587件中 61 - 70件表示
  • 山本康裕

    山本康裕から見た大分トリニータ大分トリニータ

    父親は野球をしていたが、Jリーグが開幕した頃だったことから身近だったサッカーを始める。中学時から磐田の育成部門に所属し、高校2年生時でトップチームにデビュー。16歳と11ヶ月24日でのトップチーム出場はジュビロ磐田史上最年少の出場記録である。プロ初出場の大分戦、2試合目となったFC東京戦はどちらも一人少ない状況での途中出場であったが、トップの選手たちに劣らない落ち着いたプレーを披露するなど、強心臓ぶりを遺憾なく発揮した。その際は松下幸平が愛媛FCにレンタル移籍していたため空き番になっていた24番をつけていたが、2007年はキャンプの時点で背番号32が与えられ、シーズン当初からトップチームの一員となった。山本康裕 フレッシュアイペディアより)

  • 九州総合スポーツカレッジ

    九州総合スポーツカレッジから見た大分トリニータ大分トリニータ

    元プロスポーツ選手を講師等に招くとともに、日本プロ野球OBクラブ、大分トリニータ、大分ヒートデビルズと提携して、野球、サッカー、バスケットボールでの3競技でのプロスポーツ選手育成をめざしている。九州総合スポーツカレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 根本裕一

    根本裕一から見た大分トリニータ大分トリニータ

    地元の鹿島アントラーズでジュニアユース時代から育ち、1999年にトップ昇格したが、鹿島では出場機会が得られずに期限付き移籍を繰り返した。2002年にJ2セレッソ大阪、2003年にベガルタ仙台、2004年からは大分トリニータに期限付き移籍していたが、3シーズン目となる2006年に大分へ完全移籍となった。2008年はジェフ千葉へ期限付き移籍した。大分を戦力外となった2008年のシーズン終了後に、トライアウトを経てJリーグ入りを目指す地域リーグのツエーゲン金沢に移籍。2009年のJFL昇格に貢献した。根本裕一 フレッシュアイペディアより)

  • 前田俊介

    前田俊介から見た大分トリニータ大分トリニータ

    同年6月、FWに怪我人が続出し得点力不足に陥っていた大分トリニータに期限付き移籍。その大分でも出場機会は多くなかったが、残留争いの大一番となった大宮アルディージャ戦で後半43分に決勝点を挙げ、大分のJ1残留へ向けて貴重な勝利をもたらした。前田俊介 フレッシュアイペディアより)

  • 和田雄三

    和田雄三から見た大分トリニータ大分トリニータ

    清水で試合出場がなくなり、2000年にJ2・大分トリニータに期限付き移籍、2001年に完全移籍した。現役最後となった2003年シーズンは期限付き移籍でヴァンフォーレ甲府でプレーした。和田雄三 フレッシュアイペディアより)

  • 三平和司

    三平和司から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2008年、2009年と二年連続で湘南ベルマーレに特別指定選手として選手登録され、2010年に湘南に正式加入。翌年、大分トリニータに期限付き移籍。大分の監督である田坂和昭によって右ウイングにコンバートされ、この年は5得点を記録。2012年も期限付き移籍を延長し大分に残留するとゴールを量産。自己最多の14得点をマークし森島康仁と並びチーム得点王となった。シーズン終了後、同年限りで大分との期限付き移籍を満了し、京都サンガF.C.に完全移籍。三平和司 フレッシュアイペディアより)

  • 児玉新

    児玉新から見た大分トリニータ大分トリニータ

    児玉 新(こだま あらた、1982年10月8日 - )は、大阪府出身のプロサッカー選手。Jリーグ・大分トリニータ所属。ポジションはディフェンダー。児玉新 フレッシュアイペディアより)

  • ロドリゴ・ファビアーノ・メンデス

    ロドリゴ・ファビアーノ・メンデスから見た大分トリニータ大分トリニータ

    グレミオ時代の2002年にはコパ・リベルタドーレス得点王を獲得するなど、ブラジル国内の名門クラブで名声を高め、2003年には再度Jリーグの大分トリニータに移籍したが、期待されたような活躍は出来ず、また試合中にサッカー界の「暗黙の了解」に反する行為を行ったこともあり(詳細は大分トリニータを参照)シーズン途中にUAEのアル・アインFCへと移籍。同クラブのAFCチャンピオンズリーグ優勝に貢献した。ロドリゴ・ファビアーノ・メンデス フレッシュアイペディアより)

  • 幸野志有人

    幸野志有人から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2011年より大分トリニータへ期限付き移籍。17歳、Jリーグ史上最年少での移籍となった。田坂和昭監督は幸野のボールキープ力とアグレッシブな守備を評価。第12節栃木戦でリーグ戦デビューすると、ボランチとしてだけでなくシャドーストライカーとしても起用され2列目からの飛び出しなど攻撃面での貢献も見せた。幸野志有人 フレッシュアイペディアより)

  • 橋内優也

    橋内優也から見た大分トリニータ大分トリニータ

    監督がミハイロ・ペトロヴィッチに交代した以降は右CBあるいは右アウトサイドとしてプレーしたが、怪我がちで出場機会に恵まれなかった。2008年末、移籍を前提に他チームに練習参加していたがまとまらなかった。翌2009年、引き続き広島に在籍、同年6月3日に若手主体となったナビスコ杯対大分トリニータ戦にてプロ初得点を決める。橋内優也 フレッシュアイペディアより)

587件中 61 - 70件表示

「大分トリニータ」のニューストピックワード