94件中 71 - 80件表示
  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た鹿児島県立鴨池陸上競技場

    2008年、J1第26節の札幌戦は第63回国民体育大会(チャレンジ!おおいた国体)の関係で鹿児島県立鴨池陸上競技場を使用した。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た九州ダービー

    アウェーではバトルオブ九州などで行っている。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た2007年のJリーグ

    2007年のJリーグの第18節の横浜F・マリノス戦(6月30日、九州石油ドーム)で0-3と惨敗。連敗続き、そして自動降格圏17位でチームに対し、約1,000人のサポーターがスタジアムに試合終了後2時間居残り、不甲斐ないチームや経営陣への不満を爆発させた。サポーターに対し、一度はスタッフが説明を行ったが、「社長出て来い」とサポーターは収まらず、最終的には社長の溝畑宏が「近日中に話し合いの場を設ける」ことを約束。7月8日に経営陣とサポーター代表との話し合いが持たれた。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た2000年J2最終節

    監督に前山形監督の石崎信弘が就任。J2初年度からJ1昇格争いに加わるが、1999年・2000年とも2年連続で2位との勝ち点差1の3位で昇格を逃した。2001年はシーズン当初より不振で5月に石崎を監督より解任し、小林伸二が後任の監督に就任。最終節まで昇格を争うところまで持ち直したが、結局6位に終わった。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見たジャパンフットボールリーグ

    1994年4月に任意団体「大分フットボールクラブ」として発足。競技登録上のチーム名は「大分」または「大分FC」で、「大分トリニティ」という愛称が付けられた。大分県社会人サッカーリーグ(当時は1部リーグのみ)と九州サッカーリーグを連覇して1996年に全国地域サッカーリーグ決勝大会(地元大分市営陸上競技場で開催)で2位に入り、発足から2年でジャパンフットボールリーグ(旧JFL)へ昇格。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た三位一体

    クラブ名は、三位一体を表す英語「トリニティ(Trinity)」とホームタウン名「大分(Oita)」を合わせた造語で、イタリア語で「三位一体」を表すTrinitaと同じ綴りになっている。県民・企業・行政が一致団結することを表している。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見たリバーパーク犬飼

    主練習場は大分スポーツクラブおよび大分スポーツ公園サッカー・ラグビー場である。なお、2002年頃までは、リバーパーク犬飼等各地のグラウンドを転々として練習を行っていた。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た日本

    大分トリニータ(おおいたトリニータ、Oita Trinita)は、日本の大分市、別府市、佐伯市を中心とする大分県全県をホームタウンとする日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た2003年のJリーグカップ

    2003年のJリーグカップの京都戦(3月8日、西京極)で、1-1で迎えた後半17分、大分・高松大樹が負傷したために京都側はボールを一旦フィールドの外に出した。試合再開後に大分も京都の選手に向かって蹴ったが、そのボールをロドリゴがカットし、そのままゴールを決めてしまった。ルール上は大分の得点として認められるが、京都側はマナーに反する行為であるとして猛烈に抗議し、会場は一時騒然となった。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た英語

    クラブ名は、三位一体を表す英語「トリニティ(Trinity)」とホームタウン名「大分(Oita)」を合わせた造語で、イタリア語で「三位一体」を表すTrinitaと同じ綴りになっている。県民・企業・行政が一致団結することを表している。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

94件中 71 - 80件表示

「大分トリニータ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]