107件中 41 - 50件表示
  • 大原美術館

    大原美術館から見たエドガー・ドガ

    ドガ『赤い衣裳をつけた三人の踊り子』(1896年)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た菅井汲

    菅井汲『ナショナル・ルート』(1965年)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たジャスパー・ジョーンズ

    ジャスパー・ジョーンズ『灰色の国旗』(1957年)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た前田寛治

    前田寛治『二人の労働者』(1923年)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た堀伝

    1960年、創立30周年を記念して大原総一郎は記念コンサートを企画した。そのために、当時新進作曲家だった黛敏郎、矢代秋雄の両氏にチェロ、ピアノ用の新曲を依頼した。演奏は「プロムジカ弦楽四重奏団」に依頼され、岩淵竜太郎、松下修也、堀伝、江戸純子が、本館メーンギャラリーでベートーベン「弦楽四重奏曲七番」などを演奏した。あわせて黛敏郎がこの日のために作曲した無伴奏チェロのための『文楽』の初演も松下修也によって行われた。これが大原美術館での初コンサートであった。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たアンドレ・ドラン

    ルノワール『泉による女』は、大原孫三郎が援助していた画家のひとりである満谷国四郎が入手したものであり、ピカソ『鳥籠』、ドラン『イタリアの女』、スーティン『鴨』などは画商・福島繁太郎(1895年–1960年)のコレクションに入っていたものを第二次大戦後、大原美術館が入手したものである。また、大原孫三郎の後を嗣いだ大原總一郎(1909年–1968年)も文化人として知られ、フォーヴィスム以降の現代絵画、近代日本洋画など、新たな収集品を付け加えた。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック

    大原(児島)コレクションの最初の作品となったのは、児島と同世代のフランスの画家・エドモン=フランソワ・アマン=ジャン(1860年 - 1936年)の『髪』という作品であった。これは児島が1度目の滞欧中の1912年、アマン=ジャン本人から購入したもので、翌1913年に東京上野の竹之台陳列館で開催された光風会展覧会に出品された。当時、日本国内では西洋絵画の実物に接する機会はほとんどなく、この作品の公開は反響を呼んだ。美術館所蔵品の中核をなす作品の多くは、1920年から1923年の間に児島虎次郎によって、おもにパリにおいて収集された。モネの『睡蓮』は晩年の画家本人から児島が直接購入したものであり、マティスの『画家の娘―マティス嬢の肖像』も画家本人が気に入って長らく手元に置いていた作品を無理に譲ってもらったものだという。大原美術館の代名詞のようになっているエル・グレコ『受胎告知』は、1922年、3回目の渡欧中だった児島が、パリの画廊で売りに出ているものを偶然見出したもの。児島はこんな機会は二度とないと思ったが、非常に高価で手持ちの金もなかったため、この時ばかりは大原に写真を送り購入を相談した。現在ではこの名画が日本にあることは奇蹟だといわれている。その他、トゥールーズ=ロートレック『マルトX夫人の肖像―ボルドー』、ゴーギャン『かぐわしき大地』などの名品は児島の収集品である。これらの西洋美術の他に、エジプト美術、ペルシャ陶器、中国美術なども児島は収集した。これらの収集品は、美術館開館以前にも何度か公開され、評判を得ていた。。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た安井曾太郎

    安井曾太郎『画室にて』(1951年)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たアンリ・マティス

    大原(児島)コレクションの最初の作品となったのは、児島と同世代のフランスの画家・エドモン=フランソワ・アマン=ジャン(1860年 - 1936年)の『髪』という作品であった。これは児島が1度目の滞欧中の1912年、アマン=ジャン本人から購入したもので、翌1913年に東京上野の竹之台陳列館で開催された光風会展覧会に出品された。当時、日本国内では西洋絵画の実物に接する機会はほとんどなく、この作品の公開は反響を呼んだ。美術館所蔵品の中核をなす作品の多くは、1920年から1923年の間に児島虎次郎によって、おもにパリにおいて収集された。モネの『睡蓮』は晩年の画家本人から児島が直接購入したものであり、マティスの『画家の娘―マティス嬢の肖像』も画家本人が気に入って長らく手元に置いていた作品を無理に譲ってもらったものだという。大原美術館の代名詞のようになっているエル・グレコ『受胎告知』は、1922年、3回目の渡欧中だった児島が、パリの画廊で売りに出ているものを偶然見出したもの。児島はこんな機会は二度とないと思ったが、非常に高価で手持ちの金もなかったため、この時ばかりは大原に写真を送り購入を相談した。現在ではこの名画が日本にあることは奇蹟だといわれている。その他、トゥールーズ=ロートレック『マルトX夫人の肖像―ボルドー』、ゴーギャン『かぐわしき大地』などの名品は児島の収集品である。これらの西洋美術の他に、エジプト美術、ペルシャ陶器、中国美術なども児島は収集した。これらの収集品は、美術館開館以前にも何度か公開され、評判を得ていた。。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た福島繁太郎

    ルノワール『泉による女』は、大原孫三郎が援助していた画家のひとりである満谷国四郎が入手したものであり、ピカソ『鳥籠』、ドラン『イタリアの女』、スーティン『鴨』などは画商・福島繁太郎(1895年–1960年)のコレクションに入っていたものを第二次大戦後、大原美術館が入手したものである。また、大原孫三郎の後を嗣いだ大原總一郎(1909年–1968年)も文化人として知られ、フォーヴィスム以降の現代絵画、近代日本洋画など、新たな収集品を付け加えた。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

107件中 41 - 50件表示

「大原美術館」のニューストピックワード