99件中 51 - 60件表示
  • 大原美術館

    大原美術館から見た芹沢けい介

    ギリシア様式の本館のほかに、1961年に藤島武二、青木繁、岸田劉生、小出楢重など日本の洋画家の作品や現代美術の作品を展示する分館、同年に河井寛次郎、バーナード・リーチ、濱田庄司、富本憲吉の作品を展示する陶器館が開館。1963年には棟方志功および芹沢銈介の作品を展示する板画館と染色館が開館した。なお、現在は、陶器、板画、染色の展示室を「工芸館」と総称している。1970年には東洋館が開館し、1972年には館から離れた倉敷アイビースクエアに児島虎次郎記念館が開館した。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たウォーナーリスト

    なお、第二次世界大戦の末期、一式陸上攻撃機などを製造していた三菱重工業水島航空機製作所(現:三菱自動車工業水島製作所)が何度も爆撃され(水島空襲)、隣県の広島市には原子爆弾が投下されたが、倉敷市中心部は全く爆撃されなかった。これは米軍関係者に、大原美術館のコレクションを知っていた者がいたからといわれることもあるが、ウォーナーリストなどにも載っておらず史料的な裏づけはない。実際には、軍事目標たる戦闘機の製造工場から破壊するのは当然であり、倉敷市街への爆撃に向けて目標情報票も作成されていた。さらに、現在では米軍が日本の文化財に配慮して爆撃を控えたとする説自体が疑問視されている。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た岸田劉生

    ギリシア様式の本館のほかに、1961年に藤島武二、青木繁、岸田劉生、小出楢重など日本の洋画家の作品や現代美術の作品を展示する分館、同年に河井寛次郎、バーナード・リーチ、濱田庄司、富本憲吉の作品を展示する陶器館が開館。1963年には棟方志功および芹沢銈介の作品を展示する板画館と染色館が開館した。なお、現在は、陶器、板画、染色の展示室を「工芸館」と総称している。1970年には東洋館が開館し、1972年には館から離れた倉敷アイビースクエアに児島虎次郎記念館が開館した。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たモーリス・ユトリロ

    ユトリロ『パリ郊外』(1910年)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た青木繁

    ギリシア様式の本館のほかに、1961年に藤島武二、青木繁、岸田劉生、小出楢重など日本の洋画家の作品や現代美術の作品を展示する分館、同年に河井寛次郎、バーナード・リーチ、濱田庄司、富本憲吉の作品を展示する陶器館が開館。1963年には棟方志功および芹沢銈介の作品を展示する板画館と染色館が開館した。なお、現在は、陶器、板画、染色の展示室を「工芸館」と総称している。1970年には東洋館が開館し、1972年には館から離れた倉敷アイビースクエアに児島虎次郎記念館が開館した。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たアルマン・ギヨマン

    1970年に本館に展示されていたルオー「道化師」、ゴッホ「アルビーユへの道」(贋作の疑いがあり現在は公開されていない。)、モロー「雅歌」、ギヨマン「自画像」、ヴュイヤール「薯をむくヴュイヤール」の絵画5点が盗難される事件が発生した。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た富本憲吉

    ギリシア様式の本館のほかに、1961年に藤島武二、青木繁、岸田劉生、小出楢重など日本の洋画家の作品や現代美術の作品を展示する分館、同年に河井寛次郎、バーナード・リーチ、濱田庄司、富本憲吉の作品を展示する陶器館が開館。1963年には棟方志功および芹沢銈介の作品を展示する板画館と染色館が開館した。なお、現在は、陶器、板画、染色の展示室を「工芸館」と総称している。1970年には東洋館が開館し、1972年には館から離れた倉敷アイビースクエアに児島虎次郎記念館が開館した。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た熊谷守一

    熊谷守一『陽の死んだ日』(1928年)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たジャクソン・ポロック

    ポロック『カットアウト』(1949年)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たピエール・ボナール

    ボナール『欄干の猫』(1909年)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

99件中 51 - 60件表示