前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示
  • 児島虎次郎

    児島虎次郎から見た大原美術館大原美術館

    1908年(明治41年)ヨーロッパに留学。1909年(明治42年)ベルギーのゲント美術アカデミーに入学。1912年(明治45年)には同校を首席で卒業し、大正元年となった同年11月に帰国。1913年(大正2年)石井十次の長女・友子と結婚。その後、絵画制作の傍ら中国・朝鮮を旅行。また、孫三郎の依頼を受け絵画買い付けのため数度ヨーロッパに渡りモネ、エル・グレコ、ゴーギャン、ロダンなどの作品を購入した。この収集品が後の大原美術館建設の礎となった。児島虎次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 三橋健 (画家)

    三橋健 (画家)から見た大原美術館大原美術館

    岡山県へ帰省後は大原農業研究所植物病理学教室に助手として勤務する傍ら画家として活動し、大原美術館の美術収集においても尽力し、倉敷市に残る白壁の民家を数多く書き残した。また、茶屋町中学校、倉敷天城高校、児島高校、倉敷青陵高校などの美術教師も歴任した。三橋健 (画家) フレッシュアイペディアより)

  • 太田三郎 (芸術家)

    太田三郎 (芸術家)から見た大原美術館大原美術館

    ほかに太田三郎の展示スペース全体を活用したインスタレーションとして、2008年の大原美術館有隣荘(岡山県倉敷市)、2010年アートスペース油亀での「太田三郎「出石町の家」」、「六甲ミーツアート芸術散歩2010」に出品した「六甲山ハウス」などがある。太田三郎 (芸術家) フレッシュアイペディアより)

  • 今井俊満

    今井俊満から見た大原美術館大原美術館

    「馬」1955年、大原美術館所蔵今井俊満 フレッシュアイペディアより)

  • 小出楢重

    小出楢重から見た大原美術館大原美術館

    1(1919年)(大原美術館蔵、重要文化財)小出楢重 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県の観光地

    岡山県の観光地から見た大原美術館大原美術館

    ファイル:Kurashiki Ohara Art Museum02nt3200.jpg|大原美術館岡山県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 大原孫三郎

    大原孫三郎から見た大原美術館大原美術館

    社会、文化事業にも熱心に取り組み、倉紡中央病院(現・倉敷中央病院)、大原美術館、大原奨農会農業研究所(現・岡山大学資源生物科学研究所)、倉敷労働科学研究所(現・大原記念労働科学研究所)、大原社会問題研究所(現法政大学大原社会問題研究所)、私立倉敷商業補習学校(現岡山県立倉敷商業高等学校)を設立した。倉敷教会(後の日本基督教団倉敷教会)の最初の教会員。大原孫三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷地域

    倉敷地域から見た大原美術館大原美術館

    旧市制施行後、中心地となる旧倉敷町域には昭和5年に大原美術館、昭和23年に倉敷民藝館、昭和25年に倉敷考古館など美術・学術関連の文化施設が次々と建設され、また以前から大原孫三郎等による町並み保存・景観整備運動の流れもあったことから、文化都市的要素が多分い包蔵された市勢が根付いていった。これは新・倉敷市へも引き継がれている。倉敷地域 フレッシュアイペディアより)

  • 熊谷守一

    熊谷守一から見た大原美術館大原美術館

    4歳で死んだ息子・陽(よう)が自宅の布団の上で息絶えた姿を荒々しい筆遣いで描いたもの(「陽の死んだ日」1928年/大原美術館)、結核を患い2年も寝込んでいた長女・萬(まん)の病床の顔を描いた作品、その萬が21歳の誕生日を迎えてすぐ亡くなり野辺の送りの帰りを描いた作品(「ヤキバノカエリ」1948-55年/岐阜県美術館)、仏壇に当時は高価であったタマゴをお供えした様子(「仏前」1948年/豊島区立熊谷守一美術館 寄託作品(個人蔵))なども絵に残している。子煩悩で大変に子供をかわいがった。熊谷守一 フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ

    ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌから見た大原美術館大原美術館

    世代的にはクールベやマネなどとほぼ同時代だが、シャヴァンヌの作風は写実主義、印象派、アカデミズムのいずれとも一線を画している。しいて分類すれば象徴主義ということになろうが、19世紀フランスにおいて位置付けのむずかしい画家である。物語風の伝統を受け継ぎつつ、自然の風景と人物像が調和した独自の作風を作り上げ、後の世代に大きな影響を与えた。フランスに留学した日本人画家が多数そのアトリエを訪れたことも知られる。倉敷の大原美術館に作品が収蔵されていることもあり、日本では比較的早くから雑誌『白樺』などで紹介され、当時留学中の黒田清輝らも訪問していた。フランスを代表する巨匠として高く評価され、大規模な壁画の仕事を次々とこなす一方、多数の肖像画も描いた。神々や聖人を描きながらもシャヴァンヌの作品はその芸術が静かに湛える自然の息吹こそが多くの画家たちをひきつけた。パブロ・ピカソもその一人で、美術館に何回も足を運び、シャヴァンヌの絵を模写していたという逸話が残されている。ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
103件中 1 - 10件表示

「大原美術館」のニューストピックワード