前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示
  • 酒井澄夫

    酒井澄夫から見た大地真央大地 真央

    1981年「ザ・ビッグ・アップル」 月組公演 出演/榛名由梨、五條愛川、大地真央酒井澄夫 フレッシュアイペディアより)

  • 松平 健

    松平健から見た大地真央大地 真央

    2004年(平成16年)6月には『新説!歴史将軍』(フジテレビ系)に出演して、バラエティ番組の初司会を務めた。同年夏、舞台公演の終わりに華美な衣装で熱唱する『マツケンサンバ』のパフォーマンスが、大地真央との離婚取材に訪れたはずの芸能マスコミから注目を浴びた。それまで同曲のCDは公演会場でのみ売られていたが、この評判を受け『マツケンサンバII』が7月7日に全国発売された。それ以降、松平の愛称として『マツケン』という呼称が浸透するようになる。『マツケンサンバII』はオリコンシングル部門で初登場17位を記録(最高位は3位)。8月の『神宮外苑花火大会』では歌と踊りを披露して、25,000人の観客は総立ちとなった。秋には宝塚歌劇団の運動会の入場行進でも踊られた。12月31日の『第55回NHK紅白歌合戦』及び『第46回日本レコード大賞』に『マツケンサンバII』で出場し、両者ともに出場したすべての男性歌手で最も高い視聴率を記録した。松平健 フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット (小説)

    スカーレット (小説)から見た大地真央大地 真央

    主役スカーレット役に大地真央、レット・バトラー役には松平健が起用された。演者のふたりは、結婚後初めての本格的な共演だった。登場俳優は81人、衣装は全部で300着に及び、主役である大地真央は13着ものドレスを早変わりした。衣装担当の宮里あんこは、「衣装でスカーレットの女性としての成長を表わした」と語っている。スカーレット (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 岡村俊一

    岡村俊一から見た大地真央大地 真央

    女ねずみ小僧(主演:大地真央主演)(2007年、明治座、演出)岡村俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 郷真由加

    郷真由加から見た大地真央大地 真央

    1979年、月組に配属。1982年、「愛限りなく/情熱のバルセロナ」新人公演で初主演(本役:大地真央)を果たす。郷真由加 フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚歌劇団

    宝塚歌劇団から見た大地真央大地 真央

    男役の場合、概ね研12〜15で就任するが、様々な事情で遅くなることも早くなることもある。スターシステムが確立された1980年以降では、前述の天海祐希が史上最速の研7(1987年入団 → 1993年就任)の他、研10で就任した大地真央(1973年入団 → 1982年就任)・杜けあき(1979年入団→1988年就任)が早い例である。宝塚歌劇団 フレッシュアイペディアより)

  • 剣 幸

    剣幸から見た大地真央大地 真央

    1985年、大地真央の後を受け月組のトップスターになる。相手役には剣が実力を見込んで指名・就任したこだま愛が就き、トップ披露公演は『ときめきの花の伝説/ザ・スィング』。剣幸 フレッシュアイペディアより)

  • タモリ

    タモリから見た大地真央大地 真央

    大地真央が宝塚歌劇団に在籍した頃に、作詞・作曲を手掛けたことがある。曲名は「タモリさんが作った歌」で、編曲は小笠原寛。CD『この愛よ永遠に〜TAKARAZUKA FOREVER〜』に収録されている。タモリ フレッシュアイペディアより)

  • 名奉行 遠山の金さん

    名奉行 遠山の金さんから見た大地真央大地 真央

    本来「女ねずみ小僧」というキャラクターは1970年代にフジテレビ系列で放映されたテレビドラマである『浮世絵 女ねずみ小僧』(小川真由美主演)に端を発し、同局にて1984年(中原理恵主演)と1989年から1995年(大地真央主演)にかけてリメイクされている。名奉行 遠山の金さん フレッシュアイペディアより)

  • 多田真裕美

    多田真裕美から見た大地真央大地 真央

    多田真裕美 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
116件中 1 - 10件表示

「大地真央」のニューストピックワード