前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示
  • 大原美術館

    大原美術館から見たポール・ゴーギャン

    モネの『睡蓮』は晩年の画家本人から児島が直接購入したものであり、マティスの『画家の娘―マティス嬢の肖像』も画家本人が気に入って長らく手元に置いていた作品を無理に譲ってもらったものだという。大原美術館の代名詞のようになっているエル・グレコ『受胎告知』は、1922年、3回目の渡欧中だった児島が、パリの画廊で売りに出ているものを偶然見出したもの。児島はこんな機会は二度とないと思ったが、非常に高価で手持ちの金もなかったため、この時ばかりは大原に写真を送り購入を相談した。現在では、これが大原美術館にあることは奇蹟だといわれている。その他、トゥールーズ=ロートレック『マルトX夫人の肖像―ボルドー』、ゴーギャン『かぐわしき大地』などの名品は児島の収集品である。これらの西洋美術の他に、エジプト美術、イスラム陶器、中国美術なども児島は収集した。これらの収集品は、美術館開館以前にも何度か公開され、大評判を得ていた。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たパブロ・ピカソ

    ルノワール『泉による女』は、大原孫三郎が援助していた画家のひとりである満谷国四郎が入手したものであり、ピカソ『鳥籠』、ドラン『イタリアの女』、スーティン『鴨』などは画商・福島繁太郎(1895年–1960年)のコレクションに入っていたものを第二次大戦後、大原美術館が入手したものである。また、大原孫三郎の後を嗣いだ大原總一郎(1909年–1968年)も文化人として知られ、フォーヴィスム以降の現代絵画、近代日本洋画など、新たな収集品を付け加えた。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た黛敏郎

    1960年、創立30周年を記念して大原総一郎は記念コンサートを企画した。そのために、当時新進作曲家だった黛敏郎、矢代秋雄の両氏にチェロ、ピアノ用の新曲を依頼した。演奏は「プロムジカ弦楽四重奏団」に依頼され、岩淵竜太郎、松下修也、堀伝、江戸純子が、本館メーンギャラリーでベートーベン「弦楽四重奏曲七番」などを演奏した。あわせて黛敏郎がこの日の為に作曲した無伴奏チェロのための『文楽』の初演も松下修也によって行われた。これが大原美術館での初コンサートであった。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た城山三郎

    城山三郎 『わしの眼は十年先が見える 大原孫三郎の生涯』新潮文庫、1997年大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たクロード・モネ

    モネの『睡蓮』は晩年の画家本人から児島が直接購入したものであり、マティスの『画家の娘―マティス嬢の肖像』も画家本人が気に入って長らく手元に置いていた作品を無理に譲ってもらったものだという。大原美術館の代名詞のようになっているエル・グレコ『受胎告知』は、1922年、3回目の渡欧中だった児島が、パリの画廊で売りに出ているものを偶然見出したもの。児島はこんな機会は二度とないと思ったが、非常に高価で手持ちの金もなかったため、この時ばかりは大原に写真を送り購入を相談した。現在では、これが大原美術館にあることは奇蹟だといわれている。その他、トゥールーズ=ロートレック『マルトX夫人の肖像―ボルドー』、ゴーギャン『かぐわしき大地』などの名品は児島の収集品である。これらの西洋美術の他に、エジプト美術、イスラム陶器、中国美術なども児島は収集した。これらの収集品は、美術館開館以前にも何度か公開され、大評判を得ていた。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た横尾忠則

    横尾忠則『ロンドンの4日間』(1982年)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たクロード・モネ

    モネ『睡蓮』(1906年頃)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た三菱自動車工業

    なお、第二次世界大戦の末期、一式陸上攻撃機などを製造していた三菱重工業水島航空機製作所(現:三菱自動車工業水島製作所)が何度も爆撃され(水島空襲)、隣県の広島市には原子爆弾が投下されたが、倉敷市中心部は全く爆撃されなかった。これは米軍関係者に、大原美術館のコレクションを知っていた者がいたからといわれることもあるが、ウォーナーリストなどにも載っておらず史料的な裏づけはない。実際には、軍事目標たる戦闘機の製造工場から破壊するのは当然であり、倉敷市街への爆撃に向けて目標情報票も作成されていた。さらに、現在では米軍が日本の文化財に配慮して爆撃を控えたとする説自体が疑問視されている。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た三菱重工業

    なお、第二次世界大戦の末期、一式陸上攻撃機などを製造していた三菱重工業水島航空機製作所(現:三菱自動車工業水島製作所)が何度も爆撃され(水島空襲)、隣県の広島市には原子爆弾が投下されたが、倉敷市中心部は全く爆撃されなかった。これは米軍関係者に、大原美術館のコレクションを知っていた者がいたからといわれることもあるが、ウォーナーリストなどにも載っておらず史料的な裏づけはない。実際には、軍事目標たる戦闘機の製造工場から破壊するのは当然であり、倉敷市街への爆撃に向けて目標情報票も作成されていた。さらに、現在では米軍が日本の文化財に配慮して爆撃を控えたとする説自体が疑問視されている。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た棟方志功

    ギリシア様式の本館のほかに、1961年に藤島武二、青木繁、岸田劉生、小出楢重など日本の洋画家の作品や現代美術の作品を展示する分館、同年に河井寛次郎、バーナード・リーチ、濱田庄司、富本憲吉の作品を展示する陶器館が開館。1963年には棟方志功および芹沢銈介の作品を展示する板画館と染色館が開館した。なお、現在は、陶器、板画、染色の展示室を「工芸館」と総称している。1970年には東洋館が開館し、1972年には館から離れた倉敷アイビースクエアに児島虎次郎記念館が開館した。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示

「大原美術館」のニューストピックワード