764件中 61 - 70件表示
  • 梅田高志

    梅田高志から見た大分トリニータ大分トリニータ

    高校卒業後の1995年にジャパンフットボールリーグの西濃運輸サッカー部に入団するが、1997年に同サッカー部が廃部したため、1998年からは大分トリニティ(1999年以降は大分トリニータ)に移籍。2000年、2001年には加地亮などとポジションを争ったことで出場機会を減らしたが、2003年のJ1昇格後も主力として活躍。2007年時点で大分では最も在籍年数が多かった。梅田高志 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ルイス・バラーショ

    アンドレ・ルイス・バラーショから見た大分トリニータ大分トリニータ

    渋谷幕張高等学校時代はサッカー部に所属。1学年下に田中マルクス闘莉王がいる。卒業後の2000年に大分トリニータに入団。同年7月に大分でのチームメートだったルシアノともどもサガン鳥栖にレンタル移籍した。アンドレ・ルイス・バラーショ フレッシュアイペディアより)

  • シジクレイ・デ・ソウザ

    シジクレイ・デ・ソウザから見た大分トリニータ大分トリニータ

    1999年、J1の京都パープルサンガに完全移籍。初のJリーグでも1年を通して活躍し、出場停止1試合を除く29試合にフル出場した。自身は翌2000年も京都でのプレーを考えていたが、「このチームで続けられる、と思っていたらできなかった。いまでもその理由が分からない」と述懐する 何らかの理由により実現せず、この年は大分トリニータに期限付き移籍される事になった。大分は最終節までJ1昇格争いに絡み、2位と勝ち点1差の3位でシーズンを終えた。シジクレイ・デ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • 益山司

    益山司から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2010年8月、出場機会を求めるために大分トリニータに期限付き移籍し、11試合出場。2011年は千葉へ復帰したが、出場機会に恵まれず天皇杯は1試合のみで留まった。益山司 フレッシュアイペディアより)

  • ノグチピント・エリキソン

    ノグチピント・エリキソンから見た大分トリニータ大分トリニータ

    埼玉県加須市の加須西中学校で3年間サッカー部で活躍する。帝京高校から練習生として大分トリニータに入団。外国籍選手枠の関係上、2002年はサガン鳥栖に期限付き移籍していた。2003年は大分トリニータに練習生として参加していたが、4月に帰化申請が認められたため正式契約となった。2004年から2006年まで柏レイソルに所属。ノグチピント・エリキソン フレッシュアイペディアより)

  • 張敬珍

    張敬珍から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2010年2月27日にJリーグ・大分トリニータへ期限付き移籍。開幕戦でスタメンデビューを果たしたが、シーズンが進むにつれ出場機会を失った。オフに移籍期間満了により仁川ユナイテッドFCに復帰。以降は1年ごとに所属クラブを変えている。張敬珍 フレッシュアイペディアより)

  • J2・J3入れ替え戦

    J2・J3入れ替え戦から見た大分トリニータ大分トリニータ

    J2は11月23日に行われた第42節(最終節)の結果により大分トリニータの21位・栃木SCの22位(最下位)が確定し、栃木のJ3自動降格と大分が入れ替え戦に回る事が確定した。一方、J3は、2位以内の可能性がJ2ライセンスを持つレノファ山口FCとFC町田ゼルビアの2チームに絞られた11月17日のJリーグ理事会で、優勝チームのJ2自動昇格と2位チームの入れ替え戦参加を承認、最終的に11月23日の第39節(最終節)で山口の優勝が確定、2位の町田が入れ替え戦に回ることが決まった。J2・J3入れ替え戦 フレッシュアイペディアより)

  • 山根巌

    山根巌から見た大分トリニータ大分トリニータ

    二葉中を経て広島皆実高校を卒業し 、1995年にサンフレッチェ広島に入団。1997年、エディ・トムソン監督によって攻撃的MFとして評価され主力になる。が、翌1998年、同ポジションにアウレリオ・ヴィドマー、皆本勝弘、山口敏弘、大久保誠が加入。外国人監督とのコミュニケーション不足もあって出場機会が激減。同年11月、当時広島と提携関係にあった旧JFL所属の大分トリニティへ期限付き移籍した。山根巌 フレッシュアイペディアより)

  • 九州総合スポーツカレッジ

    九州総合スポーツカレッジから見た大分トリニータ大分トリニータ

    元プロスポーツ選手を講師等に招くとともに、日本プロ野球OBクラブ、大分トリニータ、大分ヒートデビルズと提携して、野球、サッカー、バスケットボールでの3競技でのプロスポーツ選手育成をめざしている。九州総合スポーツカレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 橋内優也

    橋内優也から見た大分トリニータ大分トリニータ

    監督がミハイロ・ペトロヴィッチに交代した以降は右CBあるいは右アウトサイドとしてプレーしたが、怪我がちで出場機会に恵まれなかった。2008年末、移籍を前提に他チームに練習参加していたがまとまらなかった。翌2009年、引き続き広島に在籍、同年6月3日に若手主体となったナビスコ杯対大分トリニータ戦にてプロ初得点を決める。橋内優也 フレッシュアイペディアより)

764件中 61 - 70件表示

「大分トリニータ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]