1135件中 131 - 140件表示
  • 織田信則

    織田信則から見た大坂城大坂城

    慶長19年(1614年)、父の死去により家督を継ぐ。遺領の相続にあたって、兄・信重から異論が出されるものの、江戸幕府によって退けられた。元和2年(1616年)10月25日、従五位下侍従に叙任する。後に従四位下侍従に昇進した。元和6年(1620年)1月18日、大坂城の修築工事を命じられる。寛永3年(1626年)、江戸幕府3代将軍徳川家光の上洛に付き従った。織田信則 フレッシュアイペディアより)

  • 桜庭直綱

    桜庭直綱から見た大坂城大坂城

    慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では南部軍は片桐且元の居城茨木城の破却を行ったが、北信景の大坂城籠城事件があったためか大坂夏の陣では参陣を許されなかった。桜庭直綱 フレッシュアイペディアより)

  • 牛追掛節

    牛追掛節から見た大阪城大坂城

    牛追掛節(うしおいかけぶし)は、島根県の牛追い唄である。伝説では、豊臣秀吉による大阪城築城の際、大坂の伯楽頭孫四郎が歌い始めた音頭唄に始まるという。人夫の苦労を癒し、ウシの前途を祝したものである。牛追掛節 フレッシュアイペディアより)

  • REVOLVER (OOMのアルバム)

    REVOLVER (OOMのアルバム)から見た大阪城大坂城

    ラズベリー「里菜祭り2005@大阪城野外音楽堂 2005.7.31」REVOLVER (OOMのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • 小泉藩

    小泉藩から見た大坂城大坂城

    慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後、貞隆は徳川家康によって所領を大和小泉1万石に移された。これが小泉藩の立藩である。慶長19年(1614年)に起こった方広寺鐘銘問題をきっかけに、片桐兄弟は秀頼らから家康と内通していると猜疑され、貞隆は且元とともに大坂城から退去して摂津茨木城へ移った。大坂城からの退去の際、片桐家の兵300人は完全武装の上、鉄砲の火縄に点火するという物々しいものであったと言われている。豊臣氏は片桐兄弟という柱石を失い、同年から始まった大坂の陣で、家康により滅ぼされた。小泉藩 フレッシュアイペディアより)

  • 江府名勝志

    江府名勝志から見た大阪城大坂城

    江戸市谷八幡町の書肆稲村儀右衛門の提案により菊岡沾涼『江戸砂子』と同時期に企画され、1年遅れの享保18年(1733年)に刊行された。しかし、次巻の刊行準備中、著者之廉が10月中旬に大阪城へ赴任を命じられ、12月までに稲村が単独で巻之中、巻之下を刊行したが、その体裁は之廉の意向に沿わず、不服を訴えている。実際、巻之上で麹町について「糀町ハ俗字也」としているにも関わらず「糀町」表記を用い、末寺の末を全て「末寺」とするなど、誤りが散見される。江府名勝志 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦峻次

    三浦峻次から見た大坂城大坂城

    天保2年(1831年)、父の死去により、11歳で跡を継いだ。しかし天保10年(1839年)6月18日、大坂城中加番中に19歳の若さで死去した。嗣子はなく、跡を弟の義次が継いだ。三浦峻次 フレッシュアイペディアより)

  • STGM

    STGMから見た大阪城大坂城

    2005年 3月 - 大阪城城天200人動員路上ライブ決行STGM フレッシュアイペディアより)

  • 松坂局

    松坂局から見た大坂城大坂城

    始め豊臣秀頼に嫁ぐ江戸幕府二代将軍徳川秀忠と正室江の長女・千姫の小姓(当時、遊び相手や話し相手の役割)として千姫の乳母刑部卿局と共に大坂城に入る。大坂夏の陣における大坂落城の際、千姫や刑部卿局らと共に逃げる。その際、淀殿や秀頼の侍女らを伴っていた。松坂局 フレッシュアイペディアより)

  • 高田吉次

    高田吉次から見た大坂城大坂城

    1614年からの大坂の陣に父・吉春と共に豊臣方として参加。夏の陣で父を失うが吉次は大坂城を脱出した。この後に江戸へ行き、町道場を開いた。高田吉次 フレッシュアイペディアより)

1135件中 131 - 140件表示

「大坂城」のニューストピックワード