159件中 21 - 30件表示
  • 大地 真央

    大地真央から見た一樹千尋

    1973年、59期生として宝塚歌劇団に入団。星組公演『花かげろう/ラ・ラ・ファンタシーク』で初舞台を踏む。同期に平みち・姿晴香・四季乃花恵(笹本玲奈の母)・山城はるか・未沙のえるらがいる。現役では専科所属の一樹千尋がいる。大地真央 フレッシュアイペディアより)

  • 大地 真央

    大地真央から見た未沙のえる

    1973年、59期生として宝塚歌劇団に入団。星組公演『花かげろう/ラ・ラ・ファンタシーク』で初舞台を踏む。同期に平みち・姿晴香・四季乃花恵(笹本玲奈の母)・山城はるか・未沙のえるらがいる。現役では専科所属の一樹千尋がいる。大地真央 フレッシュアイペディアより)

  • 大地 真央

    大地真央から見た順みつき順 みつき

    3月 - 5月 「風と共に去りぬ」 - 機関士、4月・新人公演:スカーレット(本役:順みつき大地真央 フレッシュアイペディアより)

  • 大地 真央

    大地真央から見た山城はるか

    1973年、59期生として宝塚歌劇団に入団。星組公演『花かげろう/ラ・ラ・ファンタシーク』で初舞台を踏む。同期に平みち・姿晴香・四季乃花恵(笹本玲奈の母)・山城はるか・未沙のえるらがいる。現役では専科所属の一樹千尋がいる。大地真央 フレッシュアイペディアより)

  • 大地 真央

    大地真央から見た高汐巴��巴

    宝塚時代、月組の組子同士であった未沙のえると後に雪組トップスターとなった平みちと仲が良く、平の愛称である「モサク」(平の諸動作がモサーッとしているところから名がついた)の命名者でもある。その他、同期ではないが相手役・黒木、ならびに組の先輩であった条はるき、1期上で元花組男役トップであった高汐巴とも仲がよかったといわれる。大地真央 フレッシュアイペディアより)

  • 大地 真央

    大地真央から見た瀬戸内美八瀬戸内 美八

    3月 「赤と黒」- 新人公演:フーケ(本役:瀬戸内美八)、「イマージュ」で復帰(東京公演)大地真央 フレッシュアイペディアより)

  • 大地 真央

    大地真央から見た常花代

    9月 「秋扇抄」「ベルサイユのばら」 - 新人公演:小公子(本役:常花代大地真央 フレッシュアイペディアより)

  • 大地 真央

    大地真央から見た四季乃花恵

    1973年、59期生として宝塚歌劇団に入団。星組公演『花かげろう/ラ・ラ・ファンタシーク』で初舞台を踏む。同期に平みち・姿晴香・四季乃花恵(笹本玲奈の母)・山城はるか・未沙のえるらがいる。現役では専科所属の一樹千尋がいる。大地真央 フレッシュアイペディアより)

  • 大地 真央

    大地真央から見た姿晴香姿 晴香

    1973年、59期生として宝塚歌劇団に入団。星組公演『花かげろう/ラ・ラ・ファンタシーク』で初舞台を踏む。同期に平みち・姿晴香・四季乃花恵(笹本玲奈の母)・山城はるか・未沙のえるらがいる。現役では専科所属の一樹千尋がいる。大地真央 フレッシュアイペディアより)

  • 大地 真央

    大地真央から見た春風ひとみ春風 ひとみ

    1982年、『あしびきの山の雫に』で大津皇子を演じる。同公演では入団1年目の黒木瞳が相手役の石川郎女役に大抜擢され、併演のショーでも大地と組んだ。榛名の専科異動に伴い、『愛限りなく/情熱のバルセロナ』で月組トップスターの座に就く。トップ娘役には黒木が就任したが、『愛限りなく』(『春琴抄』)では若手娘役:春風ひとみが相手役となり、『情熱のバルセロナ』ではベテラン女役スターの条はるきも黒木と並び別格スターとして大地の相手役をつとめた。大地真央 フレッシュアイペディアより)

159件中 21 - 30件表示

「大地真央」のニューストピックワード