前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1135件中 1 - 10件表示
  • 福山城 (備後国)

    福山城 (備後国)から見た大坂城大坂城

    福山城の縄張は常興寺山と呼ばれる標高20メートル程度の丘陵を削平して築いた本丸を軸に、二の丸・三の丸が取り囲む輪郭式と呼ばれる形式を基本としている。本丸塁線は複雑な屈曲を持ちそこから一段下がった周囲を帯曲輪である二の丸が1重または2重に取り囲んでいた。これにより三の丸に対して鉄砲での重層的な火線を実現し、本丸と二の丸には天守を除き併せて22棟の櫓と長大な多聞櫓が配されていた。特筆されるのは、三重櫓の多さで、大坂城(12棟)、岡山城(11棟)に次ぐ7棟と全国の城郭で3番目の数であった。また多聞櫓の総延長も大坂城(873間)、名古屋城(630間)に次ぐ291間と3番目の長さであった。一方、三の丸は完全な平地で二の丸をカタカナの「ロ」の字のように囲んだ単純な構成をしており、櫓は3か所にしか置かれていなかった。福山城 (備後国) フレッシュアイペディアより)

  • 櫓 (城郭)

    櫓 (城郭)から見た大坂城大坂城

    慶長末期になると、外様大名による築城は幕府への遠慮などにより自主的に憚られるようになった。さらに大坂の役後、1615年(元和元年)7月に2代将軍の徳川秀忠が伏見城で諸大名に発布した武家諸法度によって新規築城が原則禁止されると、天下普請による大坂城再築や、福山城など一部の譜代大名を除いて城は築かれなくなり、櫓も次第に実戦から離れていった。天守を失った城では江戸城の富士見櫓のように櫓が天守を代用することもあった。櫓 (城郭) フレッシュアイペディアより)

  • 慶長

    慶長から見た大坂城大坂城

    文禄5年に大地震が立て続けに起きたことで慶長に改元されたが、慶長年間ではその後も巨大地震が相次いで発生している(「慶長大地震」も参照)。また、大きな出来事として慶長5年の関ヶ原の戦い、徳川家康による慶長8年の江戸幕府開幕、慶長19年?20年の大坂冬の陣・夏の陣を経て大坂城の落城(豊臣氏滅亡・元和偃武)などがあり、この年間で時代が大きく動くこととなった。慶長 フレッシュアイペディアより)

  • ガクラン八年組

    ガクラン八年組から見た大阪城大坂城

    関西学士連合、秋桜会との戦いの後に伊集院一族に拾われ同盟を組むように提案されるが、これを拒否したために男泣島の矯正院に投獄されてしまう。そこで又三郎の心意気を見届けてその遺志を継ぎ闇の帝王を撃破、鬼頭・長倉らと合流し一路大阪を目指す。熊本では鉄騎兵団を蹴散らし、大阪城では烈火竜との一騎討ちを退け、敬三を護るために天守閣に乗り込んだ。悪童三人衆、クジラを撃破するが加倉井の死に動揺して天守閣から降り、総攻撃を受けて捕らえられる。大阪城地下牢で処刑されそうになるが十字架から抜け出し、大阪城を支える大黒柱を破壊して大阪城を倒壊させた。ガクラン八年組 フレッシュアイペディアより)

  • 天守

    天守から見た大坂城大坂城

    日本の城の天守は、住宅として利用された天正期の安土城(織田氏)や大坂城(豊臣氏)などの例は別格として、江戸時代を通して居住空間として使用された例は少ない。姫路城や熊本城などの江戸時代初期までに建てられた天守内には、井戸を伴う台所や便所、畳敷きの部屋など居住設備を設けていた例もあるが、城主は本丸や二ノ丸、三ノ丸などに建てられた御殿で政務や生活を行い、天守はおもに物置として利用されることが多かった。天守 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市

    大阪市から見た大坂城大坂城

    古代から瀬戸内海・大阪湾に面した当時の国際的な港である住吉津や水の都と称された難波津などのある外交に関連した港湾都市として栄え水の都と称され、古代の首都としての難波宮、難波京などの都城も造営された。中世には、浄土真宗の本山であった石山本願寺が置かれ、寺内町として発展した。近世初期には豊臣秀吉が大坂城を築城し、城下町が整備された。江戸時代には天領となり、江戸をしのぐ経済・交通・金融・商業の中心地として発展。天下の台所と称され、豊かな町人文化を育んだ。明治時代に入ると、繊維工業(船場の繊維街なども有名)を中心とした工業都市となり、「東洋のマンチェスター」、「煙の都」と称された。戦後も長らく経済に関しては東京をリードする立場が続いた。大阪市 フレッシュアイペディアより)

  • 小牧・長久手の戦い

    小牧・長久手の戦いから見た大坂城大坂城

    天正11年(1583年)4月、秀吉は近江賤ヶ岳の戦いにおいて織田信長の次男の信雄を加えて、信長の三男・信孝を擁する柴田勝家に勝利した。賤ヶ岳の戦いの後、柴田勝家の遺領の越前は丹羽長秀に与えられ、摂津・大坂の池田恒興は美濃を与えられ、大坂の地は秀吉が接収し、同年暮れ新築した大坂城に信雄を含む諸将を招いている。小牧・長久手の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 生國魂神社

    生國魂神社から見た大坂城大坂城

    大阪市中心部、難波宮跡や大坂城(大阪城)から南西方の生玉町に鎮座する。かつては現在の大坂城の地に鎮座し、中世にはその社地に近接して石山本願寺も建立され繁栄したが、石山合戦後の豊臣秀吉による大坂城築城の際に現在地に遷座されている。生國魂神社 フレッシュアイペディアより)

  • 石山本願寺

    石山本願寺から見た大坂城大坂城

    その後豊臣秀吉が跡地に大坂城を築き、城下町を建設したため、大坂本願寺の規模や構造などはほとんどわからなくなってしまった。石山本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 森ノ宮駅

    森ノ宮駅から見た大阪城大坂城

    2015年(平成27年)5月29日 - 大阪環状線改造プロジェクトの一環で駅舎を改装。外壁の緑化、外回り線ホームの北端に大阪城天守閣を望める城見エリアを開設。森ノ宮駅 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1135件中 1 - 10件表示

「大坂城」のニューストピックワード