889件中 91 - 100件表示
  • 保科正富

    保科正富から見た大坂城大坂城

    延享4年(1747年)12月に従五位下、越前守に叙位・任官する。寛延元年(1748年)に元服する。日光祭礼奉行を4回、大坂加番を3回ほど歴任した。明和7年(1770年)7月5日に長男の正率に家督を譲って隠居する。その後、正宜(まさよし)と改名した。安永7年(1778年)閏7月、桂山と号して剃髪する。保科正富 フレッシュアイペディアより)

  • 保科正率

    保科正率から見た大坂城大坂城

    寛政3年(1791年)10月、大坂定番に任じられ、享和元年(1801年)5月まで務めている。そのほかにも大坂加番を3度、日光祭礼奉行を2度ほど歴任している。享和2年(1802年)6月3日、家督を長男・正徳に譲って隠居し、以後は南御殿で余生を送った。保科正率 フレッシュアイペディアより)

  • 保科正徳

    保科正徳から見た大坂城大坂城

    安永4年(1775年)8月28日、第7代藩主・保科正率の長男として江戸で生まれる。寛政4年(1792年)12月、従五位下、能登守に叙位・任官する。享和2年(1802年)6月3日、父の隠居で家督を継ぐ。文化7年(1810年)6月に下総守に遷任する。大坂加番、日光祭礼奉行などの諸役を歴任した。保科正徳 フレッシュアイペディアより)

  • 保科正益

    保科正益から見た大坂城大坂城

    天保4年(1833年)2月2日、第9代藩主・保科正丕の三男として江戸で生まれる。はじめ病弱なために正丕は幕府に出生届を出さなかったが、長男と次男が相次いで早世したため、天保7年(1836年)に出生届を出している。このため、弘化4年(1847年)に世子となり、嘉永元年(1848年)に正丕が死去したため家督を継いだ。嘉永3年(1850年)12月、従五位下、弾正忠に叙任される。大坂加番や日光祭礼奉行など諸役を歴任し、嘉永6年(1853年)のペリー来航では浦賀の警備を務めた。保科正益 フレッシュアイペディアより)

  • 大道寺直秀

    大道寺直秀から見た大坂城大坂城

    慶長18年(1613年)、満天姫は津軽藩主・信枚と再婚。母の再嫁に伴い直秀は「津軽信枚の弟分」として遇されることとなる。その後成人し、通称を岩見、諱を直秀と称した。津軽家の重臣大道寺直英の婿養子となり、大道寺岩見直秀と名乗り、津軽氏の家臣となる。この頃より「大名福島家の正式な当主は自分だ」という思いに駆られる。翌年、大坂の陣勃発(福島氏の一族が豊臣氏に加担し大坂城に入城した)。翌年豊臣氏滅亡。大道寺直秀 フレッシュアイペディアより)

  • 山口弘長

    山口弘長から見た大坂城大坂城

    享保14年(1729年)、第4代藩主・山口弘豊の長男・豊隆が早世したため、弘豊の娘婿・養嗣子となる。享保16年(1731年)の養父の隠居により家督を継いだ。しかし領内では領民による助郷反対一揆などが起こって治世は多難を極めた上、大坂定番を勤めていたときには大坂金庫から金を紛失したために処罰されるという有様であった。明和5年(1768年)11月12日、62歳で死去した。弘豊の四男・弘倉を養嗣子としたが早世したため、跡は弘豊・五男の山口弘道が継いだ。法号は仁海崇雲弘長院。山口弘長 フレッシュアイペディアより)

  • 堀田正朝

    堀田正朝から見た大坂城大坂城

    三男だったため、30歳を過ぎるまで部屋住みの身だったが、宝永7年(1710年)に嫡子だった兄・正方が廃嫡され、同年11月7日に正朝が世子となった。正徳5年(1715年)6月29日、父の隠居により家督を継いだ。享保3年(1718年)に大坂城の守衛を務めた後の翌年8月20日、江戸に帰国途中の美濃細久手にて死去した。享年40。跡を長男の正陳が継いだ。堀田正朝 フレッシュアイペディアより)

  • 分部光邦

    分部光邦から見た大坂城大坂城

    大溝に生まれる。幼名は武吉。兄の光弘が早くに死去したため、寛政10年(1798年)4月に世子として指名された。文化5年(1808年)の父の死去により跡を継ぐ。大坂加番役を務めた。文化7年(1810年)8月に幕命により江戸に出府したが、同年9月22日(もしくは9月27日)に江戸で急死した。跡を長男の光寧が継いだ。分部光邦 フレッシュアイペディアより)

  • 茨木城

    茨木城から見た大坂城大坂城

    関ヶ原の戦いの翌慶長6年(1601年)に、片桐且元、貞隆兄弟が茨木城の城主となる。この時の状況を『茨木市史』では、片桐且元の本領は龍田城にあり、豊臣秀頼の補佐のため大坂城につめていたので、実質的には貞隆が城主ではなかったかと解説されている。茨木城 フレッシュアイペディアより)

  • 御囲堤

    御囲堤から見た大坂城大坂城

    御囲堤の原型は文禄3年(1593年)豊臣秀吉によって築かれたと言われる。尾張国は天正14年(1590年)6月の木曽川の大洪水によって大きな被害を受けていた(なお、この洪水で木曽川の本流は大きく流路を変え、それまでの葉栗郡、中島郡、海西郡は木曽川によって2分され、木曽川の右岸となった地域は美濃国に編入された)。当時、尾張は豊臣秀次の所領であったが、秀吉は文禄2年(1592年)11月末から12月初旬まで洪水で荒廃した尾張に滞在し、自ら振興策の遂行を指導している。これにより翌文禄3年正月には築堤が開始された。しかし、堤を築かせた理由は洪水の対策よりは、幾筋にも分かれていた木曽川の流路を固定し、水流や水量を安定させ、渇水期でも川を使って大坂城や城下町の建設に使用する木曽檜等の木材を運ぶ事ができるようにする目的にあったとも言われる。御囲堤 フレッシュアイペディアより)

889件中 91 - 100件表示

「大坂城」のニューストピックワード