507件中 91 - 100件表示
  • 2005年上半期の市町村合併

    2005年上半期の市町村合併から見た佐伯市佐伯市

    大分県佐伯市+南海部郡上浦町+弥生町+本匠村+宇目町+直川村+鶴見町+米水津村+蒲江町=佐伯市(新設)2005年上半期の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • チューロウ

    チューロウから見た佐伯市佐伯市

    作者自身が大分県佐伯市生まれであることもあり、作品の舞台である地方都市のモデルは大分市。高校名や予備校名に類推できる実在する学校や地名が大分市・佐伯市に存在する。また、大分駅も作中にはっきりと確認できる。チューロウ フレッシュアイペディアより)

  • 南生

    南生から見た佐伯市佐伯市

    域内には国道57号、国道442号、JR豊肥本線が横断している。中心部の玉来に玉来駅がある。拝田原には大分バス竹田営業所(大野竹田バス竹田営業所)のバスターミナルがあり、市内では久住地区や直入地区、由布市・豊後大野市・大分市・佐伯市など大分県中部・南部の各方面へのバスが発着している。南生 フレッシュアイペディアより)

  • 奥豊後

    奥豊後から見た佐伯市佐伯市

    行政区分で言えば、概ね現在の竹田市、豊後大野市を中心とした地域が奥豊後に相当する。臼杵市の旧野津町域、佐伯市の旧宇目町域も奥豊後とされることが多く、竹田市内でも大野川流域から外れる旧直入郡直入町・久住町は除かれることも多い。狭義では、大野川の上流部にあたる旧竹田市を中心とする地域のみを奥豊後とすることもある。奥豊後 フレッシュアイペディアより)

  • 佩楯山

    佩楯山から見た佐伯市佐伯市

    佩楯山(はいだてさん)は、大分県豊後大野市三重町松尾と佐伯市本匠大字山部との境に位置する標高753.8mの山である。山頂からは豊後大野市三重地区の中心部や由布・鶴見岳、祖母山が見える。大分百山の一つ。山頂には753.76mの一等三角点がある。佩楯山 フレッシュアイペディアより)

  • 日豊海岸シーニック・バイウェイ

    日豊海岸シーニック・バイウェイから見た佐伯市佐伯市

    日豊海岸シーニック・バイウェイ(にっぽうかいがんシーニック・バイウェイ)は、大分県佐伯市から宮崎県延岡市に至る日本風景街道のひとつである。別称は蒲江・北浦大漁海道で、その名が示すとおり、佐伯市南部の旧蒲江町と延岡市北部の旧北浦町を中心とする。日豊海岸シーニック・バイウェイ フレッシュアイペディアより)

  • 水ノ子島

    水ノ子島から見た佐伯市佐伯市

    水ノ子島(みずのこじま)は、豊後水道の中央に位置する無人島である。大分県佐伯市に属している。水ノ子島 フレッシュアイペディアより)

  • 日隈城

    日隈城から見た佐伯市佐伯市

    日隈城は、安土桃山時代に日田盆地を流れる三隈川沿岸に築かれた平山城であった。豊臣政権下の直轄地(蔵入地)となった際に宮城豊盛によって築かれ、毛利高政が改修した際には5重の天守や三重櫓が建てられたとされる。毛利氏は関ヶ原の戦いの際の寝返りなどで功を上げたことにより佐伯2万石の所領を安堵され日隈城を実質の支城としたが、一国一城令の発布後は、廃城とされた。日隈城 フレッシュアイペディアより)

  • 新東九州観光圏

    新東九州観光圏から見た佐伯市佐伯市

    新東九州観光圏(しんひがしきゅうしゅうかんこうけん )は、観光圏整備法(観光圏の整備による観光旅客の来訪及び滞在の促進に関する法律)に基づいて認定された観光圏である。対象地域は、大分県中部から宮崎県北部にかけての地域で、対象となる自治体は、大分県由布市、別府市、大分市、臼杵市、津久見市、佐伯市、宮崎県延岡市の7市。観光圏のサブタイトルは、「東九州東方見聞録泉と浦の旅」。新東九州観光圏 フレッシュアイペディアより)

  • 月刊シティ情報おおいた

    月刊シティ情報おおいたから見た佐伯市佐伯市

    大分県佐伯市出身のお笑いコンビ、ダイノジの大谷伸彦(現・大谷ノブ彦)が、「トウキョウブラッド」というエッセイを連載していた。この連載は後におおいたインフォメーションハウスから『俺、大谷伸彦』として単行本化されている。月刊シティ情報おおいた フレッシュアイペディアより)

507件中 91 - 100件表示

「大分南部のできごと」のニューストピックワード