88件中 61 - 70件表示
  • モーリス・ユトリロ

    モーリス・ユトリロから見た大原美術館大原美術館

    パリ郊外(1910年) (倉敷、大原美術館モーリス・ユトリロ フレッシュアイペディアより)

  • ジャン・デュビュッフェ

    ジャン・デュビュッフェから見た大原美術館大原美術館

    『作品』(1948)大原美術館ジャン・デュビュッフェ フレッシュアイペディアより)

  • アルフレッド・シスレー

    アルフレッド・シスレーから見た大原美術館大原美術館

    マルリーの通り(大原美術館)1879年アルフレッド・シスレー フレッシュアイペディアより)

  • ジャクソン・ポロック

    ジャクソン・ポロックから見た大原美術館大原美術館

    カットアウト(1948?1950頃)(大原美術館ジャクソン・ポロック フレッシュアイペディアより)

  • 安井曾太郎

    安井曾太郎から見た大原美術館大原美術館

    外房風景(1931年)((大原美術館安井曾太郎 フレッシュアイペディアより)

  • ジャン=フランソワ・ミレー

    ジャン=フランソワ・ミレーから見た大原美術館大原美術館

    1814年、ノルマンディー地方マンシュ県の海辺にあるグリュシーという小さな村に生まれた。8人兄弟の長男で、父は農民であり村の教会の合唱指揮者でもあった。大原美術館にあるパステル画『グレヴィルの断崖』は、晩年の1871年頃の制作ではあるが、故郷の海岸の風景を描いたものである。19歳の時、グリュシーから十数km離れたシェルブールの街で絵の修業を始め、22歳の1837年にパリへ出て、当時のアカデミスムの巨匠であったポール・ドラローシュ(1797年 - 1856年)に師事する。デッサンや模写のほか、聖書や神話など画題となる古典文学にも学ぶ。26歳の時、肖像画がサロン(官展)に初入選する。奨学金が停止されていたため生活は貧しく、肖像画や裸体画を描いていた。この頃の画風はマニエル・フルーリ(華やかな手法)と評されており、繊細で柔らかなタッチと明るい色彩が特徴で、神話画などを多く手がけている。ジャン=フランソワ・ミレー フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・ボナール

    ピエール・ボナールから見た大原美術館大原美術館

    欄干の猫 (1909,大原美術館)ピエール・ボナール フレッシュアイペディアより)

  • 小出楢重

    小出楢重から見た大原美術館大原美術館

    「Nの家族」(1919年)(大原美術館蔵、重要文化財)小出楢重 フレッシュアイペディアより)

  • エドゥアール・マネ

    エドゥアール・マネから見た大原美術館大原美術館

    薄布のある帽子をかぶる女 (大原美術館) 1881年エドゥアール・マネ フレッシュアイペディアより)

  • 梅原龍三郎

    梅原龍三郎から見た大原美術館大原美術館

    「紫禁城」(1940年、大原美術館蔵)梅原龍三郎 フレッシュアイペディアより)

88件中 61 - 70件表示

「大原美術館」のニューストピックワード