103件中 51 - 60件表示
  • 重要美術品

    重要美術品から見た大原美術館大原美術館

    なお、制作から50年を経ていない美術品は認定対象となっておらず、たとえば明治天皇の書などは1件も認定されていない。また、当時その価値が一般にはほとんど認識されていなかった民芸品、円空仏、木喰仏などは認定の対象になっていない。一方で、第二次大戦後の文化財保護法では指定の対象となっていない西洋絵画がわずかながら重要美術品等認定物件となっていることは注目される。たとえば、大原美術館所蔵品のうち、エル・グレコ『受胎告知』をはじめ、ミレー、モロー、ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ(2点)、ピサロを含む6点の西洋絵画が1934年、重要美術品に認定されている。重要美術品 フレッシュアイペディアより)

  • 倉敷市立図書館

    倉敷市立図書館から見た大原美術館大原美術館

    倉敷市立図書館(くらしきしりつとしょかん)は岡山県倉敷市にある市立図書館である。とくに倉敷市立中央図書館は周辺に倉敷市立自然史博物館、倉敷市立美術館、大原美術館という博物館・美術館が立地する環境に位置する。倉敷市立図書館 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤義重

    斎藤義重から見た大原美術館大原美術館

    1984年 「斎藤義重展」東京都美術館、栃木県立美術館、兵庫県立近代美術館、大原美術館、福井県立美術館斎藤義重 フレッシュアイペディアより)

  • 大原総一郎

    大原総一郎から見た大原美術館大原美術館

    1951年:大原美術館において6月にマチス展、11月にピカソ展を開催大原総一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ティアラ

    ティアラから見た大原美術館大原美術館

    古くから、女性皇族が成人になってティアラを作る場合、御用達技能者の数名が作品を献上し出来栄えによって選別したり、特定の業者が契約していた。競争原理を取り入れた近代においては、寛仁親王の次女瑶子女王のティアラ作成時から入札が始まり、秋篠宮の長女眞子内親王のティアラは、高級宝飾品などを扱う東京・銀座の「和光」が落札した。秋篠宮の次女佳子内親王のティアラに関しては、2890万円の予算を計上し、初めてデザインを公募、「審査委員会」(審査委員は高階秀爾・大原美術館館長、宮田亮平・東京芸術大学長ら3人を予定)による協議の結果、ミキモトが制作業者に選定された。ティアラ フレッシュアイペディアより)

  • 木造女坐像(埃及新王朝)

    木造女坐像(埃及新王朝)から見た大原美術館大原美術館

    木造女坐像(埃及新王朝)(もくぞうおんなざぞう(エジプトしんおうちょう))は、公益財団法人大原美術館が所有する、古代エジプトで制作された女性形の木彫り坐像である。木造女坐像(埃及新王朝) フレッシュアイペディアより)

  • 土田麦僊

    土田麦僊から見た大原美術館大原美術館

    麦僊にはコレクターとしての一面もあり、この渡欧中にルノワール、セザンヌなどの西洋絵画を収集している。現在、大原美術館にあるセザンヌの『水浴』は麦僊旧蔵品であり、彼が自らへの刺激とするため常に画室の壁に掛けていたものであるという。昭和2年(1927年)、フランス政府よりレジオンドヌール勲章シュヴァリエ章を受章。土田麦僊 フレッシュアイペディアより)

  • 堀辰雄

    堀辰雄から見た大原美術館大原美術館

    1941年(昭和16年)1月、初のロマン(長編小説)『菜穂子』を発表。既婚女性の家庭の中での自立を描く作品にも才能を発揮し、『物語の女』の続編の構想は7年ぶりに結実した。『菜穂子』は第一回中央公論社文芸賞を受賞した。登場人物「都築明」のモデルは立原道造も重ねられている。10月に大和へ旅行。古寺を見て廻り、天平時代の小説の構想を練るが、成功せず、『曠野』の構想を得て帰京し、12月に再訪。倉敷の大原美術館へも行き、グレコの『受胎告知』を見て、月末に『曠野』を発表する。1942年(昭和17年)8月に『花を持てる女』を発表。堀辰雄 フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・ボナール

    ピエール・ボナールから見た大原美術館大原美術館

    欄干の猫 (1909,大原美術館)ピエール・ボナール フレッシュアイペディアより)

  • 関根正二

    関根正二から見た大原美術館大原美術館

    「信仰の悲しみ」(1918年、大原美術館蔵、重要文化財)関根正二 フレッシュアイペディアより)

103件中 51 - 60件表示

「大原美術館」のニューストピックワード