99件中 41 - 50件表示
  • 大原美術館

    大原美術館から見たピエール=オーギュスト・ルノワール

    ルノワール『泉による女』は、大原孫三郎が援助していた画家のひとりである満谷国四郎が入手したものであり、ピカソ『鳥籠』、ドラン『イタリアの女』、スーティン『鴨』などは画商・福島繁太郎(1895年–1960年)のコレクションに入っていたものを第二次大戦後、大原美術館が入手したものである。また、大原孫三郎の後を嗣いだ大原總一郎(1909年–1968年)も文化人として知られ、フォーヴィスム以降の現代絵画、近代日本洋画など、新たな収集品を付け加えた。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たギュスターヴ・モロー

    モロー『雅歌』(1893年)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た高階秀爾

    大原美術館(おおはらびじゅつかん)は、岡山県倉敷市にある美術館で、公益財団法人大原美術館が運営する。倉敷美観地区の一角をなす。2011年現在、館長は西洋美術史家の高階秀爾大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た佐伯祐三

    佐伯祐三『広告 “ヴェルダン”』(1927年)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たシャイム・スーティン

    ルノワール『泉による女』は、大原孫三郎が援助していた画家のひとりである満谷国四郎が入手したものであり、ピカソ『鳥籠』、ドラン『イタリアの女』、スーティン『鴨』などは画商・福島繁太郎(1895年–1960年)のコレクションに入っていたものを第二次大戦後、大原美術館が入手したものである。また、大原孫三郎の後を嗣いだ大原總一郎(1909年–1968年)も文化人として知られ、フォーヴィスム以降の現代絵画、近代日本洋画など、新たな収集品を付け加えた。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た大原総一郎

    ルノワール『泉による女』は、大原孫三郎が援助していた画家のひとりである満谷国四郎が入手したものであり、ピカソ『鳥籠』、ドラン『イタリアの女』、スーティン『鴨』などは画商・福島繁太郎(1895年–1960年)のコレクションに入っていたものを第二次大戦後、大原美術館が入手したものである。また、大原孫三郎の後を嗣いだ大原總一郎(1909年–1968年)も文化人として知られ、フォーヴィスム以降の現代絵画、近代日本洋画など、新たな収集品を付け加えた。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たジョルジョ・デ・キリコ

    キリコ『ヘクトールとアンドロマケーの別れ』(1918年)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た岡山孤児院

    大原孫三郎は1880年、親の代から紡績業を営む、倉敷の名家に生まれた。日本の児童福祉の先駆者であり、岡山孤児院の創設者である石井十次との出会いが大原の人生を変えたという。プロテスタント信者であった石井の影響で自らもプロテスタントに改宗した大原は、事業で得た富を社会へ還元することの重要性に目覚め、大原社会問題研究所、労働科学研究所、倉敷中央病院などを次々と設立した。大原にとっては美術館の創設も社会貢献の一環という認識だったようだ。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たジョルジュ・ルオー

    ルオー『道化師』(1926–1929年)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たピエール=オーギュスト・ルノワール

    ルノワール『泉による女』(1914年)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

99件中 41 - 50件表示