764件中 71 - 80件表示
  • 河原和寿

    河原和寿から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2009年、新潟からJ2に新規参入したばかりの栃木SCに期限付き移籍。戦力的に厳しいチームの中でエースとして孤軍奮闘し、13得点を記録する活躍を見せ、2010年に新潟に復帰。しかし、2010シーズン開幕戦先発メンバー入りを果たしたものの、その後は出場機会を得られず、同年8月よりJ2・大分トリニータへ期限付き移籍。大分ではシーズン途中の加入ながらレギュラーの座を掴み、リーグ戦17試合に出場し2得点を記録した。河原和寿 フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・シルバ・ドス・サントス

    ダニエル・シルバ・ドス・サントスから見た大分トリニータ大分トリニータ

    2014年9月、大分トリニータに加入。翌2015年は主将を務めた。同クラブで外国籍選手が主将を務めたのはサンドロ以来11年ぶり。2016年シーズンを以て契約満了により大分を退団。ダニエル・シルバ・ドス・サントス フレッシュアイペディアより)

  • 土斐崎浩一

    土斐崎浩一から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2013年にはKリーグクラシック・蔚山現代FCのフィジカルコーチに就任。キム・シヌクの柔軟性、跳躍力、瞬発力の改善に着手し、キムのリーグMVPを含む個人タイトル3冠獲得に大きく貢献した。2014年6月に大分トリニータのフィジカルコーチに就任。土斐崎浩一 フレッシュアイペディアより)

  • ワンタッチパス

    ワンタッチパスから見た大分トリニータ大分トリニータ

    2017年シーズンでの状況は、J1では全クラブに導入されたが、J2では大分トリニータが導入しておらず、J3ではカターレ富山、ガイナーレ鳥取、ギラヴァンツ北九州以外の11クラブがワンタッチパス対応の会員カードを発行しておらず、導入クラブは全54クラブ中42クラブにとどまっている。また、大分トリニータ、栃木SCは2015年まで導入していたものの、J2からJ3への降格に伴い2016年からは取り扱わないこととしている。なお、Jリーグの定めるスタジアム検査要項の「V.観客用設備」の「3.入場ゲート」の項に於いて、「ワンタッチパスが設置できるスペースがあること」を必ず具備しなければならない条件として定めている。ワンタッチパス フレッシュアイペディアより)

  • 増田繁人

    増田繁人から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2011年、Jリーグ・アルビレックス新潟に入団。同年、日本高校サッカー選抜の直前合宿・欧州遠征メンバーに選出された。2013年はザスパクサツ群馬へ、2014年は大分トリニータへ、2015年はJ3のFC町田ゼルビアへ期限付き移籍。増田繁人 フレッシュアイペディアより)

  • 金井大樹

    金井大樹から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2015年シーズンは原裕太郎やシュミット・ダニエルらの加入によりレギュラーの座を失ったが、同年8月3日に大分トリニータへの期限付き移籍が発表された。移籍期間は2016年1月31日まで。大分ではベンチ入りすらなくシーズンを終え、ロアッソ熊本に復帰した。金井大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 岡中勇人

    岡中勇人から見た大分トリニータ大分トリニータ

    1993年Jリーグ開幕節前から本並健治と正ゴールキーパーの座を巡って熾烈な争いをしていたが、しばらくはベンチを温める状態が続いた。本並が腎臓破裂の重傷を負い、長期離脱中は正GKとしてゴールを守り続けた。1994年に本並が復帰すると再びベンチを温める時期が続いたが、1996年シーズン途中に本並からポジションを奪い返し、1997年に本並がヴェルディ川崎に移籍した後も絶対的守護神としてゴールを守り続けた。1998年には岡田武史、フィリップ・トルシエの両監督からいずれも日本代表に招集された。しかし、2000年に病気の影響で開幕から離脱している間に都築龍太にポジションを奪われる。復帰後も都築からレギュラーを奪った松代直樹が正GKを務めていたため出場機会が激減し、2002年にJ2の大分トリニータへ移籍。G大阪には松下電器時代から数えて11シーズン在籍した。岡中勇人 フレッシュアイペディアより)

  • 立石敬之

    立石敬之から見た大分トリニータ大分トリニータ

    大学卒業後はブラジルのECノロエスチでプレーし、後にベルマーレ平塚、東京ガス(後のFC東京)、大分トリニータと旧JFLでプレー。東京ガスでは岡島清延とドイスボランチを形成し活躍。大分では現役引退後もコーチや強化部長などを歴任、トップ強化とユース育成を同時進行で進める激務をこなした。立石敬之 フレッシュアイペディアより)

  • 末吉隼也

    末吉隼也から見た大分トリニータ大分トリニータ

    2013年、ライバルチームであるサガン鳥栖に完全移籍。高校・大学時代のチームメイトである藤田直之と再びチームメイトとなったが、その藤田と高橋義希が組むボランチコンビの牙城を崩す事はできず、シーズン中盤からはベンチさえ入れないシーズンを送った。翌2014年に大分トリニータに期限付き移籍。2015年、古巣のアビスパ福岡に3年ぶりに復帰が決定した。末吉隼也 フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のJリーグカップ

    2013年のJリーグカップから見た大分トリニータ大分トリニータ

    2013年度J1リーグ参加18クラブが出場。J1昇格組ではヴァンフォーレ甲府が2011年大会以来2年振り、湘南ベルマーレが2010年大会以来3年振り、大分トリニータが2009年大会以来4年振りの出場となる。2013年のJリーグカップ フレッシュアイペディアより)

764件中 71 - 80件表示

「大分トリニータ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]