99件中 81 - 90件表示
  • 大原美術館

    大原美術館から見た受胎告知

    エル・グレコまたはその工房『受胎告知』(1599年–1603年頃)大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た中近東

    大原美術館は、倉敷の実業家大原孫三郎(1880年–1943年)が、自身がパトロンとして援助していた洋画家児島虎次郎(1881年–1929年)に託して収集した西洋美術、エジプト・中近東美術、中国美術などを展示するため、1930年に開館した。西洋美術、近代美術を展示する美術館としては日本最初のものである。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た日本

    大原美術館は、倉敷の実業家大原孫三郎(1880年–1943年)が、自身がパトロンとして援助していた洋画家児島虎次郎(1881年–1929年)に託して収集した西洋美術、エジプト・中近東美術、中国美術などを展示するため、1930年に開館した。西洋美術、近代美術を展示する美術館としては日本最初のものである。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見たチェロ

    1960年、創立30周年を記念して大原総一郎は記念コンサートを企画した。そのために、当時新進作曲家だった黛敏郎、矢代秋雄の両氏にチェロ、ピアノ用の新曲を依頼した。演奏は「プロムジカ弦楽四重奏団」に依頼され、岩淵竜太郎、松下修也、堀伝、江戸純子が、本館メーンギャラリーでベートーベン「弦楽四重奏曲七番」などを演奏した。あわせて黛敏郎がこの日の為に作曲した無伴奏チェロのための『文楽』の初演も松下修也によって行われた。これが大原美術館での初コンサートであった。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た重要文化財

    関根正二『信仰の悲しみ』(1918年)(重文大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た画商

    ルノワール『泉による女』は、大原孫三郎が援助していた画家のひとりである満谷国四郎が入手したものであり、ピカソ『鳥籠』、ドラン『イタリアの女』、スーティン『鴨』などは画商・福島繁太郎(1895年–1960年)のコレクションに入っていたものを第二次大戦後、大原美術館が入手したものである。また、大原孫三郎の後を嗣いだ大原總一郎(1909年–1968年)も文化人として知られ、フォーヴィスム以降の現代絵画、近代日本洋画など、新たな収集品を付け加えた。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た美術館

    大原美術館(おおはらびじゅつかん)は、岡山県倉敷市にある美術館で、公益財団法人大原美術館が運営する。倉敷美観地区の一角をなす。2011年現在、館長は西洋美術史家の高階秀爾。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た大原社会問題研究所

    大原孫三郎は1880年、親の代から紡績業を営む、倉敷の名家に生まれた。日本の児童福祉の先駆者であり、岡山孤児院の創設者である石井十次との出会いが大原の人生を変えたという。プロテスタント信者であった石井の影響で自らもプロテスタントに改宗した大原は、事業で得た富を社会へ還元することの重要性に目覚め、大原社会問題研究所、労働科学研究所、倉敷中央病院などを次々と設立した。大原にとっては美術館の創設も社会貢献の一環という認識だったようだ。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た西洋

    大原美術館は、倉敷の実業家大原孫三郎(1880年–1943年)が、自身がパトロンとして援助していた洋画家児島虎次郎(1881年–1929年)に託して収集した西洋美術、エジプト・中近東美術、中国美術などを展示するため、1930年に開館した。西洋美術、近代美術を展示する美術館としては日本最初のものである。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

  • 大原美術館

    大原美術館から見た洋画家

    大原美術館は、倉敷の実業家大原孫三郎(1880年–1943年)が、自身がパトロンとして援助していた洋画家児島虎次郎(1881年–1929年)に託して収集した西洋美術、エジプト・中近東美術、中国美術などを展示するため、1930年に開館した。西洋美術、近代美術を展示する美術館としては日本最初のものである。大原美術館 フレッシュアイペディアより)

99件中 81 - 90件表示