前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示
  • 三橋健 (画家)

    三橋健 (画家)から見た大原美術館大原美術館

    岡山県へ帰省後は大原農業研究所植物病理学教室に助手として勤務する傍ら画家として活動し、大原美術館の美術収集においても尽力し、倉敷市に残る白壁の民家を数多く書き残した。また、茶屋町中学校、倉敷天城高校、児島高校、倉敷青陵高校などの美術教師も歴任した。三橋健 (画家) フレッシュアイペディアより)

  • 薬師寺主計

    薬師寺主計から見た大原美術館大原美術館

    岡山県出身。1909年東京帝国大学工科建築科を卒業後、陸軍省の技師として勤務する一方で、郷里の有力者であった大原孫三郎の依頼により第一合同銀行倉敷支店(現・中国銀行倉敷本町出張所)の設計に携わった。1926年の陸軍省退職後、大原孫三郎に招かれ倉敷絹織株式会社(現・株式会社クラレ)の取締役に就任し、その経営に参画しながら大原美術館本館や倉紡中央病院(現・倉敷中央病院)、第一合同銀行本店(現・中国銀行)などの大原家の関わる施設を中心に多くの建築を手がけた。薬師寺主計 フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷 (倉敷市)

    倉敷 (倉敷市)から見た大原美術館大原美術館

    旧市制施行後、中心地となる旧倉敷町域には昭和5年に大原美術館、昭和23年に倉敷民芸館、昭和25年に倉敷考古観など美術・学術関連の文化施設が次々と建設され、また以前から大原孫三郎等による町並み保存・景観整備運動の流れもあったことから、文化都市的要素が多分い包蔵された市勢が根付いていった。これは新・倉敷市へも引き継がれている。倉敷 (倉敷市) フレッシュアイペディアより)

  • 松下修也

    松下修也から見た大原美術館大原美術館

    1960年、黛敏郎作曲の「独奏チェロのための”文楽”」(大原美術館30周年を記念した委嘱作)を大原美術館にて初演した。同美術館初のギャラリーコンサートであった。また「プロムジカ弦楽四重奏団」のメンバーとして岩淵竜太郎、堀伝、江戸純子も共に演奏を行った。松下修也 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山県の観光地

    岡山県の観光地から見た大原美術館大原美術館

    ファイル:Kurashiki Ohara Art Museum02nt3200.jpg|大原美術館岡山県の観光地 フレッシュアイペディアより)

  • 日本民藝館

    日本民藝館から見た大原美術館大原美術館

    柳は日本各地に個性的な仏像を残した江戸時代の遊行僧・木喰の再発見者としても知られ、1923年(大正12年)以来、木喰の事績を求めて佐渡をはじめ日本各地に調査旅行をしている。同じ1923年の関東大震災の大被害を契機として京都に居を移した柳は、実作者である濱田庄司、河井寛次郎らの同士とともに、いわゆる「民芸運動」を展開した。「民芸品売り場」「民芸調の家具」など、現代日本語の表現として定着している「民芸」という言葉自体が、この時期柳らによって使い始められた造語である。柳、濱田、河井らは、当時の美術界ではほとんど無視されていた日本各地の日常雑器、日用品など、無名の工人による民衆的工芸品の中に真の美を見出し、これを世に広く紹介する活動に尽力した。運動の中心であった柳は、当時ほとんど研究が進んでおらず、美術品としての評価も定まっていなかった日本各地の民衆的工芸品の調査・収集のため、日本全国を精力的に旅した。柳は、こうして収集した工芸品を私有せず広く一般に公開したいと考えていた。当初は帝室博物館(現在の東京国立博物館)に収集品を寄贈しようと考えていたが、寄贈は博物館側から拒否された。京都に10年ほど住んだ後にふたたび東京へ居を移した柳は、実業家大原孫三郎(株式会社クラレ、大原美術館、大原社会問題研究所などの創設者)より経済面の援助を得て、1936年(昭和11年)、東京・駒場の自邸隣に日本民藝館を開設した。木造瓦葺き2階建ての蔵造りを思わせる日本民藝館本館は、第二次世界大戦にも焼け残り、戦後も民芸運動の拠点として地道に活動を継続してきた。日本民藝館 フレッシュアイペディアより)

  • 太田三郎 (芸術家)

    太田三郎 (芸術家)から見た大原美術館大原美術館

    ほかに太田三郎の展示スペース全体を活用したインスタレーションとして、2008年の大原美術館有隣荘(岡山県倉敷市)、2010年アートスペース油亀での「太田三郎「出石町の家」」、「六甲ミーツアート芸術散歩2010」に出品した「六甲山ハウス」などがある。太田三郎 (芸術家) フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ

    ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌから見た大原美術館大原美術館

    世代的にはクールベやマネなどとほぼ同時代だが、シャヴァンヌの作風は写実主義、印象派、アカデミスムのいずれとも一線を画している。しいて分類すれば象徴主義ということになろうが、19世紀フランスにおいて位置付けのむずかしい画家である。物語風の伝統を受け継ぎつつ、自然の風景と人物像が調和した独自の作風を作り上げ、後の世代に大きな影響を与えた。フランスに留学した日本人画家が多数そのアトリエを訪れたことも知られる。倉敷の大原美術館に作品が収蔵されていることもあり、日本では比較的早くから雑誌『白樺』などで紹介され、当時留学中の黒田清輝らも訪問していた。フランスを代表する巨匠として高く評価され、大規模な壁画の仕事を次々とこなす一方、多数の肖像画も描いた。神々や聖人を描きながらもシャヴァンヌの作品はその芸術が静かに湛える自然の息吹こそが多くの画家たちをひきつけた。ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ フレッシュアイペディアより)

  • 下津井電鉄

    下津井電鉄から見た大原美術館大原美術館

    倉敷成人病センター→倉商前→大原美術館前→倉敷駅→南幸町重井病院前→中央病院前→青陵高校前→福島→中庄団地西→中庄小学校前→マスカットスタジアム前→中庄駅→川崎医大前下津井電鉄 フレッシュアイペディアより)

  • 大原孫三郎

    大原孫三郎から見た大原美術館大原美術館

    社会、文化事業にも熱心に取り組み、倉紡中央病院(現・倉敷中央病院)、大原美術館、大原奨農会農業研究所(現・岡山大学資源生物科学研究所)、倉敷労働科学研究所、大原社会問題研究所(現法政大学大原社会問題研究所)、私立倉敷商業補修学校(現岡山県立倉敷商業高等学校)を設立した。倉敷教会(後の日本基督教団倉敷教会)の最初の教会員。大原孫三郎 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
88件中 1 - 10件表示

「大原美術館」のニューストピックワード