364件中 71 - 80件表示
  • 黒木剛一

    黒木剛一から見た佐伯市佐伯市

    1915年(大正4年)12月16日- 海軍兵学校卒業 卒業時成績順位96名中第40位・任 海軍少尉候補生・装甲巡洋艦「磐手」乗組・練習艦隊近海航海出発 徳山~佐伯~鹿児島~佐世保~上海~青島~旅順~大連~仁川~鎮海~釜山~竹敷~別府~大阪~鳥羽方面巡航黒木剛一 フレッシュアイペディアより)

  • 粟嶋神社 (海南市)

    粟嶋神社 (海南市)から見た佐伯市佐伯市

    文永年間(13世紀後半)に硯浦から参拝の便をはかって現在地に遷座し、当時の浜中荘の領家である仁和寺から広い神地が寄進されて社殿荘厳を極め、以来全国津々浦々に信仰が拡大したというが、江戸時代の宝永4年(1707年)に豊後国海部郡米水津(よのうづ)村(現大分県佐伯市米水津)の住人が参拝して奉納した金幣(金箔を施した御幣)3体や、寛政9年(1797年)に上州山田郷(現群馬県桐生市)の信者によって寄進された神橋(海南市指定文化財)が現存している。粟嶋神社 (海南市) フレッシュアイペディアより)

  • 粟嶋神社 (佐伯市)

    粟嶋神社 (佐伯市)から見た佐伯市佐伯市

    粟嶋神社(あわしまじんじゃ)は、大分県佐伯市米水津(よのうづ)にある神社(旧郷社)。鎮座地は北から米水津湾に突き出す岬の北西部つけ根に当たり、湾に面して位置する。粟嶋神社 (佐伯市) フレッシュアイペディアより)

  • 上浦村

    上浦村から見た佐伯市佐伯市

    上浦村 (大分県南海部郡) - 大分県南海部郡。東上浦村が名称変更。町制施行し上浦町となる。現:佐伯市上浦村 フレッシュアイペディアより)

  • ごまだし

    ごまだしから見た佐伯市佐伯市

    ごまだしは、焼いたエソ類などの魚の身、胡麻、醤油等を混ぜ、擂り潰して作られる大分県佐伯市地方の郷土料理である。湯に溶いてうどんを入れ、「ごまだしうどん」として食すのが一般的で、この「ごまだしうどん」は農山漁村の郷土料理百選に選定されている。ごまだし フレッシュアイペディアより)

  • 日本列島の人類の歴史

    日本列島の人類の歴史から見た佐伯市佐伯市

    大分県佐伯市(旧南海部郡本匠村)聖岳(ひじりだけ)洞窟:「聖岳人」は、1962年に大分県本匠村聖嶽洞穴で前頭骨・頭頂骨・後頭骨の破片が発見され、元新潟大学教授小片保によって中国の上洞人と似ているとされたが、形態面や年代推定から歴史(江戸)時代に属する可能性が極めて高くなった。日本列島の人類の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 城山 (佐伯市西谷)

    城山 (佐伯市西谷)から見た佐伯市佐伯市

    城山(しろやま)とは、大分県佐伯市にある、標高144mの山。山頂に佐伯城跡がある。麓の佐伯文化会館から徒歩約20分ほどで山頂に到達でき、佐伯の市街地が一望できる。城山 (佐伯市西谷) フレッシュアイペディアより)

  • 県南落語組合

    県南落語組合から見た佐伯市佐伯市

    県南落語組合(けんなんらくごくみあい)は、大分県佐伯市で生まれた、落語を基本活動に据えた社会人グループ。県南落語組合 フレッシュアイペディアより)

  • 由利島 (敷設艇)

    由利島 (敷設艇)から見た佐伯市佐伯市

    1942年(昭和17年)11月30日日本鋼管鶴見造船所にて竣工。呉鎮守府籍、佐伯防備戦隊付属に編入、パラオ、サイパン、父島などへの船団護衛に従事。由利島 (敷設艇) フレッシュアイペディアより)

  • 怒和島 (敷設艇)

    怒和島 (敷設艇)から見た佐伯市佐伯市

    呉鎮守府籍、佐伯防備戦隊付属に編入、佐伯を基地にパラオ、沖縄方面の船団護衛などに従事。怒和島 (敷設艇) フレッシュアイペディアより)

364件中 71 - 80件表示

「大分南部のできごと」のニューストピックワード