116件中 101 - 110件表示
  • 真矢 みき

    真矢みきから見た大地真央大地 真央

    大地真央への憧れから豊中市立第二中学校卒業後、1979年に宝塚音楽学校に入学。1981年、67期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は21番。同期には女優の北原遥子(元娘役スター、日本航空123便墜落事故で死亡)、黒木瞳(1982年 - 1985年まで月組トップ娘役)、涼風真世(1991年 - 1993年まで月組トップスター)、毬藻えり(1989年 - 1992年まで星組トップ娘役)、演劇プロデューサー、活弁士、日本舞踊講師の幸風イレネがいる。現役では雪組組長の梨花ますみがいる。真矢みき フレッシュアイペディアより)

  • BOSSコーヒー

    BOSSコーヒーから見た大地真央大地 真央

    大地真央、西川史子、佐々木希(2009年9月〜)BOSSコーヒー フレッシュアイペディアより)

  • 宮本亜門

    宮本亜門から見た大地真央大地 真央

    1987年にオリジナルミュージカル『アイ・ガット・マーマン』で演出家としてデビュー。出演は諏訪マリー、中島啓江、田中利花。翌1988年に同作品で文化庁芸術祭賞を受賞する。その後、「ジャニーズ系の演出家」と言われ、1989年ミュージカル『エニシング・ゴーズ』『サウンド・オブ・ミュージック』を大地真央の主演で成功させる。1993年にネスカフェのゴールドブレンド「違いのわかる男」として一般的に認知されるようになる。「宮本亜門といえば、ブロードウェイ・ミュージカル」という違和感を払拭し、アジアへの興味を作品にしたいと、オリジナルミュージカルであるアジア三部作『香港ラプソディー』、サイケ歌舞伎『月食』、熱帯祝祭劇『マウイ』を発表する。その後『狸御殿』『ガールズ・タイム』『ボーイズ・タイム』などに挑戦するが、批評家が観劇しないという状況で極度のスランプに陥る。宮本亜門 フレッシュアイペディアより)

  • はねるのトびらの企画

    はねるのトびらの企画から見た大地真央大地 真央

    過去のゲスト: 上戸彩、大地真央、後藤真希、ボビー・オロゴン等はねるのトびらの企画 フレッシュアイペディアより)

  • リッチマン、プアウーマン

    リッチマン、プアウーマンから見た大地真央大地 真央

    藤川 真沙子 - 大地真央(特別出演)(第1 - 2・9話)リッチマン、プアウーマン フレッシュアイペディアより)

  • アイアンシェフ

    アイアンシェフから見た大地真央大地 真央

    審議委員 大地真央、高橋克典、小池栄子、北村有起哉、中村扇雀、マッキー牧元、飛び入り一般人審議委員アイアンシェフ フレッシュアイペディアより)

  • 宝塚大劇場

    宝塚大劇場から見た大地真央大地 真央

    1980年代には麻実れい、峰さを理、高汐巴、大地真央、黒木瞳、剣幸などのスターを輩出した大劇場であったが、60年以上の歳月で老朽化。同じ敷地内に新しい設備の整った新大劇場が建設され、1992年11月の杜けあきさよなら公演『忠臣蔵』を最後に68年の幕を閉じた。宝塚大劇場 フレッシュアイペディアより)

  • 洲本市

    洲本市から見た大地真央大地 真央

    大地真央(宝塚歌劇団元月組男役トップスター)洲本市 フレッシュアイペディアより)

  • マイ・フェア・レディ

    マイ・フェア・レディから見た大地真央大地 真央

    1963年9月、東宝により東京宝塚劇場で、日本初のブロードウェイミュージカルとして上演される。主演はイライザ役に江利チエミ、ヒギンズ役に高島忠夫。翌年には同じキャストで再演された。その後も上演され那智わたる、上月晃、雪村いづみ、栗原小巻がイライザを演じた。1990年以降は、大地真央がイライザ役を務め、繰り返し上演されていたが、2010年を最後にイライザ役を引退。2013年5月の日生劇場公演にて、霧矢大夢と真飛聖のイライザ役をダブルキャストで上演が予定されている。マイ・フェア・レディ フレッシュアイペディアより)

  • 樹里 咲穂

    樹里咲穂から見た大地真央大地 真央

    月組公演『春の踊り〜南蛮花更紗〜/ムーンライト・ロマンス 』(69期生初舞台公演)を見て、受験を決断。当時の月組トップスターだった大地真央の白黒のブロマイドを買い、電車に乗りながら「春の踊り」の劇中歌を歌っていた。樹里咲穂 フレッシュアイペディアより)

116件中 101 - 110件表示

「大地真央」のニューストピックワード