94件中 81 - 90件表示
  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た京都サンガF.C.

    2003年のJリーグカップの京都戦(3月8日、西京極)で、1-1で迎えた後半17分、大分・高松大樹が負傷したために京都側はボールを一旦フィールドの外に出した。試合再開後に大分も京都の選手に向かって蹴ったが、そのボールをロドリゴがカットし、そのままゴールを決めてしまった。ルール上は大分の得点として認められるが、京都側はマナーに反する行為であるとして猛烈に抗議し、会場は一時騒然となった。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た熊本県民総合運動公園屋内運動広場

    2004年は雷雨により中止となったが、この時に熊本県民総合運動公園屋内運動広場(パークドーム熊本)南側の駐車場が冠水し、駐車していた約150台が動かなくなった。ところが、この駐車場はもともと洪水を防ぐために雨水を一時的に貯める貯水池だったことから、後日トリニータの補償問題に発展した。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た全国地域サッカーチャンピオンズリーグ

    1994年4月に任意団体「大分フットボールクラブ」として発足。競技登録上のチーム名は「大分」または「大分FC」で、「大分トリニティ」という愛称が付けられた。大分県社会人サッカーリーグ(当時は1部リーグのみ)と九州サッカーリーグを連覇して1996年に全国地域サッカーリーグ決勝大会(地元大分市営陸上競技場で開催)で2位に入り、発足から2年でジャパンフットボールリーグ(旧JFL)へ昇格。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た日本女子サッカーリーグ

    将来的な日本女子サッカーリーグ参入を視野に入れ、女子サッカーチームの「大分トリニータレディース」を2007年4月に創設。2006年10月に第一回セレクションを開催し、30名の選手が選抜された。2007年に大分県女子サッカーリーグおよび九州各県女子リーグ決勝大会で優勝し、2008年より九州女子サッカーリーグに所属している。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た1999年J2最終節

    監督に前山形監督の石崎信弘が就任。J2初年度からJ1昇格争いに加わるが、1999年・2000年とも2年連続で2位との勝ち点差1の3位で昇格を逃した。2001年はシーズン当初より不振で5月に石崎を監督より解任し、小林伸二が後任の監督に就任。最終節まで昇格を争うところまで持ち直したが、結局6位に終わった。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た熊本県民総合運動公園陸上競技場

    2007年までは熊本県民総合運動公園陸上競技場(現:うまかな・よかなスタジアム)で年1-2回ホームゲームを開催していた。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た大分市営陸上競技場

    1994年4月に任意団体「大分フットボールクラブ」として発足。競技登録上のチーム名は「大分」または「大分FC」で、「大分トリニティ」という愛称が付けられた。大分県社会人サッカーリーグ(当時は1部リーグのみ)と九州サッカーリーグを連覇して1996年に全国地域サッカーリーグ決勝大会(地元大分市営陸上競技場で開催)で2位に入り、発足から2年でジャパンフットボールリーグ(旧JFL)へ昇格。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ九州

    高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ九州1部(2013年、2014年)大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た九州サッカーリーグ

    1994年4月に任意団体「大分フットボールクラブ」として発足。競技登録上のチーム名は「大分」または「大分FC」で、「大分トリニティ」という愛称が付けられた。大分県社会人サッカーリーグ(当時は1部リーグのみ)と九州サッカーリーグを連覇して1996年に全国地域サッカーリーグ決勝大会(地元大分市営陸上競技場で開催)で2位に入り、発足から2年でジャパンフットボールリーグ(旧JFL)へ昇格。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

  • 大分トリニータ

    大分トリニータから見た京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

    2003年のJリーグカップの京都戦(3月8日、西京極)で、1-1で迎えた後半17分、大分・高松大樹が負傷したために京都側はボールを一旦フィールドの外に出した。試合再開後に大分も京都の選手に向かって蹴ったが、そのボールをロドリゴがカットし、そのままゴールを決めてしまった。ルール上は大分の得点として認められるが、京都側はマナーに反する行為であるとして猛烈に抗議し、会場は一時騒然となった。大分トリニータ フレッシュアイペディアより)

94件中 81 - 90件表示

「大分トリニータ」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]