103件中 61 - 70件表示
  • 高梁市成羽美術館

    高梁市成羽美術館から見た大原美術館大原美術館

    岡山県川上郡下原村(現・高梁市成羽町下原)出身の洋画家で大原美術館の美術品収集を担ったことで知られる児島虎次郎の顕彰を目的として1953年に開館した。3代目にあたる現在の建物は1994年、高梁市指定史跡である成羽陣屋跡(山崎氏御殿跡)の石垣上に安藤忠雄の設計により建設されたもので、館自体が美術作品としての存在感を有している。高梁市成羽美術館 フレッシュアイペディアより)

  • ソフィア・ローレン

    ソフィア・ローレンから見た大原美術館大原美術館

    10月15日、岡山県倉敷市の大原美術館を訪問し、市主催の歓迎レセプションに出席。伊東香織同市長から記念品を贈呈された 。ソフィア・ローレン フレッシュアイペディアより)

  • 長広敏雄

    長広敏雄から見た大原美術館大原美術館

    モダンアート客話 大原総一郎と京都の五人 大原美術館・中央公論事業出版 1970長広敏雄 フレッシュアイペディアより)

  • 林武

    林武から見た大原美術館大原美術館

    「梳る女」(1949年)- 大原美術館 収蔵林武 フレッシュアイペディアより)

  • 受胎告知

    受胎告知から見た大原美術館大原美術館

    File:El GRECO (Domenikos Theotokopoulos) - Annunciation - Google Art Project.jpg|エル・グレコ画、16世紀末、大原美術館収蔵受胎告知 フレッシュアイペディアより)

  • アンリ・マティス

    アンリ・マティスから見た大原美術館大原美術館

    『画家の娘』(1918年)、大原美術館アンリ・マティス フレッシュアイペディアより)

  • エル・グレコ

    エル・グレコから見た大原美術館大原美術館

    日本においては1584年に天正遣欧少年使節がグレコがトレドで活動している時期と同じくして来訪しており、作品を見ている可能性が指摘されている。《受胎告知》が大原孫三郎と児島虎次郎の手によって購入され、大原美術館に常設展示されている。他に、国立西洋美術館にグレコ作「十字架のキリスト」が所蔵されており、日本にあるグレコ作品はこの2点のみである。また、第二次世界大戦中特命全権公使としてスペインに赴任してスペイン美術を収集した須磨弥吉郎はグレコを高く評価し、そのコレクションは後に長崎県美術館に寄贈され展示されている(ただし、須磨コレクションにグレコ作品はない)。エル・グレコ フレッシュアイペディアより)

  • 1月18日

    1月18日から見た大原美術館大原美術館

    1943年 - 大原孫三郎、実業家、大原美術館創始者(* 1880年)1月18日 フレッシュアイペディアより)

  • 高階秀爾

    高階秀爾から見た大原美術館大原美術館

    高階 秀爾(たかしな しゅうじ、1932年2月5日- )は、日本の美術史学者・美術評論家。東京大学文学部名誉教授。大原美術館館長。秋田県立美術館顧問。文化勲章受章者、日本藝術院会員。高階秀爾 フレッシュアイペディアより)

  • 松本竣介

    松本竣介から見た大原美術館大原美術館

    File:MatsumotoShunsuke-1940-Cityscape.png|都会(1940年、大原美術館蔵)松本竣介 フレッシュアイペディアより)

103件中 61 - 70件表示

「大原美術館」のニューストピックワード