103件中 21 - 30件表示
  • 倉敷市立美術館

    倉敷市立美術館から見た大原美術館大原美術館

    両備バス・下電バス 「大原美術館前」下車すぐ。倉敷市立美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 川口軌外

    川口軌外から見た大原美術館大原美術館

    「鸚鵡と少女」(1935年、大原美術館蔵)川口軌外 フレッシュアイペディアより)

  • 井上武吉

    井上武吉から見た大原美術館大原美術館

    1968年 - 第1回神戸須磨離宮公園現代彫刻展で大原美術館賞を受賞。同展第2、第3回展でも神戸市教育委員会賞を受賞。井上武吉 フレッシュアイペディアより)

  • 南桂子

    南桂子から見た大原美術館大原美術館

    このほかに、日本国内では愛知県美術館、大川美術館、大原美術館、青梅市立美術館、神奈川県立近代美術館、軽井沢現代美術館、京都国立近代美術館、黒部市美術館、群馬県立近代美術館、慶應義塾大学アート・センター、たばこと塩の博物館、千葉市美術館、帝国ホテル、東京国立近代美術館、栃木県立美術館、富山県立近代美術館、新潟県立近代美術館、兵庫県立美術館、町田市立国際版画美術館、宮崎県立美術館、山梨県立美術館、和歌山県立近代美術館などが南の作品を所蔵している。南桂子 フレッシュアイペディアより)

  • 河原温

    河原温から見た大原美術館大原美術館

    河原が注目を集めたのは、1953年の第1回ニッポン展(東京都美術館)に出品した鉛筆素描の『浴室』シリーズであった。タイル貼りの閉鎖的な空間(浴室)に妊婦を含む人物が立ち、断片化した人間(あるいは人形?)の胴体、手足、首などが重力を無視して浮遊するという不気味な光景が描かれているが、人物が半ば戯画化されているため、凄惨さは抑えられている。河原は1950年代には他に『物置小屋の出来事』『死仮面』の鉛筆素描連作を残している。油彩画は、変形キャンバスに遠近法を極端に強調した構図のものが多く、大原美術館所蔵の『黒人兵』(1955年)などが知られている。河原温 フレッシュアイペディアより)

  • ルーチョ・フォンタナ

    ルーチョ・フォンタナから見た大原美術館大原美術館

    空間概念(国立国際美術館、大原美術館ほか)ルーチョ・フォンタナ フレッシュアイペディアより)

  • モーリス・ドニ

    モーリス・ドニから見た大原美術館大原美術館

    「波」1916年(大原美術館モーリス・ドニ フレッシュアイペディアより)

  • ジョヴァンニ・セガンティーニ

    ジョヴァンニ・セガンティーニから見た大原美術館大原美術館

    Image:Mittag in den Alpen.jpg|アルプスの真昼(1892年、大原美術館所蔵)ジョヴァンニ・セガンティーニ フレッシュアイペディアより)

  • 瀬戸大橋高速バス

    瀬戸大橋高速バスから見た大原美術館大原美術館

    倉敷駅前-大原美術館-倉敷市役所前-金田口-早島IC-有城南BS-水島IC-稗田BS-鷲羽山北BS-岩黒島BS-与島-坂出両景橋-入船町-高屋-高松駅前-瓦町駅前瀬戸大橋高速バス フレッシュアイペディアより)

  • 民芸運動

    民芸運動から見た大原美術館大原美術館

    柳はこうして収集した工芸品を私有せず広く一般に公開したいと考えていた。当初は帝室博物館(現在の東京国立博物館)に収集品を寄贈しようと考えていたが、寄贈は博物館側から拒否された。京都に10年ほど住んだ後にふたたび東京へ居を移した柳は、実業家大原孫三郎(株式会社クラレ、大原美術館、大原社会問題研究所などの創設者)より経済面の援助を得て、1936年(昭和11年)、東京・駒場の自邸隣に日本民藝館を開設した。木造瓦葺き2階建ての蔵造りを思わせる日本民藝館本館は、第二次世界大戦にも焼け残り、戦後も民芸運動の拠点として地道に活動を継続している。民芸運動 フレッシュアイペディアより)

103件中 21 - 30件表示

「大原美術館」のニューストピックワード