88件中 21 - 30件表示
  • 松方コレクション

    松方コレクションから見た大原美術館大原美術館

    松方は共楽美術館という美術館を設立する構想を持っており、ブラングィンが設計図を作成していた。しかし、1927年に世界恐慌の影響で川崎造船所の経営が破綻し、負債整理のため松方も私財を提供せざるを得なくなった。そのため、日本にあったコレクションは十五銀行、藤木ビル等の担保となり、売立てにより散逸してしまった。それらの一部が現在ブリヂストン美術館、大原美術館に収蔵されているものである。浮世絵のコレクション約8000点は皇室に献上され、のちに帝室博物館(東京国立博物館)に移管された。松方コレクション フレッシュアイペディアより)

  • 鳥海青児

    鳥海青児から見た大原美術館大原美術館

    『川沿いの家』 (1934年) 大原美術館鳥海青児 フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷市交通局

    倉敷市交通局から見た大原美術館大原美術館

    市役所前発着(現大原美術館倉敷市交通局 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉忠夫

    小倉忠夫から見た大原美術館大原美術館

    岡山県生まれ。1952年東京大学文学部美学美術史卒。国立近代美術館、京都国立近代美術館に勤務、国立国際美術館館長、京都国立近代美術館館長。95-99年名古屋ボストン美術館館長。98-2002年大原美術館館長。小倉忠夫 フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷国際ホテル

    倉敷国際ホテルから見た大原美術館大原美術館

    当ホテルは倉敷美観地区にあり、大原美術館に隣接するホテルである。建物は浦辺鎮太郎が和と洋の融合を意図して設計されており、1963年に竣工し1964年の第16回日本建築学会賞作品賞を受賞している。竣工当時はRC打放しのひさしと白いモルタル壁による外観であったが1987年の改修によりひさしの部分は塗装が施されている。倉敷国際ホテル フレッシュアイペディアより)

  • 関根正二

    関根正二から見た大原美術館大原美術館

    「信仰の悲しみ」(1918年)(大原美術館蔵、重要文化財)関根正二 フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷美観地区

    倉敷美観地区から見た大原美術館大原美術館

    また、1930年(昭和5年)に建てられた日本最初の西洋美術館大原美術館や1888年(明治21年)に代官所跡地に建てられた旧倉敷紡績工場の建物を改修・再利用した観光施設倉敷アイビースクエア等も当地区を代表する建築物である。倉敷美観地区 フレッシュアイペディアより)

  • 絵因果経

    絵因果経から見た大原美術館大原美術館

    京都・上品蓮台寺本(国宝、巻第二上) - 巻頭に「薬師寺」印がある。完本ではなく、巻末部分を欠失する。大原美術館本(24行、重要文化財)、奈良国立博物館本(62行、重要文化財)は上品蓮台寺本の欠失部分にあたる断簡である。絵因果経 フレッシュアイペディアより)

  • 青柳正規

    青柳正規から見た大原美術館大原美術館

    親子で訪ねる美術館 大原美術館監修 クレオ 1999年青柳正規 フレッシュアイペディアより)

  • 旧大原家住宅

    旧大原家住宅から見た大原美術館大原美術館

    1889年(明治22年)大原孝四郎は倉敷紡績(クラボウ)の設立に参加した。これらをさらに発展させたのが大原孫三郎である。このとき大原家は財閥ともいえる発展を遂げた。そこで得た富で息子の総一郎と共に、倉紡中央病院(現在の倉敷中央病院)や大原美術館など数々の施設を造営した。旧大原家住宅 フレッシュアイペディアより)

88件中 21 - 30件表示