94件中 61 - 70件表示
  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た大分スポーツクラブ

    運営法人は株式会社大分フットボールクラブであり、1999年にJリーグへ加盟した。ホームスタジアムは大分銀行ドーム、練習場は大分スポーツクラブおよび大分スポーツ公園サッカー・ラグビー場である(詳細はを参照)。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た大分スポーツ公園総合競技場

    運営法人は株式会社大分フットボールクラブであり、1999年にJリーグへ加盟した。ホームスタジアムは大分銀行ドーム、練習場は大分スポーツクラブおよび大分スポーツ公園サッカー・ラグビー場である(詳細はを参照)。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た大分県社会人サッカーリーグ

    1994年4月に任意団体「大分フットボールクラブ」として発足。競技登録上のチーム名は「大分」または「大分FC」で、「大分トリニティ」という愛称が付けられた。大分県社会人サッカーリーグ(当時は1部リーグのみ)と九州サッカーリーグを連覇して1996年に全国地域サッカーリーグ決勝大会(地元大分市営陸上競技場で開催)で2位に入り、発足から2年でジャパンフットボールリーグ(旧JFL)へ昇格。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見たイタリア語

    クラブ名は、三位一体を表す英語「トリニティ(Trinity)」とホームタウン名「大分(Oita)」を合わせた造語で、イタリア語で「三位一体」を表すTrinitaと同じ綴りになっている。県民・企業・行政が一致団結することを表している。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た2008年のJリーグカップ

    2009年から2008年のJリーグカップ優勝による星マークを胸のエンブレムにつけている。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見たニータン

    クラブマスコットは、亀がモチーフのニータン と、ウサギをモチーフにした準マスコットのリッジー。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た第63回国民体育大会

    2008年、J1第26節の札幌戦は第63回国民体育大会(チャレンジ!おおいた国体)の関係で鹿児島県立鴨池陸上競技場を使用した。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た人文字

    開幕戦など重要な試合ではサポーターがカラーボードを掲げている(コレオグラフィー、人文字)。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た日本プロサッカーリーグ

    大分トリニータ(おおいたトリニータ、Oita Trinita)は、日本の大分市、別府市、佐伯市を中心とする大分県全県をホームタウンとする日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見たダブルヘッダー

    2007年10月20日はKKWINGで13時からロッソ、19時30分からトリニータが同日開催した。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

94件中 61 - 70件表示

「大分トリニータ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]