587件中 71 - 80件表示
  • 吉田孝行

    吉田孝行から見た大分トリニータ大分トリニータ

    1998年に横浜マリノスとの合併によるチーム消滅に伴い、横浜F・マリノスに移籍。なかなか出番に恵まれず、2000年途中に大分トリニータに移籍。吉田孝行 フレッシュアイペディアより)

  • 松山博明

    松山博明から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2006年からは大分トリニータの強化担当に就任、同年7月にS級ライセンスを取得した。大分ではその前にコーチを務めていた滝川第二高等学校時代の教え子である金崎夢生や清水圭介らを加入させた。強化担当にあった2009年7月、監督のペリクレス・シャムスカが解任されたのに伴い、後任のランコ・ポポヴィッチの登録が完了するまで1試合だけ暫定監督を務め、浦和レッズに1-0で勝利してチームの連敗を14で止めた。松山博明 フレッシュアイペディアより)

  • 梅田高志

    梅田高志から見た大分トリニータ大分トリニータ

    高校卒業後の1995年にジャパンフットボールリーグの西濃運輸サッカー部に入団するが、1997年に同サッカー部が廃部したため、1998年からは大分トリニティ(1999年以降は大分トリニータ)に移籍。2000年、2001年には加地亮などとポジションを争ったことで出場機会を減らしたが、2003年のJ1昇格後も主力として活躍。大分では当時最も在籍年数が多かった。梅田高志 フレッシュアイペディアより)

  • エルディス・フェルナンド・ダマショ

    エルディス・フェルナンド・ダマショから見た大分トリニータ大分トリニータ

    2009年からはブラジルのヴァスコ・ダ・ガマに所属していたが、同年7月、深刻な低迷で降格危機に瀕しており、得点源を探していた大分トリニータへ期限付き移籍で加入。移籍後しばらくはチームにフィットできずベンチを暖める日々が続いていたが、チームの降格決定後は3試合連続ゴールを決めるなど、かつての実力の片鱗を見せた。エルディス・フェルナンド・ダマショ フレッシュアイペディアより)

  • トゥーリオ・ルストーザ・セイシャス・ピネイロス

    トゥーリオ・ルストーザ・セイシャス・ピネイロスから見た大分トリニータ大分トリニータ

    ボタフォゴを経て、2005年8月に大分トリニータへと移籍した。ペリクレス・シャムスカ監督のもと、やや守備的な役割のエジミウソンとともに攻撃的なドイスボランチを構成していた。2007年はボタフォゴへ復帰。トゥーリオ・ルストーザ・セイシャス・ピネイロス フレッシュアイペディアより)

  • 柴小屋雄一

    柴小屋雄一から見た大分トリニータ大分トリニータ

    大分トリニータ在籍時は、皇甫官監督時代に当時入団一年目だった深谷友基とCBを組み、三木隆司などベテランを退け開幕からレギュラーを掴んだ。経験不足による失点は目立ったが、空中戦には強く、強豪クラブを抑える活躍をした。柴小屋雄一 フレッシュアイペディアより)

  • シジクレイ・デ・ソウザ

    シジクレイ・デ・ソウザから見た大分トリニータ大分トリニータ

    1999年、J1の京都パープルサンガに完全移籍。初のJリーグでも1年を通して活躍し、出場停止1試合を除く29試合にフル出場した。自身は翌2000年も京都でのプレーを考えていたが、「このチームで続けられる、と思っていたらできなかった。いまでもその理由が分からない」と述懐する何らかの理由により実現せず、この年は大分トリニータに期限付き移籍される事になった。大分は最終節までJ1昇格争いに絡み、2位と勝ち点1差の3位でシーズンを終えた。シジクレイ・デ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • 家本政明

    家本政明から見た大分トリニータ大分トリニータ

    J1第16節(7月29日)、大分トリニータ - 川崎フロンターレ戦家本政明 フレッシュアイペディアより)

  • 第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会

    第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会から見た大分トリニータ大分トリニータ

    大分トリニータ(12年連続12回目)第87回天皇杯全日本サッカー選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 木島悠

    木島悠から見た大分トリニータ大分トリニータ

    木島 悠(きじま ゆう、1986年5月18日 - )は、兵庫県神戸市出身のプロサッカー選手。大分トリニータ所属。ポジションはフォワード。木島悠 フレッシュアイペディアより)

587件中 71 - 80件表示

「大分トリニータ」のニューストピックワード