前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
889件中 1 - 10件表示
  • 福山城 (備後国)

    福山城 (備後国)から見た大坂城大坂城

    福山城の縄張は常興寺山と呼ばれる標高20メートル程度の丘陵を平らにした本丸を軸に二の丸、三の丸が取り囲む輪郭式と呼ばれる形式を基本としている。本丸塁線は複雑な屈曲を持ちそこから一段下がった周囲を帯曲輪である二の丸が1重または2重に取り囲んでいた。これにより三の丸に対して鉄砲での重層的な火線を実現し、本丸と二の丸には天守を除き併せて22棟の櫓と長大な多聞櫓が配され荘厳な景観を誇っていた。特筆されるのは、三重櫓の多さで、大坂城(12棟)、岡山城(11棟)に次ぐ7棟と全国の城郭で3番目の数である。また多聞櫓の総延長も大坂城(873間)、名古屋城(630間)に次ぐ291間と3番目の長さであった。三の丸は完全な平地で二の丸をロの字に囲んだ単純な構成で櫓は3ヶ所にしか置かれていなかった。福山城 (備後国) フレッシュアイペディアより)

  • 櫓 (城郭)

    櫓 (城郭)から見た大坂城大坂城

    慶長末期になると、外様大名による築城は幕府への遠慮などにより自主的に憚られるようになった。さらに大坂の役後、1615年(元和元年)7月に2代将軍の徳川秀忠が伏見城で諸大名に発布した武家諸法度によって新規築城が原則禁止されると、天下普請による大坂城再築や、福山城など一部の譜代大名を除いて城は築かれなくなり、櫓も次第に実戦から離れていった。天守を失った城では江戸城の富士見櫓のように櫓が天守を代用することもあった。櫓 (城郭) フレッシュアイペディアより)

  • 慶長

    慶長から見た大坂城大坂城

    文禄5年に大地震が立て続けに起きたことで慶長に改元されたが、慶長年間ではその後も巨大地震が相次いで発生している(「慶長大地震」も参照)。また、大きな出来事として慶長5年の関ヶ原の戦い、徳川家康による慶長8年の江戸幕府開幕、慶長19年?20年の大阪冬の陣・夏の陣を経て大坂城の落城(豊臣氏滅亡・元和偃武)などがあり、この年間で時代が大きく動くこととなった。慶長 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市

    大阪市から見た大坂城大坂城

    古代から瀬戸内海・大阪湾に面した当時の国際的な港である住吉津や難波津などのある外交に関連した港湾都市として栄え、古代の首都としての難波宮、難波京などの都城も造営された。中世には、浄土真宗の本山であった石山本願寺が置かれ、寺内町として発展した。近世初期には豊臣秀吉が大坂城を築城し、城下町が整備された。江戸時代には天領となり、江戸をしのぐ経済・交通・金融・商業の中心地として発展。天下の台所と称され、豊かな町人文化を育んだ。明治時代に入ると、繊維工業(船場の繊維街なども有名)を中心とした工業都市となり、「東洋のマンチェスター」、「煙の都」と称された。戦後も長らく経済に関しては東京をリードする立場が続き、特に1990年代まで9大総合商社のうち6社が大阪本社といった構図がこれを象徴していたが、これも相次ぐ再編や東京移転で過去のものとなった。大阪市 フレッシュアイペディアより)

  • 小牧・長久手の戦い

    小牧・長久手の戦いから見た大坂城大坂城

    天正11年(1583年)4月、秀吉は近江賤ヶ岳の戦いにおいて織田信長の次男の信雄を擁立して、信長の3男・信孝を擁する柴田勝家に勝利した。賤ヶ岳の戦いの後、柴田勝家の領する越前は丹羽長秀に与えられ、摂津・大坂の池田恒興は美濃を与えられ、大坂の地は秀吉が接収し、同年暮れ新築した大坂城に信雄を含む諸将を招いている。小牧・長久手の戦い フレッシュアイペディアより)

  • 狩野永徳

    狩野永徳から見た大坂城大坂城

    狩野派の棟梁として織田信長、豊臣秀吉という天下人に仕え安土城、聚楽第、大坂城などの障壁画を制作した。永徳が力を振るったこれらの代表的な事績は建物とともに滅びてしまったものが多く、真筆とされる現存作品は比較的少ない。永徳といえば『唐獅子図』や『檜図』のような雄大なスケールの豪快な作品(大画)がよく知られるが、細部を緻密に描写した「細画」もよくしたとされる(『本朝画史』)。現存する代表作の1つである上杉本『洛中洛外図』は、彼が細密描写に秀でていたことを示している。狩野永徳 フレッシュアイペディアより)

  • 天守

    天守から見た大坂城大坂城

    天守はあったが焼失・倒壊し、以降は造営の必要がないと判断されたケース(江戸城、大坂城など)。天守 フレッシュアイペディアより)

  • 和宮親子内親王

    和宮親子内親王から見た大坂城大坂城

    一方、長州征伐は9月21日に勅許を得たものの、薩摩藩の出兵拒否などもあって開戦は延引となっていた。そんな中、慶応2年(1866年)4月になると大坂城の家茂は体調を崩し、6月には食事も進まなくなっていた。家茂の病状が伝えられると和宮は湯島の霊雲寺に病気平癒の祈祷を命じ、医師も蘭方医から漢方医に変えるよう手配し、医師3名を大坂に向かわせた。また孝明天皇も典薬寮の医師を派遣している。和宮親子内親王 フレッシュアイペディアより)

  • 石山本願寺

    石山本願寺から見た大坂城大坂城

    その後豊臣秀吉が跡地に大坂城を築き、城下町を建設したため、大坂本願寺の規模や構造などはほとんどわからなくなってしまった。石山本願寺 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪城公園

    大阪城公園から見た大坂城大坂城

    大坂城特別史跡地に所在する広大な歴史公園である。敷地内には大阪城ホール、多目的グラウンドの太陽の広場、軟式野球場、野外音楽堂、ラグビー・サッカーグラウンドなどが設けられている。公園のほぼ中央に聳える大阪城天守閣は展望台と歴史博物館施設として公開されており(有料)、最上階からは遠く生駒山から大阪湾、大阪平野を見渡すことができる。日曜日の昼には複数のアマチュアバンドによる演奏(ストリートパフォーマンス)が行われる。また公園内には樹木が多く植えられ花見シーズンには桜や梅の名所となっている他、堀の水辺に集まる野鳥を眺めて家族連れが憩おう姿も見られ、都会のオアシスとして市民から愛されている。日本国外からの観光客も多い。日本さくら名所100選に選定されている。大阪城公園 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
889件中 1 - 10件表示

「大坂城」のニューストピックワード