88件中 11 - 20件表示
  • 前田寛治

    前田寛治から見た大原美術館大原美術館

    『二人の労働者』 - 1923年、油彩・画布、大原美術館前田寛治 フレッシュアイペディアより)

  • 重要美術品

    重要美術品から見た大原美術館大原美術館

    なお、制作から50年を経ていない美術品は認定対象となっておらず、たとえば明治天皇の書などは1件も認定されていない。また、当時その価値が一般にはほとんど認識されていなかった民芸品、円空仏、木喰仏などは認定の対象になっていない。一方で、第二次大戦後の文化財保護法では指定の対象となっていない西洋絵画がわずかながら重要美術品等認定物件となっていることは注目される。たとえば、大原美術館所蔵品のうち、エル・グレコ『受胎告知』をはじめ、ミレー、モロー、ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ(2点)、ピサロを含む6点の西洋絵画が1934年、重要美術品に認定されている。重要美術品 フレッシュアイペディアより)

  • 中川幸夫

    中川幸夫から見た大原美術館大原美術館

    「有隣荘・中川幸夫・大原美術館」 大原美術館・岡山中川幸夫 フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸大橋高速バス

    瀬戸大橋高速バスから見た大原美術館大原美術館

    倉敷駅前-大原美術館-倉敷市役所前-金田口-早島IC-有城南BS-水島IC-稗田BS-鷲羽山北BS-岩黒島BS-与島-坂出両景橋-入船町-高屋-高松駅前-瓦町駅前瀬戸大橋高速バス フレッシュアイペディアより)

  • 高鍋町美術館

    高鍋町美術館から見た大原美術館大原美術館

    また郷土の偉人である石井十次の娘婿が児島虎次郎である縁から、大原美術館とも深いつながりを持つ。高鍋町美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 土田麦僊

    土田麦僊から見た大原美術館大原美術館

    麦僊にはコレクターとしての一面もあり、この渡欧中にルノワール、セザンヌなどの西洋絵画を収集している。現在、大原美術館にあるセザンヌの『水浴』は麦僊旧蔵品であり、彼が自らへの刺激とするため常に画室の壁に掛けていたものであるという。土田麦僊 フレッシュアイペディアより)

  • 大原総一郎

    大原総一郎から見た大原美術館大原美術館

    1951年:大原美術館において6月にマチス展、11月にピカソ展を開催大原総一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 大原謙一郎

    大原謙一郎から見た大原美術館大原美術館

    大原美術館、倉敷中央病院の理事長で、倉敷商工会議所の会頭。倉敷芸術科学大学客員教授、くらしきコンサート顧問も勤める。元クラレ副社長、元中国銀行副頭取。大原謙一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 民芸運動

    民芸運動から見た大原美術館大原美術館

    柳はこうして収集した工芸品を私有せず広く一般に公開したいと考えていた。当初は帝室博物館(現在の東京国立博物館)に収集品を寄贈しようと考えていたが、寄贈は博物館側から拒否された。京都に10年ほど住んだ後にふたたび東京へ居を移した柳は、実業家大原孫三郎(株式会社クラレ、大原美術館、大原社会問題研究所などの創設者)より経済面の援助を得て、1936年(昭和11年)、東京・駒場の自邸隣に日本民藝館を開設した。木造瓦葺き2階建ての蔵造りを思わせる日本民藝館本館は、第二次世界大戦にも焼け残り、戦後も民芸運動の拠点として地道に活動を継続している。民芸運動 フレッシュアイペディアより)

  • アンドレ・ドーシェ

    アンドレ・ドーシェから見た大原美術館大原美術館

    東京の国立西洋美術館は、油彩画「樹と流れ」、銅版画「ブルターニュ風景」の2点を所蔵しているが、現在常設展示外。岡山県倉敷市の大原美術館は油彩画「風景」を所蔵、常設展示している。アンドレ・ドーシェ フレッシュアイペディアより)

88件中 11 - 20件表示