるレンタル移籍も経験した。加賀見健介 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァルディネイ・フレイタス・ダ・マッタ

    ヴァルディネイ・フレイタス・ダ・マッタから見た大分トリニータ大分トリニータ

    1998年に来日、1試合1点以上の驚異的なペースで得点を重ね、33得点でジャパンフットボールリーグの得点王に輝き、川崎フロンターレをJ1参入決定戦に導いたが1年限りで退団した。1999年はアビスパ福岡の入団テストを受けるものの入団には至らず、2000年に大分トリニータに入団した。しかしシーズン途中で退団した。ヴァルディネイ・フレイタス・ダ・マッタ フレッシュアイペディアより)

  • 山崎侑輝

    山崎侑輝から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2009年に鹿屋体育大学に進学し、2012年には特別指定選手としてロアッソ熊本に登録された。同年4月30日の大分戦でJリーグ初出場。山崎侑輝 フレッシュアイペディアより)

  • 刀根亮輔

    刀根亮輔から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2010年、大分トリニータU-18からトップチームへ昇格。過去に西川周作、梅崎司、東慶悟等が着用し、大分の出世番号となっている背番号21を与えられた。ルーキーながら開幕戦の柏レイソル戦でベンチ入り、試合出場を果たすとその後はレギュラーに定着し、第6節のファジアーノ岡山戦ではCKからのヘディングでプロ初ゴールも記録した。その後怪我で離脱し復帰以降はスタメン落ちする事も多々あった。メインポジションはセンターバックではあるが、サイドバックとしてもプレーしている。刀根亮輔 フレッシュアイペディアより)

  • 家長昭博

    家長昭博から見た大分トリニータ大分トリニータ

    当時のオシム日本代表監督からA代表に選ばれるほどの才能を持ちながらも、ガンバ大阪では遠藤保仁や二川孝広らの牙城を崩せずなかなか定位置をつかめずにいた。2008年に出場機会を求めて大分トリニータへ期限付き移籍したが、2008年2月、実戦形式の練習中、右膝前十字靭帯損傷により全治6ヶ月の重傷を負った。同年12月、入団テストを兼ねてイングランド・フットボールリーグ・チャンピオンシップ(2部リーグ)のプリマス・アーガイルFCの練習に約2週間参加。クラブ首脳陣から高い評価を受け獲得を検討されたが、翌2009年1月に労働許可証取得の申請が却下され、プリマスへの移籍は消滅したので、大分トリニータへのレンタル期間を1年間延長した。家長昭博 フレッシュアイペディアより)

  • エジ・カルロス・ディアス・マルサウ

    エジ・カルロス・ディアス・マルサウから見た大分トリニータ大分トリニータ

    ロシアのアーセナル・トゥーラ(:en:FC Arsenal-Tula)から2000年にJリーグ・ガンバ大阪へ完全移籍で加入。1998年にロシア1部リーグ(実質2部)で得点王を獲得した大物選手という触れ込みで期待されたが、チームにフィットせず6月にJ2の大分トリニータに期限付き移籍で貸し出された(ガンバ大阪は代役としてニーノ・ブーレを獲得)。エジ・カルロス・ディアス・マルサウ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ルイス・バラーショ

    アンドレ・ルイス・バラーショから見た大分トリニータ大分トリニータ

    渋谷幕張高等学校時代はサッカー部に所属。1学年したに田中マルクス闘莉王がいる。卒業後の2000年に大分トリニータに入団。同年7月に大分でのチームメートだったルシアノともどもサガン鳥栖にレンタル移籍した。アンドレ・ルイス・バラーショ フレッシュアイペディアより)

  • 山瀬幸宏

    山瀬幸宏から見た大分トリニータ大分トリニータ

    その後横浜F・マリノスユースを経て、2003年から横浜F・マリノスに入団。2007年はリーグ戦第4節からスタメンに定着。第7節の大分戦では、前半11分に自らの23歳の誕生日を祝うプロ入り初ゴール。さらに後半43分には幸宏のアシストで兄もゴールを決め、Jリーグ史上2組目となる同一試合兄弟アベック弾というおまけがついた。続く第8節の新潟戦、第19節の横浜FC戦でも兄弟アベック弾を達成した。なお、これらの試合ではそれぞれ5, 6, 8得点とチームも大量得点を挙げて勝利している。山瀬幸宏 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部吉朗

    阿部吉朗から見た大分トリニータ大分トリニータ

    その後2年間は、負傷や戦術上の理由からなかなかレギュラーに定着できず、2005年に出場機会を求めて、レンタル移籍で大分トリニータへ。しかし目立った活躍を見せられず、同年8月、前線の駒不足に悩むFC東京に復帰し復帰戦でゴールを決めた。2007年はまたも出場機会を求め柏レイソルへレンタル移籍。阿部吉朗 フレッシュアイペディアより)

587件中 51 - 60件表示

「大分トリニータ」のニューストピックワード